2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 容疑者「生活音うるさい」と不満 3人刺殺事件、たびたびトラブル | トップページ | 「アメリカ軍・自衛隊の騒音と拡声器騒音・文化騒音」 »

2012年5月22日 (火)

「「たかじんnoマネー」(2012年5月12日)の感想」

「「たかじんnoマネー」(2012年5月12日)の感想」

 

「たかじんnoマネー」(テレビ大阪、2012年5月12日、13時から14時まで)を観ました。出演者は、青山繁晴氏、須田慎一郎氏、岸博之氏、古賀茂明氏、水道橋博士氏、眞鍋かをり氏です。やしきたかじん氏がいないので、司会は眞鍋かをり氏です。

三橋貴明氏に著書「売国奴に告ぐ」で「売国奴」と呼ばれた人達が反論する内容でした。本当は、私は「売国奴」という言葉を使いたくありませんが、この番組で使っているので仕方なく使います。番組内のミニドラマ(タカちゃんとジンくん)で説明する構成です。途中で三橋氏は「売国奴に告ぐ」という本のタイトルは編集者が勝手に付けたと言っていますが、さすがにその言い訳は通らないでしょう。

 

1)三橋氏が言う一人目の売国奴は小泉純一郎氏です。「小泉改革が日本の経済を悪くした」に賛成なのは水道橋博士のみでした。

 

2)2番目の売国奴は「マスコミ」です。マスコミを良いと思っている人は余りいないでしょうから、ここは省略しても良いと思います。

 

3)3番目は「ポピュリズム」です。ここで橋下徹氏についてです。三橋氏は橋下氏をヒトラーと小泉純一郎氏と同じようなポピュリストだと見ています。そして、三橋氏は既得権益をなくしてもその利権は外資に取られるだけだと言っています。

古賀茂明氏は橋下氏の事を自民党や民主党と違ってしがらみがないと言っていますが、本当にそうなのでしょうか?大阪府知事・市長の同日選挙の時には、みんなの党や国民新党や東京都知事の石原慎太郎氏から支援を受けていました。また経済人・維新の会という財界から支援を受けています。

 

4)4番目は「改革派の官僚」です。三橋氏は一般的には官僚は保守的だと思われているが経済産業省が新自由主義(小さな政府)を推進しているそうです。ドラマの二人は官僚が自分達の仕事を減らすような事をするのか疑問に思っていました。改革派の官僚と改革派の政治家がつながっていて、コネで仕事に就けるようになっていると思うのですが。

 

5)番組宣伝では「険悪な雰囲気」と言っていましたが、それほどでもありませんでした。はっきり言って、全体的に面白くありませんでした。

 

おわり

« 容疑者「生活音うるさい」と不満 3人刺殺事件、たびたびトラブル | トップページ | 「アメリカ軍・自衛隊の騒音と拡声器騒音・文化騒音」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/45292032

この記事へのトラックバック一覧です: 「「たかじんnoマネー」(2012年5月12日)の感想」:

« 容疑者「生活音うるさい」と不満 3人刺殺事件、たびたびトラブル | トップページ | 「アメリカ軍・自衛隊の騒音と拡声器騒音・文化騒音」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ