2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「拡声器を使った物売り業者に対する行政処分請求(2012年8月)」 | トップページ | 「図解 原発のウソ」 »

2012年8月29日 (水)

「世界 2012年 07月号・特集「橋下維新―自治なき「改革」の内実」」

「世界 2012 07月号・特集「橋下維新―自治なき「改革」の内実」」

 

「世界 2012 07月号」(岩波書店、840円)の特集「橋下維新―自治なき「改革」の内実」(P83からP145)を読んだので、メモと簡単な感想を書きます。

 

1)「都市格のある街をつくろう」(宮本憲一氏、P84)

 

大阪の経済が良くないのは東京一極集中が原因で、大阪都に変えても意味は無い。「下司の街」にならないように、との事です。橋下氏は文化の予算を削っています。ますます「下司の街」に。

 

2)「維新の会は大阪をどう改造しているか」(森裕之氏、P94)

 

維新の会は、大型のインフラ整備が進めば経済が活性化するという素朴な発想しかないそうです(P102)。手法だけではなく、方向性を評価する事が大切だそうです。(P102)結局、財界(経済人維新の会)が潤う様な事しかしなさそうです。

 

3)「誰が橋下氏を支持しているのか」(松谷満氏、P103)

 

P106より、「弱者仮説」(弱者がH下氏を支持する)は否定。管理職・正規雇用者がH下氏を支持との事です。このような人々はツイッター上ではあまり見られません。沈黙する支持者がいるという事でしょうか。(ここに掲載されている統計を信頼しても良いのか疑問です。サンプル数や誰がどのように取った統計なのかが示されていません。)

 

P107より、保守主義(愛国心)支持者と新自由主義支持者がH下氏を支持しているそうです。これが事実なら、テレビ出演等はあまり関係がないという事になります。

 

P109より、「成長志向」というキーワードが出てきます。悪く言えば「成り上がり」という意味です。維新の議員に本来は人権を守るべき法律家が多い理由をこれで説明できないでしょうか?

 

P111より、結論として橋下氏が支持されるのは、橋下氏が多数派の意識を肯定する主張をし、それが受容されるから、だそうです。ここは半分疑問です。新自由主義についてはそうかも知れませんが、保守主義については橋下氏が何年も前から言っていました。保守主義について、橋下氏は確固たる思いを持っている様な気がします。

 

4)「いかに共同性を創造するか」(吉田徹氏、P113)

 

<「経済リベラル」と「文化保守」の組み合わせは、欧州ポピュリズムの基本>だそうです(P115)。

この文章は結局何が言いたいのか意味が分かりません。私に教養が無いだけでしょうか。人々の欲望を掬い取るポピュリズムを肯定するという事でしょうか?どなたか解説して下さい。

 

5)「現代日本の暗い合わせ鏡」(藤田雅春氏、P122)

 

P126より、2012年3月に維新の府議が橋下氏が任命した教育委員を罷免要求すると言い出したが、松井一郎氏が認めなかったそうです。また、P126より、維新の会の議員が市役所で大声で職員に「おい、こら、聞いとんのか!」。さらに、P127より、「裸カラオケ」事件(!)について書かれています。

著者は、維新議員の暴走を橋下氏でも抑えられないので、公開の場で議員を諌めていると見ていますが、それなら個別に呼び出して口頭で注意をすれば良いと思うのですが。

 

6)「言葉が「支配」するもの」(相田和弘氏、P130)

 

P131より、H下氏の支持者はH下氏の言葉をそのまま使う。言葉は思考。支持者は思考を支配され、行動も支配される、という推察です。P136より、支持者はH下氏に感情を支配されているので、H下氏が矛盾した事を言っても問題なし、との事です。P138より、「人権」や「民主主義」などH下氏を批判する人も語彙が決まっているので、新たな言葉を紡ぐ必要がある、との事です。そう言われても弱者は「人権」くらいしか武器はありません。「人権」の中身を自分の言葉で語るという事でしょうか?

 

7)「市民と共にソウル市を変えていく」(朴元淳氏、P141)

 

このインタビューは市政一般についてのもので橋下氏とはあまり関係がありません。

 

8)まとめ

一部意味が分からない文章もありましたが、新しい視点が示されているものもあり全体的に良かったです。図書館等で借りて読んでみて下さい。また、「世界」では他にも大阪維新の会関連に記事があるそうです。それらをまとめて単行本化して欲しいです。

 

おわり

« 「拡声器を使った物売り業者に対する行政処分請求(2012年8月)」 | トップページ | 「図解 原発のウソ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/46330717

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界 2012年 07月号・特集「橋下維新―自治なき「改革」の内実」」:

« 「拡声器を使った物売り業者に対する行政処分請求(2012年8月)」 | トップページ | 「図解 原発のウソ」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ