2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

2012年5月13日 - 2012年5月19日の1件の記事

2012年5月15日 (火)

「橋下徹大阪市長「5月8日登庁時市長囲み取材」」

「橋下徹大阪市長「58日登庁時市長囲み取材」」

 

動画「58日登庁時市長囲み取材」(要注意。見ると気分が悪くなります。)

http://www.youtube.com/watch?v=3OKlJeer0PQ&t=0m45s

 

1)この動画の投稿者は「cityosaka」となっています。大阪市のHPにアップされている大阪市の公式動画のようです。ツイッターは橋下氏個人のものですが、この動画は大阪市の公式のものです。

 

2)毎日放送の記者が君が代強制について府立高校の校長にアンケートをした結果の感想を聞いた事に対して、橋下徹大阪市長が激怒しました。記者の聞き方もどうかと思いますが、アンケートの感想なので「(大阪市長には)権限がないので知らない」で良いでしょう。記者の質問に対して、かなり激しい口調で怒っています。食い付いて質問して失言を引き出すという記者のプロ根性と見る事も出来ます。

 

3)橋下氏は、教員に国歌を歌わせる目的について「国歌だから、式典だから、公務員だから」と答えていますが、「朝まで生テレビ」では「子供の犯罪を減らすため」とだけ言っていましたよね(下記の関連記事①参照)。

 

4)橋下氏「(中原校長は君が代を歌っていない教職員を)その場で指摘をしない、式を乱すから」との事です。それなら式中のあいさつで不起立教員について語った西田薫議員はどうなのでしょうか(下記の参考サイト①参照)。

 

5)橋下氏は「他の校長には法的知識がない」と勝手に決め付けていますが、何を根拠に判断しているのでしょうか。

 

6)橋下氏「公務員は日本の国家から税金をもらっているのだから国歌を歌って当たり前」との事。

大阪市立の学校の教職員は大阪市の税金をもらっているのだから大阪市の歌(あるのかどうかは知りません)を歌え、という理屈なら一応は成立すると思います。しかし、なぜ大阪市立の学校の教職員が日本国の国歌を歌わなければならないのでしょうか。大阪市は日本国から補助金をもらっているから日本国の歌を歌えという理屈なら、大阪市は大阪府から補助金をもらっているでしょうから、大阪府の歌(あるのかどうかは知りません)も歌わなければならない事になりそうです。(多数決で決めた)「マネージメントの問題」らしいので、理屈では無いのでしょう。

 

7)橋下氏の理屈は、条例は民主主義による適正な手続きにより成立している。その条例に基づいて教育委員会が各教職員に職務命令を出し、学校ごとに校長がマネージメントする。最高裁は君が代強制の職務命令が思想信条の自由に反しないと判断しているので問題は無い、という事だそうです。そして、橋下氏は条例を制定しただけで、職務命令をする権限は無いので関係無いそうです。

橋下氏の理屈を崩す方法としては、実際になされた処分が重すぎるとして訴訟で争う、実際になされた3回の職務命令違反後の研修の方法について訴訟で争う方法があります。また、君が代強制の職務命令を違憲としない最高裁判事を国民投票で「×」を付けて罷免する方法があります。

 

8)①「教育委員会→校長→各教職員」と②「教育委員会→各教職員、各学校で校長がマネージメント」(現行制度)とで、口元チェックの違法性・適法性がどう違うのかが分かりません。橋下氏は「そこに答えがある」と言っていますが、どこに答えがあるのでしょうか。

 

9)結局、これで時間を使ってしまって飯田哲史(さとし)議員の詐欺疑惑や発達障害の条例案の事を質問する時間がなくなってしまいました。これが狙いだったのかもしれません。このような人物が首相になって、このような調子で外交をしたらとんでもない事になります。

 

おわり

 

(関連記事)

①拙ブログ「朝まで生テレビ(2012年1月27日)の感想」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-11f0.html

 

(参考サイト)

①大阪維新の会・西田薫大阪府議会議員「残念な卒業式」

http://ameblo.jp/go2183west/entry-11186641321.html

 

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ