2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年5月27日 - 2012年6月2日 | トップページ | 2012年6月10日 - 2012年6月16日 »

2012年6月3日 - 2012年6月9日の3件の記事

2012年6月 9日 (土)

「市長選での拡声器の使用の自粛の要請(2120年7月8日)」

「市長選での拡声器の使用の自粛の要請(2120年7月8日)」

 

以下のメールを送りました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2012年6月8日

 

「市長選での拡声器の使用の自粛の要請について」

 

河内長野市選挙管理委員会様、および各立候補者様

 

2012年7月8日に河内長野市長選挙が行われます。

選挙運動として拡声器を使った街宣行為も行われる事でしょう。

確かに、選挙活動における拡声器の使用は公職選挙法で許されている場合もあります。

しかし、乳幼児や高齢者や病気等で安静を必要とする人もいるでしょう。

法律で禁止されていないからと言って住民(主権者)の静かな生活を妨害する事が許されて良いとはなりません。

そこで、候補者の拡声器の使用の自粛を求めます。

ここで、住民の静かな生活の事を考えて拡声器の使用を自粛した良識のある候補者のみが名前を覚えてもらえず不利益を被る可能性があります。

そこで、公平という観点から、全候補者が協議により自粛する事を求めます。

演説ならどこかの会場で行えば良いのです。

また、政策を訴えたいのなら事前にビラを配っておけば良いのです。

住民の静かな生活を妨害してまで拡声器を使用する積極的な必要性はゼロに等しいです。

以上より、今後の選挙活動において、全候補者に拡声器の使用の自粛を求めます。

本件についての電子メールでの回答を希望します。

なお、私は私の自宅近辺で拡声器を使用する候補者には絶対に投票しません。

 

以上

2012年6月 7日 (木)

「PL花火中止の要請(2012年6月)」

「PL花火中止の要請(2012年6月)」

 

「パーフェクト・リバティー教団」HP

http://www.perfect-liberty.or.jp/

 

以下のメールを「パーフェクト・リバティー教団」に送りました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2012年6月6日

 

「パーフェクト・リバティー教団」様

 

「PL花火中止の要請」

 

毎年8月1日に、「パーフェクト・リバティー教団」様は「芸術祭」と称して花火を打ち上げます。

今年(2012年)も行うのでしょう。

当然ですが、近隣住民(近隣とは言えない地域の住民も)は花火によって騒音公害を被っています。

一部では「原爆花火」とまで呼ばれているそうです。

また、交通渋滞やごみが問題になっています。

このような近隣住民にとって害のある行為をわざわざ住宅地の近辺で行うのでしょうか?

どこか人にいない場所で行えば良いだけです。

それが出来ないのなら花火をするべきではありません。

PL花火の中止を求めます(①)。

中止しない場合には、中止しない合理的な理由を付けてお教え下さい(①)。

 

昨年(2011年)は、騒音による苦情や抗議は何件だったのでしょうか(②)。

 

お手数ですが、以上の2点について6月中に電子メールにてお答え下さい。

 

以上

2012年6月 6日 (水)

裁判員裁判:夫婦ら3人殺害、6例目の死刑判決…横浜地裁

毎日新聞hp2011617日)より

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110617k0000e040088000c.html

 

(引用始め)

 

裁判員裁判:夫婦ら3人殺害、6例目の死刑判決横浜地裁

 

 川崎市幸区で09年5月、同じアパートに住む夫婦ら3人を殺害したとして殺人罪に問われた無職、TS被告(59)の裁判員裁判で、横浜地裁(秋山敬裁判長)は17日、求刑通り死刑を言い渡した。裁判員裁判での死刑判決は6例目。

 起訴状などによると、T被告は09年5月30日早朝、同区中幸町のアパートで隣室のSYさん(当時71歳)の部屋の戸の開け閉 めの音に不満を抱いていたことから、包丁で殺害。妻Tさん(同68歳)と、アパートの大家でYさんの兄Aさん(同73歳)も刺殺した。【山下俊輔】

毎日新聞 2011617日 1625

 

(引用終わり)

 

下記の関連記事の裁判です。

近隣騒音が原因の事件で死刑判決が出ました。

私も隣室の<部屋の戸の開け閉めの音>に悩まされた事があります。

いくら個人的に隣室の住人や家主に言っても一向に解決しませんでした。

それどころか、騒音に抗議をする私が神経質でおかしな人と思われてしまいました。

「馬鹿」は自分の出す音に気を使う事さえ出来ないのです。

確かに3人殺害と結果は重いですが、裁判員の人達はあの苦しみが理解出来なかったのでしょうか。

 

おわり

 

(関連記事)

「容疑者「生活音うるさい」と不満 3人刺殺事件、たびたびトラブル」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-6b41.html

« 2012年5月27日 - 2012年6月2日 | トップページ | 2012年6月10日 - 2012年6月16日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ