2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

2012年1月15日 - 2012年1月21日の7件の記事

2012年1月21日 (土)

追跡2011ひろしま:国道2号騒音訴訟判決から1年 「安心できる日いつ」 /広島

毎日jp2011521日)より

ただし、個人名については匿名とします。色変えは引用者です。

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20110521ddlk34040468000c.html

 

(引用始め)

 

追跡2011ひろしま:国道2号騒音訴訟判決から1年 「安心できる日いつ」 /広島

 

 また道路建設の流れになるのでは

 決着待ち望む原告

 広島市中心部の国道2号とその上を通る高架バイパスの道路公害で、沿道住民らの騒音被害への賠償を国に命じた広島地裁判決から1年。「窓を開けたい」という住民の願いを1審判決(昨年5月20日)は認めたが、沿道での勤務者への損害賠償は認めなかった。裁判は控訴審に持ち込まれ、いまだ決着はついていない。「安心できる環境を」。原告はその日を待ち望んでいる。【北浦静香】

 「こんなに長引くとは思わなかった」。沿道で刃物店を営むHSさん(60)は、訴えが認められなかった原告の1人だ。

 西区観音本町1の国道2号沿いに出店したのは75年ごろ。元々は住居と兼ねていたが、客との会話が聞き取れないほどの騒音に加え、子どものぜんそくがひどくなり、約300メートル南に引っ越した。

 「商売は根を張るもの。動きたくても動けなかった」。1審判決は、沿道住民と勤務者が線引きされた。交通量の多い国道2号沿いに店があることで、 「被害と道路からの利益を比較すると著しい不均衡はない」と認定された。原戸さんは「メリットよりデメリットが大きい。トラックなど大型車がブレーキを緩めれば横揺れも来るし、騒音で頭痛もする」と憤る。

 03年10月には店の前に延伸された高架が完成した。残り区間の延伸は、広島市の財政難などで事実上凍結されている。それでも原戸さんは、国側が裁判に勝つことで「また道路を建設する流れになるのでは」と警戒する。

 1審判決は、道路騒音被害への賠償を認めた全国2例目の司法判断だった。原告側は「画期的」と評価したが、線引きを不服として広島高裁に控訴。被告の国側も控訴し、審理が続いている。

 国側は係争する一方で、沿道環境の改善策を始めている。短期的な対策として、一部区間では3~4デシベルの低減効果を見込む低騒音舗装を新たに敷設し、その効果を検証中。歩道と車道の間に、高さ約1メートルの騒音防止壁の設置も検討しているほか、中期的な取り組みとして、広島南道路などの整備を進めて交通分散を図るなどの対策を掲げている。

 沿道勤務者の賠償、1審認めず

 広島市中心部の国道2号とその上を通る「西広島バイパス」(71年着工)の高架の騒音や排ガスで健康や生活に被害を受けたとして、沿道の住民や勤務者などが、国と市に国道の供用の一部差し止めや損害賠償の支払いを求めて02年8月に広島地裁に提訴した。

 1審判決は、騒音で睡眠や会話などに支障が生じることを認め、原告78人のうち、勤務者らを除く住民36人に対する計約2160万円の損害賠償を国側に命じた。騒音に関する国の環境基準(屋外で昼間70デシベル、夜間65デシベル)は「政策目標や指針であり、訴訟の受忍限度ではない」として、昼間の屋外で65デシベル、夜間の屋内で45デシベルを受忍限度として基準を設けた。工事差し止め請求については「具体的な健康被害にまで至らないなど、差し止めを認めるほどの被害があるとはいえない」として棄却した。

 道路騒音被害への賠償命令は、兵庫県尼崎市の国道43号訴訟に次ぐ2例目。3大都市圏以外の道路公害で賠償を命じた初めての判決だった。

毎日新聞 2011521日 地方版

 

(引用終わり)

 

下記関連記事の追跡記事です。

特に追加のコメントは無いのですが、<昼間の屋外で65デシベル、夜間の屋内で45デシベルを受忍限度として基準を設けた。>という部分は、今後の騒音訴訟において重要だと思うのです。

この基準が拡声器騒音・文化騒音への適用の可否は今の所不明です。

①一部の住民の生活に必要とされている高速道路と、②特に必要とされていない拡声器を使った家電回収業者では、受忍限度の基準は同等の基準もしくは後者②の方が厳格な基準に従うべき、となりそうです。

違いは高速道路の騒音が一日中続くのに対して、家電回収業者の騒音は一時的・断続的だという事です。どうせ裁判所はこの違いを重視するのでしょう。

広島の国道2号線では、騒音軽減のためのいくつかの措置が採られているようですが、ほとんど改善されていない様子です。

 

おわり

 

(関連記事)

「広島地裁 国道2号騒音訴訟」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-b11a.html

 

2012年1月20日 (金)

大津波警報“防災無線で”58%

NHKニュース(2011年12月26日)より、長いのですが全文引用します。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111226/k10014914161000.html

 

(引用始め)

 

大津波警報防災無線で58%

1226 1640

 

東日本大震災の被災者が当日、「大津波警報をどうやって知ったか」を聞いたところ、「防災無線の屋外にある拡声器」と答えた人が58%と最も多いことが分かりました。

国土交通省は、東日本大震災の被災者1万人を対象に、地震発生直後からどう行動して避難したかを詳 細に聞き取る調査を進めていてこれまでにまとまった5000人分の結果を公表しました。このうち「大津波警報をどうやって知ったか」を聞いたところ、「防災無線の屋外にある拡声器」と答えたが58.2%に上り、最も多くなりました。次いで、「ラジオ」が27.8%「警察や消防の人」が9.1%、「家族や近所の人」は8.1%、「テレビ」も7.8%、「ワンセグ」は3.8%でした。また、地震発生から日没までの間、情報を得るのに役立ったものを尋ねたところ、「ラジオ」が40.4%で最も多く、次に多い回答は、「役に立ったものはなかった」が25.3%、「家族や近所の人」が 24.6%と続き、震災の当日、被災者に情報が届かなかったことが改めて浮き彫りになりました。一方、地震のあと、津波が押し寄せるまでの間、避難しようと思ったかどうか聞いたところ、75%の人は「避難しようと思った」と答えました。しかし、20.1%の人は、「避難しようとは思わなかった」と答え、この人たちにその理由を尋ねたところ、「過去の地震でも津波は来なかった」と答えた人が45.4%と最も多く、次いで、「海から離れた場所にいた」が 40.3%、「様子を見てからでも大丈夫だと思った」が14.7%、「津波の恐れのない高台にいると思った」が12.7%などでした。また、今回の調査では、リアス式海岸の地域と平野部での防災意識の違いも明らかになりました。「地震の揺れのあと、大津波警報を聞く前に自分がいる場所に津波が来ると思ったか」を聞いたところ、石巻市より北側のリアス式海岸の地域では、「必ず来ると思った」と、「来るかもしれないと思った」人は合わせて65.4% だったのに対し、石巻市より南側の「平野部」では41.3%で、過去に何度も被害に遭ったリアス式海岸の地域の方が津波に対する防災意識が高かったことも裏付けられました。

 

(引用終わり)

 

1)東日本大震災において、津波警報を知った手段として<「防災無線の屋外にある拡声器」と答えた人が58%と最も多い>そうです。

東日本大震災で屋外式の防災無線は停電や海水により破損し役に立たなかったという記事が多かったのですが、この記事によると、役に立ったようです。

当たり前と言えば、当たり前です。

そのために設置しているのです。

試験放送をどうするかという問題です。

「ワンセグ」は3.8%>とかなりの少数派です。

今後増えて行くのでしょう。

 

2)<地震発生から日没までの間、情報を得るのに役立ったものを尋ねたところ、・・・「ラジオ」が40.4%・・・「役に立ったものはなかった」が25.3%、>だったそうです。

AMかFMかは分かりませんが、ラジオは強いという事です。

「役に立ったものはなかった」>と答えた人も結構多かったです。

災害時の情報提供についての課題は山済みです

 

おわり

 

2012年1月19日 (木)

狙われる室外機、九州などで今年920台盗難

読売新聞HP(20111017日)より 

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111017-OYT1T00756.htm?from=main4

 

(引用始め)

 

狙われる室外機、九州などで今年920台盗難

 

 エアコンの室外機の盗難が九州や山口、沖縄県で多発し、今年に入って少なくとも920台以上に上ることが、各県警への取材でわかった。

 室外機の羽根(ファン)や管に使われている銅やアルミニウムの価格が、建設ラッシュの続く中国やインドの需要増に伴って上昇傾向にあり、リサイク ルショップや金属回収業者に持ち込まれて換金された可能性が高い。警察では、流通の阻止に向け、リサイクル業界に協力を呼びかける方針だ。

 九州や山口、沖縄の各県警によると、1~9月の室外機の盗難は、集計していない福岡を除くと、佐賀が213台(昨年1年間195台)で最も多く、鹿児島で少なくとも44台(同30台以上)、長崎40台(同80台)と続く。

 福岡について各署に問い合わせたところ、少なくとも506台が盗まれており、九州、山口、沖縄の合計は920台以上だった。

 「この夏は扇風機で乗り切ったが、悔しくてならない」。8月に福岡県飯塚市内の勤務先の営農組合で被害に遭った男性(62)はため息をつく。

 県警飯塚署によると、今年、公民館や集会所、民家などで80台以上がペンチなどの工具で配管を切断されて盗まれた。管理人が常駐していない施設が4割を占めているという。

 先の営農組合から室外機を盗んだとして窃盗容疑で逮捕した無職の男(56)は、廃品回収業者を装って軽トラックで運び出したといい、「簡単に換金できるので繰り返しやった」と供述しているという。

201110171744 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

2,3日に1回位のペースで、私の自宅の近辺を家電回収やバイク回収業者が拡声器を使いながら巡回しています。

回収に出している所を見た事がありませんし、あれで商売として成立するのか疑問です。

回収業者を装った泥棒ではないのでしょうか。

 

おわり

 

2012年1月18日 (水)

橋下徹大阪市長が“古巣”の『たかじんのそこまで言って委員会』に凱旋

オリコン・ニュース(20120108日)より

http://rn.oricon.co.jp/news/rankingnews/2005510/full/

 

(引用始め)

 

橋下徹大阪市長が古巣の『たかじんのそこまで言って委員会』に凱旋
2012
0108 0600

 

昨年、大阪市長に就任した橋下徹氏が8日放送の『たかじんのそこまで言って委員会』(後035235 読売テレビほか)に選挙後初出演する。かつて 準レギュラーとして出演していた番組への凱旋とあって、大きな拍手と歓声で迎えられた橋下氏は、「大阪都構想の実現」と題し、日本を変えるためには大阪をどのようにしたらいいのか、熱く語る。(中略)


 しかし、本題に入ると表情は一変。大阪府知事の辞職を1日早め、ボーナスをもらわずに辞めたことについて橋下氏は「国会議員がそういうことをしないから、あえてそうした」とキッパリ。「新府知事・松井一郎氏の4000万円の退職金は600万円に削減、報酬も3割、ボーナスも3割削減ということで僕らの間で統一した。大阪維新の会が府議会で過半数を取って、すぐに議員定数2割削減した。やろうと思えばできる。そういうところから見せていかないと、国民の皆さんには伝わらない」と語ると、委員会メンバーからは「立派だ!」と絶賛の声が挙がった。(以下略)

 

(引用終わり)

 

この記事を事実と仮定してコメントします。

大阪府知事の辞職を1日早め、ボーナスをもらわずに辞めたことについて橋下氏は「国会議員がそういうことをしないから、あえてそうした」>と述べたそうです。

橋下氏が大阪府知事のボーナスをもらえなかったのは、10月30日の「大阪マラソン」への参加と同日選挙にするためのぎりぎりの日程調整の問題だったはずです。

また、堺屋太一氏との共著の出版が公職選挙法に抵触するので辞職の日程を調整していた様な記憶があります(ここは、かなり不確かな記憶です)。

どちらにしても結果としてボーナスがもらえない事になっただけで、意図的にもらわなかった訳ではないですよね。

それにもかかわらず、自分を良く見せるために平然と嘘を言うとは・・・

もう橋下氏の発言には驚かなくなったのですが、これが事実なら余りに酷過ぎると思いませんか?

 

おわり

 

2012年1月17日 (火)

使用済み家電17%海外流出

NHKニュース(2011年12月19日)より

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111219/k10014752451000.html

 

(引用始め)

 

使用済み家電17%海外流出

1219 1748

 

使用済みのテレビや冷蔵庫などのおよそ17%に当たる670万台が、国内でリサイクルされないまま 海外に流出していたことが、環境省の推計で分かりました。現地では金属を取り出したあと適切に処分されず、環境汚染などにつながっている可能性があり、環境省は法改正も視野に、対策の検討を進めることになりました。

これは、環境省の専門家の委員会で、19日、報告されたものです。使用済みのテレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機の4種類の家電製品は、国内でリサイクルが義務づけられていますが、環境省が調べた結果、推計でおよそ17%に当たる670万台が、昨年度中にリサイクルされずに海外に流出していたことが分かりました。多くは国内の回収業者が集めたものとみられ、東南アジアなどに輸出され、現地では金属を取り出したあと、適切に処分されずに環境汚染などを引き起こしている可能性があるということです。環境省は、違法な輸出を取り締まる基準を明確にするための法改正も視野に、対策の検討を進める方針です。委員会の座長を務める慶応大学の細田衛士教授は、「海外では製品から金属を抽出したあとは、野焼きなどをして処分するケースが多く、環境汚染や健康被害につながる可能性がある。国内でも資源を確保していかなければならず、大きな問題だ」と話しています。

 

(引用終わり)

 

1)日本の家電回収業者が集めた廃家電が海外に輸出され、その国で野焼きされ環境汚染や健康被害が引き起こされているそうです。

この日本の家電回収業者の大半は拡声器を使って住宅地を巡回する業者でしょう。

拡声器騒音による静穏権侵害だけではなく、外国にまで環境汚染や健康被害等の被害を与えているとは・・・

 

2)外国の環境汚染や健康被害の防止も大切かも知れませんが、日本国内の拡声器騒音にも気を使って欲しいです。

条例(民意)によると、私の所は55デシベルを超えたら違法(刑事罰もあります)です。

騒音計をお持ちの方はご存知だと思うのですが、55デシベルなんてすぐに超えてしまいます。

ほとんどの業者が違法だという事です。

それなのにいくら行政に言っても取り締まらないとは・・・

 

おわり

 

2012年1月16日 (月)

「拍子木うるさい」防犯パトロールのボランティアを殴った容疑 男逮捕 奈良

産経新聞hp2011.8.13より

被疑者について匿名・匿住所とします。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110813/crm11081311100005-n1.htm

 

(引用始め)

 

「拍子木うるさい」防犯パトロールのボランティアを殴った容疑 男逮捕 奈良

2011.8.13 11:10

 

 防犯パトロールの拍子木の音に腹を立て、ボランティアの男性を殴って軽傷を負わせたとして、奈良西署は13日、傷害容疑で奈良市○○○の無職、A容疑者(38)を逮捕した。同署によると「うるさくてかっとなった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は12日午後9時10分ごろ、奈良市○○○の路上で、拍子木を打って防犯パトロール中だったボランティアの男性(74)の頭を殴り、軽傷を負わせたとしている。

 

(引用終わり)

 

この記事を事実としてコメントします。

防犯パトロールが犯罪を生んでしまうとは、皮肉なものです。

防犯パトロール>を行っている方は良い事だと思っているのでしょうが、このような結果を生んでしまいました。

午後9時10分>とそれほど深夜ではありませんが、様々な生活スタイルや価値観の人がいます。

また、そもそも防犯パトロールに拍子木は必要不可欠ではありません。

そこで、防犯パトロールを拍子木無しで行えば良いと思います。

(拍子木の音を泥棒が聞いて、泥棒を止めることを意図しているのかも知れませんが。)

この事件については、拍子木の音だけではない他の要因もあるのかも知れません。

 

おわり

 

2012年1月15日 (日)

「「たねまきジャーナル」(2011年12月30日)の感想」

「「たねまきジャーナル」(2011年12月30日)の感想」

 

MBSラジオ「たねまきジャーナル」(2011年12月30日17時30分から)を聴いたので、記憶を頼りに感想を書きます。

(なお、この日の放送は年末の特別番組だからこの時間に放送しているだけで、普段は21時から22時までです。)

 

1)18時30分頃から平松邦夫氏、吉冨有治氏(ジャーナリスト)登場。

平松氏は司会の水野晶子アナウンサーの上司だったのですね。

「(テレビの公開討論会の)土壇場キャンセルはなぜ?」という質問。「選対本部から出ないでほしい、と言われ、それを突っ切る迫力がなかったから。苦渋の決断。」

 

ここを突っぱねて欲しかったです。立候補者(主役)は平松氏ですからね。選挙対策本部はわき役に過ぎません。部外者には分からない様々なしがらみがあるのでしょうか?投票日直前に討論キャンセルの報道はマイナスイメージです。

 

平松氏がシンクタンクを立ち上げるかもしれないという事について、水野アナ「シンクタンクって、考えるだけでしょう?」

あのねえ・・・

 

平松氏「(震災後に)いまだに新自由主義みたいな事を言っている人がいる。」

 

こういう事を選挙運動(テレビやブログやツイッターを含む)でもっとアピールして欲しかったです。

 

平松氏「(橋下氏について)こんなに取材しやすい人はいない。ネタがなくても何かスパーンと言ってくれる。(橋下氏に)マイナスになる事も含めて。」

 

2)質問「既存政党(自民党・民主党)に支援を求めた事について、反既存政党の票が橋下氏に流れたのでは?」

平松氏「勝手連にしたらそうなった。」

吉冨氏「(自民党・民主党について)中央と府会・市会に温度差が」

平松氏「自民党・民主党の市会議員さんは、よくやってくれた。街の反応は、ものすごく良かった。既存政党に存在感は無い。」

 

結局良く分からない答えです。

 

吉冨氏「労働組合は政治活動(選挙活動)をするべきではない。労働運動(待遇改善)に徹するべき。」

「情報公開が進んだから不祥事が出てきた。」(どなたの発言なのか分かりません)

 

大阪府・市の職員の労働組合が「勤務時間外に」政治活動するのはそれほど批判されるような事でしょうか?(勤務時間内なら懲戒の対象になり得るでしょう。)組合員同士でまとまり特定の候補者へ投票するというのはあり得ると思うのですが。(一般市民への投票依頼は公選法違反でしょう。)それが労働条件の改善につながるなら、間接的ですが一つの方法だと思うのですが、どうなのでしょう?

 

ある方に地方公務員法36条について教えて頂きました。

 

地方公務員法<(政治的行為の制限)

第三十六条  職員は、政党その他の政治的団体の結成に関与し、若しくはこれらの団体の役員となつてはならず、又はこれらの団体の構成員となるように、若しくはならないように勧誘運動をしてはならない。

  職員は、特定の政党その他の政治的団体又は特定の内閣若しくは地方公共団体の執行機関を支持し、又はこれに反対する目的をもつて、あるいは公の選挙又は投票において特定の人又は事件を支持し、又はこれに反対する目的をもつて、次に掲げる政治的行為をしてはならない。(以下略)>

 

平松氏「(労組の選挙活動について)一事が万事(ほとんど全員が関わっている)なのか、一部の突出した人がしているのか検証されていない。」

 

3)次のやり取りは、平松氏の発言です。

おっちゃん「あんた4年間で何したんや!」

平松氏「借金を4000億円減らしました。」

おっちゃん「(ぽかーんとして)そんなんテレビで言うてへんで。」

 

コントみたいなやり取りですが、多くの方の認識はこのような感じなのでしょう。このような成果をもっとテレビ等でアピールしたり、ツイッター等で流せばよかったと思います。

 

平松氏「水道事業決裂が(橋下氏との)不仲の原因。」

「区長は初め「公選」だったのに「公募」になった。」(どなたの発言なのか分かりません。)

平松氏「しんどいと思っていた以上にしんどかった。市民共同に応えて下さった市民の皆さんがたくさんいた。」

最後の平松氏のリクエスト曲は河島英五「時代おくれ」

下記に動画へのリンクを貼ります。番組終了です。

 

4)下記の関連記事にもあるように、「たねまきジャーナル」の収録後に平松氏が激高したという新聞記事がありました。この件についても質問して欲しかったです。

関係無いのですが、「たねまきジャーナル」の水野晶子氏と「はやみみラジオ」の水野晶子氏が同じ方だという事に今頃気付きました。

「たねまきジャーナル」は京都大学の助教・小出裕章氏の出演もあるとても良い番組です。放送が関西のみなのがもったいないです。

 

おわり

 

(参考動画)

「河島英五(37才)「時代おくれ」」

http://www.youtube.com/watch?v=qSw05db92BI

 

(関連記事)

「たねまきジャーナル(2011年11月22日)平松氏と橋下氏の討論会」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f519.html

 

「たねまきジャーナル(2011年11月23日)平松氏と橋下氏の討論」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-3692.html

 

« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ