2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »

2012年8月5日 - 2012年8月11日の2件の記事

2012年8月10日 (金)

「文楽への補助金について」

「文楽への補助金について」

 

橋下徹大阪市長は文楽への補助金を凍結するつもりだそうです。最近では、文楽協会だけではなく台本や演出という文楽の内容にまで文句を付けています。私は「スーパー歌舞伎」の様なものにするなら税金で保護する必要はないと思っています。古くから続いているからこそ価値があり補助金を出すべきだと思っています。

 

ただし、(補助金を出す)文楽には価値があって、(補助金を出さない)芸能には価値がないという事を論理的に証明できません。行政の価値中立性という観点から、価値としての優劣を付けるべきではないでしょう。また、文楽には文化的な価値があるから補助金を出すべき、文楽の価値が分からないのは無粋な人・伝統芸能を分かっていない人、と言うと、橋下氏およびその支持者からは「自称インテリ」だと反発されるだけで余り得策ではないと考えます。

 

本来なら関西の財界がお金を出すべきなのでしょうが、関西の財界の多くは橋下氏を支持しているのでお金を出さないでしょう。大阪の政治自体が、財界という人形遣いが「橋下徹」という人形を操り、テレビという語りも入った見事な作品と見る事も出来ます(皮肉です)。

 

調べていませんが、無形文化財を保護しなければならないという法律・条約があるそうです。文楽への補助金凍結はこれに反する事になります。大阪市の財政だけでは保護できないなら、国有化して国の税金で保護する等の方法があります。文楽がなくなるよりは、国有化する方がいくらかマシです。

 

なお、文楽だけではないのですが、私は「人間国宝」や「叙勲」という制度は憲法14条(法の下の平等)に反すると解釈します。また、お金がかかりますし、一般人の反発を招くだけです。これらを廃止するべきだと考えます。

 

文楽への補助金は3900万円だそうです。大阪市には他にも様々な事業があるのでしょうが、なぜ文楽にだけここまで粘着するのでしょうか。いつものように「悪者」を設定して「悪者」を倒す自分が「正義の味方」に見えるだろうという安易な作戦でしょうか。これに騙される人(B層)がいるというのが不思議です。橋下氏の支持者に多いらしい保守派(教職員への君が代強制に賛成する人々)は文楽についてどう思っているのでしょうか。彼等は思想的には保守ですが経済的には左派(新自由主義)なので、これで良いと思っているのでしょうか。ここは謎です。

 

おわり

 

(関連記事)

「文楽のゆくえ~「橋下改革」と世界遺産~」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-1d67.html

2012年8月 7日 (火)

「PL花火(2012年8月1日)の報告」

「PL花火(2012年8月1日)の報告」

 

これだけ中止の要請をしているにもかかわらず、2012年8月1日にパーフェクト・リバティー教団が騒音公害の花火を強行しました。(今年だけで4回も中止要請のメールを送ったのですが、一度も回答はありませんでした。)

例年は床が振動し、窓ガラスが震えるのですが、今年はそれほど大きな音はしませんでした。窓を閉めていたので花火に気が付かなかったくらいです。最後の20時50分頃に雷のような大きな音を鳴らして終わりにしたようです。ツイッター等を見ていると、花火の音は大阪市内にまで響き渡っていたそうです。私の中止要請のメールによって、花火を発射する向きを変えたのかもしれません。理由はともかく、花火がそれほどうるさくなくて良かったです。

私のメールに回答をしないパーフェクト・リバティー教団は不誠実な団体です。そして、PL教団の花火を観覧していた人だけではなく、PL花火に反対しない人は全て私の敵です。

 

おわり

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ