2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年8月5日 - 2012年8月11日 | トップページ | 2012年8月19日 - 2012年8月25日 »

2012年8月12日 - 2012年8月18日の2件の記事

2012年8月17日 (金)

「脱原発デモの拡声器騒音に反対」

「脱原発デモの拡声器騒音に反対」

 

「NO!だ&エダNO!船橋大宮同時行

http://www.ustream.tv/recorded/24164134

 

2012年7月22日に「NO!だ&エダNO!船橋大宮同時行」という脱原発デモが行われたそうです。これは野田首相と枝野氏の事務所に抗議に行くという趣旨のものだそうです。

 

1)初めは公園内での拡声器を使った演説です。後ろには民間のマンションが映っているにもかかわらず拡声器を使って「再稼働反対」と叫んでいます。その後のデモ行進において住宅地の中で拡声器を使って「再稼働反対」と馬鹿みたいに叫んでいます。なお、ここで言う「住宅地」とは、都市計画法で定義する厳密な意味ではなく民家があるという程度の意味です。

 

デモは非暴力だという意見がありますが、音は空気振動による暴力・暴行です。そして、見たくないものは目を閉じれば一時的ですが、見ないでいることが出来ます。しかし音は耳をふさいだくらいでは遮断できない暴力的な性質を備えています。拡声器を使えばその暴力性は格段に上がります。表現の自由(憲法21条1項)との兼ね合いで、私は首相官邸前などの公的な場所で、かつ周囲に住宅が無い所での拡声器の使用については、ぎりぎり容認してきました。

 

しかし、住宅地の周辺で拡声器を使うとなると話は別です。病気や障害等で安静が必要な人や乳幼児もいるという事が想像できないのでしょうか。「子どもを守れ」と住宅地の中で拡声器を使って叫び子どもの昼寝の邪魔をするという矛盾に気がつかないのでしょうか。脱原発という目的を達成するためには住宅地内でのデモという方法だけではなく他にも有効な方法(ネットを使うなど)があるはずです。

 

住宅地周辺での拡声器を使った原発反対のデモに賛成・許容する人は、拡声器を使った原発再稼働賛成のデモが自宅近辺に来ても許容するべきとなりますが、それでも良いのでしょうか。

 

2)当たり前ですが、日本(民主主義)において、政治は選挙による代表者によって行われます。デモや請願も民主主義の一環ですが、メインは選挙です。原発反対のデモに参加する人達は次の選挙の候補者を立てているのでしょうか。

 

3)結論として、脱原発という方向性には賛成ですが、脱原発デモの拡声器騒音に反対します。そして、私の自宅近辺にこのデモが来たら全力で潰します。

 

おわり

 

(関連記事)

「日本共産党が住宅地に拡声器騒音をまき散らすの巻(2012年3月)」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-409f.html

2012年8月13日 (月)

廃棄物処理法違反:廃棄物の無許可収集、運搬容疑で逮捕--下鴨署 /京都

毎日新聞HP(2012222日)より

http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20120222ddlk26040405000c.html

 

(引用始め)

 

廃棄物処理法違反:廃棄物の無許可収集、運搬容疑で逮捕--下鴨署 /京都

 

 無許可で廃棄物収集・運搬をしたとして、下鴨署などは21日、京都市伏見区○○、廃棄物処理業、S(43)同区○○、 同、N(35)西京区○○、会社員、I(59)伏見区○○、会社員、O(54)--の4容疑者を廃棄物処理法違反(無許可一般廃棄物収集、運搬業)容疑で逮捕した。同容疑での逮捕は府内初という。

 逮捕容疑は、4人は共謀のうえ、今年1月6~18日、京都市の許可を得ずに「エコ関西引越物流サービス」を名乗り、長岡京、木津川、城陽の各市内の6軒の家庭からパソコンやテレビなど10点を計2万500円で収集し、伏見区内の事務所に運んだ、とされる。

 I容疑者は容疑を認めたが、S容疑者は「違法と思っていなかった」、N、O両容疑者は「許可は取っていると思っていた」と容疑を否認しているという。【花澤茂人】

毎日新聞 2012222日 地方版

 

(引用終わり)

 

この業者が拡声器を使っていたかどうかは、この記事からは分かりませんが、掲載します。この業者の家電の回収は、10点で2万5千円だそうです。そうすると1点あたり2千500円という事になります。これはそれほど高額という訳では無く、適正な料金だと思います。(なぜ家電を処分するのにお金を払わなければならないのか大いに疑問ですが、ここでは触れません。)これで逮捕したという事は、警察が高額な料金請求が恐喝等の立件が難しいので廃棄物処理法違反で別件逮捕(本当は駄目です。)ではなく、純粋に廃棄物処理法違反で逮捕したという事でしょう。違法な業者撲滅に向けて警察も動き始めているという事です。静かな生活へ1歩前進です。続報を待ちます。

 

おわり

« 2012年8月5日 - 2012年8月11日 | トップページ | 2012年8月19日 - 2012年8月25日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ