2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月16日 - 2012年9月22日 »

2012年9月9日 - 2012年9月15日の2件の記事

2012年9月15日 (土)

「原発はいらない」

「原発はいらない」

 

「原発はいらない」(幻冬舎ルネッサンス新書、小出裕章、838円、2011年7月)を読んだので感想を書きます。

 

1)P23より、「熊取六人組」という呼称について、著者は原発推進派が社会の敵としての烙印を押すために付けたとみています。悪い意味だったのですね。私は原発反対派の人達が正義の味方の意味で呼んでいたのかと思っていました。

 

2)P24より、和歌山県の日高町と白浜町に原発を建設する計画があったそうですが、住民の皆さんの反対運動により実現しなかったそうです。この辺りは海水浴場として有名な所です。ここに作った原発が事故を起こしたら、和歌山県だけではなく大阪府全域が放射性物質に汚染されるでしょう。

 

3)P210より、著者は今の半分のエネルギーで生活をする事を提案しています。今は省エネ技術が進歩しているので、それほど生活レベルは低下しないそうです。私は原発事故の前からこれ以上できないほどの節電をしていたので、これ以上の節電は無理です。店舗など無駄に冷房を入れている所が節電をするべきです。

 

4)まとめ

「原発のウソ」の続編です。「図説 原発のウソ」と重複する部分がかなりありました(本来は読む順番が逆です)。違いは①著者の研究者としての歴史が書かれている事です(P18から)。そして、②第3章に「原発に関する何でもQ&A」に多くの人が疑問に思うであろう事がまとめられている所です(関西にも高濃度ではないですが放射性物質に汚染されています)。

気になっていた瓦礫の受け入れの賛否については書かれていませんでした。

著者の主張は、安全な原発は無い、原発は実はコストが高い、火力発電所をフル稼働すれば電気は足りるという事です。

読む順番が逆になったので、お薦め度合いはよく分かりませんが、前述の「図説 原発のウソ」との違い①②を知りたい方にはお薦めです。

 

おわり

2012年9月11日 (火)

「大阪市 教育バウチャー低迷」

「大阪市 教育バウチャー低迷」

 

毎日新聞(2012年8月11日、大阪版、朝刊)に「大阪市 教育バウチャー低迷」という記事が掲載されていました。橋下徹・大阪市長が言い出した「教育バウチャー事業」とは、西成区の就学援助を受ける中学生に申請があれば月1万円分の(教育にのみ使える)バウチャー(チケット)を支給するというものだそうです。この記事によると、利用申請した中学生は<全対象者の3割で、事業者も16件>だそうです。

 

記事では、この低迷について大阪市特別顧問の鈴木亘・学習院大学教授は「月1万円では差額が負担になり、低所得世帯には利用しにくい。」と述べています。確かにそこもあるのでしょう。

 

しかし、このバウチャーのチケットは利用すると就学援助を受けているという事が知られてしまう事になります。そうすると、就学援助を受けている事を知られたくない保護者や生徒は使いたいと思わないと思います。このような心理的な壁が利用率の低迷につながっているのではないかと思います。

 

仮に何らかの方法でこのような心理的な壁を取り除いたとしても、月に一万円のバウチャー券を配布するだけで貧困が原因の教育格差が解消・是正されるとは思えません。政治は結果責任です。理由はともかく、橋下徹氏の「教育バウチャー事業」は今の所失敗だという事です。

 

おわり

« 2012年9月2日 - 2012年9月8日 | トップページ | 2012年9月16日 - 2012年9月22日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ