2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年12月2日 - 2012年12月8日 | トップページ | 2012年12月16日 - 2012年12月22日 »

2012年12月9日 - 2012年12月15日の2件の記事

2012年12月14日 (金)

「ご意見メールについて(総務省)」

「ご意見メールについて(総務省)」

 

2012年12月11日に電子メールにて以下の返信がありましたので掲載します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「ご意見メールについて(総務省)」

 

ご意見メールありがとうございました。

お尋ねの啓発方法に関するご意見については、総務省では詳細を把握しておらず、また、都道府県又は市区町村独自の啓発活動は、各選挙管理委員会の判断により実施することとなっておりますので、総務省が放送中止の可否について判断することはいたしかねます。

申し訳ありませんが、地元の選挙管理委員会に直接お問い合わせいただき、今回はどのような啓発を実施されるのか御確認いただきますようお願いいたします。

総務省自治行政局選挙部管理課

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

という事なので、地元(都道府県と市町村)の選挙管理委員会に同じ文面のメールを送りました。

 

おわり

 

(関連記事)

「選挙の投票呼び掛け放送中止の要請」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-6fa0.html

 

2012年12月12日 (水)

「選挙の投票呼び掛け放送中止の要請」

「選挙の投票呼び掛け放送中止の要請」

 

総務省に以下の電子メールを送信しました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2012年12月10日

 

総務省・選挙管理委員会様

 

「選挙の投票呼び掛け放送中止の要請」

 

2012年12月16日に衆議院議員選挙が行われます。今までの選挙では投票日にはセスナ機から投票を呼び掛ける放送が行われてきました。今回の選挙でも行われるのでしょう。

 

放送の内容は「今日は衆議院議員選挙の投票日です。必ず投票に行きましょう。」という趣旨のものです。

投票日については、大衆媒体や掲示板や投票用紙の配布や候補者の街頭演説によって誰もが知っているはずです。

また、投票に行くか否かは有権者の自由です。よって、「必ず投票に行きましょう。」という放送は正確性に欠け不当であると考えます。

一方で、航空機からの放送は住民に強制的に聴かせるものであり、思想信条の自由(憲法19条)を侵害するものです。

夜勤で昼間に寝ている人、病気等で療養している人にとっては健康を害するものであり、環境権(25条1項)を侵害するものです。

 

以上の理由により、投票を呼びかける放送の中止を求めます。お手数ですが、放送中止の可否、及びその理由についての回答を電子メールにてお願い致します。

 

以上 

« 2012年12月2日 - 2012年12月8日 | トップページ | 2012年12月16日 - 2012年12月22日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ