2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年1月29日 - 2012年2月4日 | トップページ | 2012年2月12日 - 2012年2月18日 »

2012年2月5日 - 2012年2月11日の7件の記事

2012年2月11日 (土)

「月刊「創」(2012年1月号)の感想」

「月刊「創」(2012年1月号)の感想」

 

月刊「創」(2012年1月号)の感想を簡単に書きます。

 

1)P32から、「震災・原発事故後、加速するテレビ離れ」(服部孝章氏、砂川浩慶氏、岩崎貞明氏)です。

P35より、福島第一原発の取材において、<テレビはその場でビデオを見させてもらって、ダメなものは全部、削除してから、外へ出てもらいますという文書>(服部氏)が出されていたそうです。

この文書を出したのは政府なのか、東電なのか分かりませんが、ほとんど検閲です。

このような文書が出されていたこと自体、余り知られていません。多くの人がテレビを観なくなるはずです。

<計画停電>によって<信号機が消えて、交通事故で死人まで出ている>(岩崎氏)そうです。計画停電自体意味があったのか検討すらされていません。

 

P37より、東電の会長について<かつての田中角栄や三浦和義さんの時ように、何故、執拗にテレビカメラで追わないのか。>(服部氏)。

和歌山カレー事件もそうです。

先日(2011年12月25日)に「リアリティーツアー」で東電会長の自宅に行って手紙を渡している様子をユーストリームで生中継していました。

自宅に行くことの是非はここでは保留しますが、多くの人がテレビを観なくなるはずです。

 

2)P80より、「革命家の矜持」(鈴木邦男氏)です。北朝鮮で行われたサッカー(日本対北朝鮮)において、「よど号ハイジャック事件」の若林盛亮氏は「朝鮮を応援しようと思ってきたけど、試合を見ているとやはり日本を応援してしまう」そうです。日本を離れて40年近くたっても故郷が忘れられないのでしょうか?青年期を過ごしたので印象が強いのでしょう。ちなみに私はスポーツに興味はありません。

 

3)P64より、「私はなぜ平松氏を応援したのか」(香山リカ氏)です。

<10月20日には平松邦夫候補の応援に出かけ、選挙カーの上から指示を呼びかけた。>そうです。ここでは拡声器騒音については触れられていません。

香山氏は大阪都構想には特に反対していないようです。

香山氏は<「頭の良さが合理主義の徹底的な実現にのみ使われている人」にだけは社会にリーダーになってほしくない>という理由で平松氏を応援したそうです。

 

橋下氏の政策の理念は、約100年前にアメリカのFWテイラーの「科学的管理法」に基づいているそうです。労働者は自分の「かけがえのなさ」を実感できない状態が続くとメンタル不全に陥って労働を続けられなくなるそうです。

テイラーの考えは、高賃金という餌を与えれば労働者の生産性が最大限に増大するという図式だそうです。貧困な人間観ですね。

「維新」と言いながら、労働や教育に関して、わざわざアメリカで失敗した古い政策を推し進めているとは。

100年前の最新の考えが100年経って一般庶民に浸透した、と見る事も出来ます。

 

4)P96から、「薬事法違反で「現代書林」逮捕事件のゆくえ」です。

2002年に出版した書籍が薬事法に違反するとして2011年10月6日に当時の関係者が一斉に逮捕された事件です。なぜ今頃逮捕するのでしょうか?またそもそも逮捕の必要性はあるのでしょうか?

P103によると、<既に時効が成立>してるそうです。

また、警察情報をそのまま報道され、報道被害にも遭っているそうです。

 

5)P142より、「オキュパイを知っているか」(大川豊氏)です。

P144より、<公園での拡声器の使用を禁止すれば、演説が遠くの人に聞こえるように、カエルの唄の輪唱のように伝えていく映像もある。>との事です。

下記の関連記事に拡声器を使わなかったと書かれていたのは、拡声器の使用を禁止されていたのですね。

アメリカのオキュパイ運動は<確固たるリーダーがいないのが新しい特徴>だそうです。

 

6)P149の読者投稿欄より、「マフィアの技法と橋下」です。

(孫引きですが)<佐藤優氏が小泉(元)首相を「マフィアの技法」とネーミングされた。それは「一見、喧嘩好きのように見えても、いちばん強い者とは絶対に争いを起こさない」というもの>だそうです。

橋下徹氏で言うと、この<いちばん強い者>は石原慎太郎氏でしょうか?

何年も日本の首都である東京都の都知事を務めている石原慎太郎氏こそが既得権益です。

新東京銀行やオリンピック誘致失敗については責任を問うても良いと思うのです。

橋下氏が経団連や内閣官房機密費について攻撃しないのはなぜでしょうか?

 

7)今月号は香山リカ氏の記事と現代書林の記事が印象に残りました。月刊「創」(2012年1月号)発売中です。

 

おわり

 

(関連記事)

「反格差集会はハンドサイン マイク使わず議事進行」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f25c.html

 

2012年2月10日 (金)

原発:必要数の3分の1、住民投票ピンチ 若者ら実施求め署名

毎日新聞HP(20111226日大阪夕刊)より

http://mainichi.jp/kansai/news/20111226ddf041040006000c.html

 

(引用始め)

 

原発:必要数の3分の1、住民投票ピンチ 若者ら実施求め署名--来月9日期限

 

 原発への賛否を問う住民投票の実施に向け、大阪市と東京都で署名集めが始まって約半月がたった。難波などの街頭で署名を集める青いTシャツ姿のスタッフには若い男女や主婦が目立つ。その大半はこれまで反原発や環境運動には縁がなく、東京電力福島第1原発事故を受けて危機感を抱いた人々だ。一方で署 名集めは苦戦。投票実施の条例制定を市長に直接請求するには、1月9日の期限までに約4万3000人の署名が必要になるが、25日までに集まったのは約1 万4200人分となっている。【林田七恵】

 15日午前中、南海難波駅=大阪市中央区=前で、フリーターのAさん(20)=大阪市東淀川区=はマイクを握り、「大切なことだから 自分たちで決めませんか」と、行き交う買い物客やサラリーマンたちに訴えかけた。しかし、反応は乏しく、しばらくして喫煙所やバス乗り場に場所を替え、立ち止まっている人々に声をかけ始めたが、聞いてもらえなかったり、「ええと思うけど(大阪)市民やないねん」と言われた。署名に応じるのは5~10人に1 人程度で、Aさんが約3時間で集めた署名は25人ほどだった。(以下略)

 

(引用終わり)

 

原発の賛否を問う住民投票のための署名を集めるために拡声器を使って訴えかけても反応が乏しかったり、聞いてもらえなかったそうです。

当たり前です。

どれだけ正しい事でも私は拡声器を使って強制的に聴かされたくありません。

これは多くの人も同じでしょう。

この程度の事が分からないのでしょうか。

自分達が正しい事をしているというおごりが感性を鈍らせているのでしょうか。

それとももともと鈍感な人なのでしょうか。

肉声で説明した方が聞いてもらえますよ。

「市民運動=拡声器」という図式を何とかするべきです。

 

おわり

 

(関連記事)

「一人一票の駅活における拡声器の使用について」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-0259.html

 

2012年2月 9日 (木)

「女の気持ち「女性専用車」(2011年12月19日)」

「女の気持ち「女性専用車」(2011年12月19日)」

 

毎日新聞(2011年12月19日)の「女の気持ち」という読者投稿欄において大阪府貝塚市のK(原文では実名)(主婦63歳)さんの「女性専用車」という題の文章が掲載されていました。

 

1)朝のラッシュ時の「女性専用車」で7人掛けのシートに6人で座っていたので(席を譲るように)<彼女たちの前に立って、チラチラとその隙間を見>るという<無言のジェスチャー>をしたが効果は無かったそうです。

その後、車内放送で「座席は詰めて、一人でも多くのお客様に・・・・」と放送があったが、だれもこの方に席を譲らなかったそうです。

これは、車内放送の効果はほとんどないという事でしょう。

結局、この文章は「女性専用車両」にいる女性はマナーが悪い、という趣旨の結論で終わっています。

 

2)ここで私が言いたいのは、なぜこの方は「座りたいので詰めて下さい。」と直接言わなかった(言えなかった)のか、という事です。

私は以前、二人掛けの席を一人で荷物を置いて占領している人に「ここ空いていますか?」と訊いて空けてもらったことがあります。

 

少し場面は違いますが、先日次のような新聞記事がありました。

信号を無視して歩いていた男を注意したところ殴られて重傷を負う事件があり、・・・搬送後に意識不明となり、脳挫傷が悪化したすえに腎不全で死亡したとみられる。>(毎日新聞 20111222日)

「席を譲って欲しい」と直接言わないから無意味な車内放送が増える、と言いたい所ですが、実際に暴力を振るわれる事件が多数起きているので、難しい所です。

車掌に言おうにも、周囲に居ないでしょうし。

もう、どうしたら良いのか分かりません。

とにかく、車内放送はほとんど意味がないという事です。

 

3)なお、「女性専用車両」が差別云々については一言も書かれていませんでした。

 

おわり

 

2012年2月 8日 (水)

北部消防署:救急車内に音楽 オルゴール調の歌謡曲、「不安和らぐ」と歓迎--北アルプス広域消防本部 /長野

毎日新聞HP(2012117日)より

http://mainichi.jp/area/nagano/news/20120117ddlk20040063000c.html

 

(引用始め)

 

北部消防署:救急車内に音楽 オルゴール調の歌謡曲、「不安和らぐ」と歓迎--北アルプス広域消防本部 /長野

 

 北アルプス広域消防本部の北部消防署(白馬村)は1月、患者を運ぶ時に救急車内で、オルゴール調の歌謡曲の音楽を流す試みを始めた。傷病者や付き 添い者の不安や緊張を少しでも和らげようと、救急隊員の一人が発案。利用者から「落ち着くことができた」と高い評価を得ている。同署によると、県内初の取り組み。

 救急車2台のうち1台の架台脇に、隊員個人の携帯型音楽プレーヤーとスピーカーを設置。ZONE「secret base~君がくれたもの~」などヒット曲のメロディーをオルゴール調にした約60曲が流れる。

 元日に使い始め、搬送者計約25人のうち、回答可能な傷病者や付き添いの人から聞き取り調査をした結果「不安が和らいだ」などと歓迎する意見が9割近くを占めた。3月末まで搬送者の反応や、音楽の適切な音量などを調べ、本格導入するかどうか検討する。

 北部消防署の管轄は白馬、小谷両村。高速道路がない上、病院機能縮小や医療の高度化を受けて松本市内へ向かうケースも多く、病院まで2時間以上かかることもある。

 「長い間サイレンの音を耳にしていると、乗っている人の不安が高まるのではないか」と考えた同署の救急救命士、Kさん(28)が、たまたま見た他市の消防本部のホームページで先行事例を知って提案。運転席にはラジオしかなく車両後部にスピーカーもないことから、面ファスナーなどを使って装置を取り付けた。

 車内でのアンケートに対し「落ち着いた」「癒やされた」との回答が多く、神田さんは「期待通りの効果が上がっている」と手応えを感じる。

 救急車内での音楽は、愛知県の豊田市消防本部が01年4月に本格導入したのが全国初。同本部によると、救急隊員が、医療機関の検査室や手術室で音楽が流れていたことなどをヒントにした。現在、20台の救急車全てにカーステレオと車両後部用のスピーカーを装備。オルゴール調のクラシック名曲やヒット曲のメロディーを流している。【古川修司】

毎日新聞 2012117日 地方版

 

(引用終わり)

 

北アルプス広域消防本部の北部消防署(白馬村)>では、<長野県の救急本部は<患者を運ぶ時に救急車内で、オルゴール調の歌謡曲の音楽を流す試み>を始めたそうです。

そして、<「不安が和らいだ」などと歓迎する意見が9割近くを占めた。>そうです。

残りの一割近くの人は何と答えたのでしょう。

「長い間サイレンの音を耳にしていると、乗っている人の不安が高まるのではないか」>という理由で発案したそうです。

それなら音波は直進するので車内にサイレンの音が聴こえない(聴こえにくい)様に出来ないのでしょうか。

ZONE「secret base~君がくれたもの~」>等の「ヒット曲」と言われている曲を流すそうですが、その曲にまつわる嫌な記憶がある人は当然嫌な気分になるでしょう。

9割近い人が歓迎していても、残りの一割の人は嫌だと思っているかもしれません。

少数派の人権を何だと思っているのでしょうか?

そもそも救急車を呼ぶのは生死に関わる時でしょう。

そのような時に音楽を聴くような余裕はないでしょうし、好みの分かれる音楽を聴かされたくありません。

「無音」で良いと思います。

 

おわり

 

2012年2月 7日 (火)

「橋下徹氏の教育についての考えについて」

「橋下徹氏の教育についての考えについて」

 

橋下徹氏は大阪府知事選の演説で次のように述べたそうです。

「橋下「大阪改革」の正体」(一ノ宮美成、講談社、2008年)のP130より少し引用します。

 

「先日の全国学力テストで、大阪は45位になった。これに対して、基礎学力の向上、基礎学力の向上とオウムのようにくり返している。僕は45位の順位、まったく悲観していない。・・・「OECD(経済協力開発機構)加盟国の中で「PISA(生徒の学習到達度調査」で(日本は)・・・8位なんです。・・・アメリカにいたっては29位。それが世界標準なんです。そんな認識でいいじゃないですか。府民としての国民としての学力は、まあまあ平均点としては、こんなもんでよろしい、というのが僕の考えです。」(吹田市での演説より)

 

府知事選の選挙演説と府知事当選後では正反対の事を言っています。この矛盾をどう説明するのでしょうか?

これでは騙し打ちと言われても仕方がありません。

 

おわり

 

(関連記事)

「「橋下「大阪改革」の正体」(一ノ宮美成、講談社)の感想文」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-4d05.html

2012年2月 6日 (月)

2012大津市長選:女性最年少当選・越さん笑顔、湖都に新風 「県と連携、若さ生かす」 /滋賀

毎日新聞HP(2012123日)より

http://mainichi.jp/area/shiga/news/20120123ddlk25010216000c.html

 

(引用始め)

 

2012大津市長選:女性最年少当選・越さん笑顔、湖都に新風 「県と連携、若さ生かす」 /滋賀

 

 湖都に史上最年少の女性市長誕生--。任期満了に伴い、22日に投開票された大津市長選は、新人で弁護士の越直美さん(36)=民主、社民、対話 の会推薦=が、現職の目片信さん(70)=自民、公明推薦=と医師の東昌子さん(49)=共産推薦=を破り、初当選した。選挙初挑戦で知名度不足が懸念さ れたが、嘉田由紀子知事との連携を強調するイメージ戦略が奏功し、競り勝った。投票率は44・15%(前回42・31%)だった。当日有権者数は26万 7426人。【加藤明子】(中略)

  昨年11月の出馬表明後、知名度不足を補うため、駅前などで街頭演説を連日敢行。訴えの中で「県との関係がうまくいっていない。私は知事と連携する」と繰り返し、嘉田知事の支持層の取り込みも図った。また、民主は選挙期間中、県選出国会議員を投入し、支持母体の連合滋賀もフル回転するなど、組織的 な支援も受けた。(中略)

大津市長略歴

越直美(こし・なおみ) 36 無新(1)

 弁護士米ニューヨーク州弁護士[歴]早大院非常勤講師米ハーバード大ロースクール=[民][社]

 

(引用終わり)

 

滋賀県の大津市の新市長に越直美氏が当選したそうです。

越氏は、選挙活動として<駅前などで街頭演説を連日敢行>していたそうです。

選挙活動として街中で拡声器を使っての演説が許されているのは日本と韓国と台湾くらいだそうで、アメリカでは許されていないそうです。

記事によると、越氏はアメリカの大学に通いアメリカの弁護士資格も持っているくらいなので、何年かはアメリカで生活していたという事でしょう。

それにもかかわらず、街中で拡声器を使う事について越氏にためらいは無かったのでしょうか?

勝つためには手段を選ばないということでしょか?

どちらにしてもこの方は静穏権・住民の静かな生活について配慮が出来ない方のようです。

まあ、政治家はほとんど全員がそうでしょうが。

このような拡声器を使って住民の静かな生活を妨害(静穏権・人格権侵害)する人々が住民の事を考えているはずがありません。

私は、この方に何も期待しません。

 

おわり

 

2012年2月 5日 (日)

10人中4人は「隣んちのペットがウザい」と思っている

サーチナ(2011年3月10日)より

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0310&f=national_0310_179.shtml

 

(引用始め)

 

10人中4人は「隣んちのペットがウザい」と思っている

 

   

  かわいいペットは家族の一員! そう思っているのは飼い主だけなのかも知れない。2000人を対象とした最新の調査によると、「住宅所有者10人中4人は、隣人のペットが嫌い」という事実が明らかになった。

  最も多かった意見は「夜通し吠え続ける犬が迷惑」、「芝生を汚すネコが迷惑」、「庭を掘り返されたことも……」などである。

  他には「ネコが車の上に乗って足跡を残す」、「泥だらけの足で家に忍び込み、食料を盗む泥棒ネコ」などの意見もあり、2000人のうちおよそ 33%以上は隣人のペットによって損害を被っていると回答。また、2000人中の20人(1%)は隣人のペットを理由に引っ越しをしたのだという。

  調査を行ったイギリスの比較調査会社Gocompare.comは、「迷惑なペットを飼う隣人と仲良くやっていくことは非常に難しい」と述べる。また、「そのようなペットを飼っている家は、ペットを家族の一員として見なしているため、隣人は『迷惑です』と言いにくい。また、飼い主はペットが迷惑をかけていることを知らないことがほとんどです」と説明する。

  この調査はイギリスで行われたものだが、日本でも同じような結果になるのかも知れない。

  参照元:DailyMail(英文)(情報提供:ロケットニュース24

 

(引用終わり)

 

英国において、<「夜通し吠え続ける犬が迷惑」>等の理由で<「住宅所有者10人中4人は、隣人のペットが嫌い」>という調査結果が出たそうです。

2000人中の20人(1%)は隣人のペットを理由に引っ越しをした>そうです。

被害者が引っ越さざるを得ない所まで追い込まれるとは・・・

英国では、議論が盛んで反対意見でも堂々と言うイメージがあったのですが、<隣人は『迷惑です』と言いにくい。>との事です。

日本と同じですね。

犬が吠えるというのは飼い方が悪いという事だと思います。

ペットが好きなら、無駄に吠えないようにきちんと飼って下さい。

 

特に夜間に多いのですが、犬の散歩を紐でつながずにしている人(輩)が結構多いのです。

私の独自の統計では、夜間では1割くらいです。

見つからなかったら別に良いと思っているのでしょうか?

注意すると一応謝るのですが、それほど反省しているようには見えません。

 

ペットを飼わなくても人は別に生きていけます。

鳴き声の被害者の方を保護するべきです。

私は、自分が飼っているペットの鳴き声に配慮できないような人は、ペットを飼う資格が無いと考えます。

 

おわり

 

« 2012年1月29日 - 2012年2月4日 | トップページ | 2012年2月12日 - 2012年2月18日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ