2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »

2012年2月26日 - 2012年3月3日の2件の記事

2012年3月 2日 (金)

大阪府:職員条例、相対評価に 修正案決着へ

毎日新聞HP(2012年128日大阪夕刊)より

http://mainichi.jp/kansai/news/20120128ddf001010012000c.html

 

(引用始め)

 

大阪府:職員条例、相対評価に 修正案決着へ

 

 松井一郎大阪府知事が2月議会に提案を目指す「職員基本条例案」修正案を巡り、松井知事と対立している府総務部は職員の絶対評価を求めるが、松井知事は相対評価を強く主張、30日の府市統合本部で押し切る構え。府総務部の反発も予想されるが、相対評価で決着する見通しだ。【堀文彦】(中略)

 

 だが府総務部は相対評価は「公平な評価が不可能で現実的ではない」と反発。絶対評価を堅持しながら各職員の勤務評価を点数化し、順位を付ける案を打診したが知事は無反応。さらに、警察職員も条例の対象に含め「絶対評価の正当性」を強調する戦略を描いたが、府警側は「職員処分の基準は全国で統一されており足並みがそろわなくなる」と猛反発し、断念した。(中略)

毎日新聞 2012128日 大阪夕刊

 

(引用終わり)

 

この記事を事実としてコメントします。

松井一郎大阪府知事は「職員基本条例案」内の職員の評価について「相対評価」で押し切るそうです。

ここでは「相対評価」の是非については触れません。

私が言いたいのは、<警察職員も条例の対象に含め「絶対評価の正当性」を強調する戦略を描いたが、府警側は「職員処分の基準は全国で統一されており足並みがそろわなくなる」と猛反発し、断念した。>という部分です。

行政職員や教職員には厳しいのに、警察に対しては甘いのはなぜでしょうか。

行政職員や教職員が<「職員処分の基準は全国で統一されており足並みがそろわなくなる」>という意見を出しても、松井氏(というか橋下氏)は聞く耳をもたないでしょう。

それどころか、いつもの松井氏(橋下氏)なら大阪府警は既得権益だと言って警察庁に抗議し、民間の警備会社はこれくらい厳しい、と言い出すはずです。

何か抗議しない(出来ない)理由があるのでしょうか?

不自然です。

 

橋下徹氏のツイッター(2012年1月28日)より

https://twitter.com/#!/t_ishin/status/163032513822998528

 

厳しい市場に晒されない組織は、弱くなる。市場に晒されないのであれば、市場に代わる厳しい環境に晒さないいけない。自衛隊、警察、消防、海上保安系は、 厳しい訓練と厳格な規律、指揮命令。では行政機構は?公立の学校現場は?外郭団体は?一社独占の企業は?放っておいたら出鱈目になるのである。

 

厳しい訓練や厳格な規律等がある組織が市場にさらされなくても良い理由ははっきりしません。

自衛隊、警察、消防、海上保安系>は国民の生命・財産に直接かかわる重要な仕事なので、厳しい訓練や厳格な規律等がある上で市場にさらされるべき(それが嫌なら辞めれば良い)、という考えもあり得るでしょう。

 

下記の参考サイトにもあるように、大阪府警東署において恫喝事件があったそうです。

「厳格な規律」(!)ですね。

また、大阪府の裏金疑惑も追及するべきです。

 

おわり

 

(参考サイト)

警察取り調べの実態「人生むちゃくちゃにしたるわ!」」

http://www.youtube.com/watch?v=wpyYSUsSFtg

 

(関連記事)

「「橋下日記」(24日)「政治に不正は付きもの」」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-f24a.html

 

2012年2月29日 (水)

藤川氏超え? 新人市議は26歳「タレント」 ぶっちぎり独占取材!

産経新聞HP(2012.2.26)より

http://sankei.jp.msn.com/smp/life/news/120226/trd12022612000003-s.htm

 

(引用始め)

 

藤川氏超え? 新人市議は26歳「タレント」 ぶっちぎり独占取材!

2012.2.26 12:10

 

(略)そんな新座市の市議選で初当選した立川明日香さん(26)は、いわゆる落下傘候補で選挙にも初挑戦ながら2067票を獲得し、堂々の5位当選。(略)

ためたお金でアメリカに留学した。(略)

選挙前は自分を売り込む3000部のチラシを選挙区で自らポスティング。選挙期間中は子供を夫の実家に預け、駅で街頭演説し、選挙カーで回った。(略)

 

(引用終わり)

 

この記事によると、埼玉県の新座市の市議に当選した立川明日香氏はアメリカに留学経験があるにもかかわらず(どれくらいの期間かは分かりません)、選挙期間中には<駅で街頭演説し、選挙カーで回った。>そうです。

下記の関連記事にもあるようにアメリカへの留学経験と選挙運動時の拡声器の使用には特に関連はないようです。

余談ですが、中央でも地方でも「元タレント」の議員が増えていますね。

政治家とタレントの共通点は、テレビに出る事とド厚かましい事です。

元タレントでも「良い政治」してくれたら別に良いのですが。

問題は「良い政治」の中身が人によって違うという事です。

 

おわり

 

(参考サイト)

公式ブログ「立川あすかの皆で立ち上がるブログ」

http://ameblo.jp/tachikawaasuka/

 

(関連記事)

「2012大津市長選:女性最年少当選・越さん笑顔、湖都に新風 「県と連携、若さ生かす」 /滋賀」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-4745.html

 

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月4日 - 2012年3月10日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ