2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体」 | トップページ | 「プライバシー・クライシス」 »

2013年1月 4日 (金)

「自民党の安倍晋三氏・ネット選挙 参院選で」

「自民党の安倍晋三氏・ネット選挙 参院選で」

 

毎日新聞(2012年12月21日、大阪本社版)に「ネット選挙 参院選で」という記事が掲載されています。

この記事によると、自民党の安倍晋三総裁は記者に「次の選挙までにネット選挙は解禁すべきだ。」「ネット投票(の実現)は時間がかかると思うが、選挙の広報活動や情報交換に、ネットが求められている。投票率の上昇にもつながる」と述べたそうです。

 

私は安倍晋三氏の憲法改正をはじめとする政策にはほとんど反対しています(経済政策の国家強靭化計画については保留します。)が、ネットを使った選挙活動の解禁についてだけは賛成しています。

なお、ネットによる選挙活動を解禁し、それと同時に拡声器の使用を禁止・制限しないと静かな生活環境を求める私としては意味がありません。この辺りは解禁後に議論になると思います。

 

ネットによる選挙活動を解禁したとしても、お金を使って豪華なホームページ等を作ったり、テレビや新聞の広告を出したり出来る裕福な候補者が有利なのが変わらない事は分かっています。また、供託金の問題もあります。

安倍晋三氏が内閣総理大臣になる事によって、貧富の差がさらに拡大し、貧乏人は文字通り「死ぬ」事になるでしょう。憲法改正はまずいのですが、選挙が静かになるのなら、他の事はもうどうでも良いと思っています。

 

私が知る限りではネット選挙解禁を言っていたのは自民党・みんなの党・維新の会くらいです。

(小選挙区制が原因とも言えますが、)今回の選挙で惨敗した日本共産党及びその支持者の皆さん、あなたがたがなぜ投票してもらえないのか分かっていますか?住宅地で拡声器を使って演説し、静かな生活環境を破壊するような政党に誰が投票すると思っているのですか?(どこの党もうるさいのですが、日本共産党の街頭演説の回数の多さは桁違いです。選挙期間以外でも来ています。社民党は弱小すぎるからなのか、私の生活圏内に来た事がありません。)弱者保護や環境問題の事を言いながら、拡声器騒音嫌悪者の事や自分たちが出す拡声器騒音について気付かない・気付いても言わない、私はこういう所にも原因があると思っています。

 

自民党・みんなの党・維新の会を合わせると特別多数以上の議席があるので参院選までに改正する事は出来ると思います。当然、他の政策についても可決されるので「もろ刃の剣」ですが。なお、ネットによる選挙活動にも何らかの制限は必要だと思っています。また、なりすましの問題などが解決できそうにないので、ネット投票はまだまだ先の事になるでしょう。安倍晋三氏のネットを使った選挙活動解禁(のみ)を支持します。

 

おわり

 

« 「売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体」 | トップページ | 「プライバシー・クライシス」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

選挙騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/48530001

この記事へのトラックバック一覧です: 「自民党の安倍晋三氏・ネット選挙 参院選で」:

« 「売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体」 | トップページ | 「プライバシー・クライシス」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ