2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「パーフェクト・リバティー教団の教祖祭(2013年)の報告」 | トップページ | 「喜ばしい ネット選挙解禁」 »

2013年8月14日 (水)

「防災無線で大雨警報」

「防災無線で大雨警報」

 

2013812日の19時頃に関東地方は大雨やゲリラ豪雨にみまわれたそうです。そして、東京都の杉並区では、大雨警報を屋外式の防災無線で放送したそうです。

 

避難が必要な津波や土石流ならともかく、大雨・ゲリラ豪雨の警報を屋外式の防災無線で知らされても対応の仕方に困ります。傘をさすか、どこかで雨宿りをする位しかありません。落雷の恐れと言われても、対応の仕様がありません。大雨による土砂災害が起きそうな地域には個別に対応するしかありません。

 

この様な場合には、全家庭への戸別式の防災無線や携帯電話を利用した伝達方法があればとても便利です。中にはこれらを実行している自治体もあるようですが、少数派の様です。

 

行政は防災の実効性を考えているのか疑問です。以下に私の見方を書きます。①後に訴訟になった時に防災のための義務を尽くしたというアリバイ作り。②補助金で設置した屋外式防災無線なので使っておこうという発想。これらが混ざり合って屋外式の防災無線の安易な使用につながっていると見ています。

 

おわり

 

« 「パーフェクト・リバティー教団の教祖祭(2013年)の報告」 | トップページ | 「喜ばしい ネット選挙解禁」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

防災行政無線放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/52859975

この記事へのトラックバック一覧です: 「防災無線で大雨警報」:

« 「パーフェクト・リバティー教団の教祖祭(2013年)の報告」 | トップページ | 「喜ばしい ネット選挙解禁」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ