2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「爆笑問題のニッポンの教養・腸管免疫学の上野川修一氏」 | トップページ | 「トータルテンボス大村のアーメンブログ・手間」 »

2013年11月28日 (木)

騒音トラブルで隣家2人を刺殺 無期懲役

読売新聞HP(2013427日)より

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130427-OYO1T00404.htm

 

(引用始め)

 

騒音トラブルで隣家2人を刺殺 無期懲役

 

堺市中区で2011年11月、騒音トラブルから隣家の男女2人を刺殺したとして殺人罪などに問われた大工O被告(45)の裁判員裁判の判決が26日、大阪地裁堺支部であった。畑山靖裁判長は「執拗で残虐な犯行」と述べ、求刑通り無期懲役を言い渡した。

 判決によると、O被告は同月5日夕、同区福田の自宅前路上で無職UKさん(当時61歳)の胸を自宅から持ち出した包丁で数回刺して殺害。一緒にいた同居のOKさん(同45歳)も胸を数回刺して殺害した。

 畑山裁判長は、O被告がUさんから「(大工仕事の)音がうるさい」などと強い口調で苦情を言われ、追いつめられた心境にあったと認めたが、「殺害を正当化するものではなく短絡的だ」と指摘した。(2013427 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

2011年に起きた堺市の近隣騒音殺人事件は、一審の地裁では(殺人罪で?)無期懲役だそうです。この事件は、騒音被害者が殺された事件です。騒音の被害に遭い、殺人事件の被害者になるという、踏んだり蹴ったりな事件です。騒音被害者が抗議をするのも気を付けなければなりません。出来るだけ穏やかに抗議した方がよいのでしょうが、それではナメられて効果が薄いのです。あまり大衆媒体で採り上げられることはありませんが、誰もが被害者になり得る事件です。良い解決法は思いつきませんが、近隣騒音の被害に遭ったら、まずは役所や弁護士に相談した方が良いのかも知れません。

 

おわり

 

« 「爆笑問題のニッポンの教養・腸管免疫学の上野川修一氏」 | トップページ | 「トータルテンボス大村のアーメンブログ・手間」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

近隣騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/51628617

この記事へのトラックバック一覧です: 騒音トラブルで隣家2人を刺殺 無期懲役:

« 「爆笑問題のニッポンの教養・腸管免疫学の上野川修一氏」 | トップページ | 「トータルテンボス大村のアーメンブログ・手間」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ