2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2013年3月31日 - 2013年4月6日 | トップページ | 2013年4月14日 - 2013年4月20日 »

2013年4月7日 - 2013年4月13日の1件の記事

2013年4月 7日 (日)

「「拡声器を使った灯油販売業者に対する行政処分請求(2012年11月)」に対する回答」

「「拡声器を使った灯油販売業者に対する行政処分請求(2012年11月)」に対する回答」

 

以前に送った「「拡声器を使った灯油販売業者に対する行政処分請求(2012年11月)」に対する回答が2013年3月26日に送られてきたので掲載します。なお、色変えは引用者です。

 

(引用始め)

 

「拡声器を使った灯油販売業者に対する行政処分請求(2012年11月)」

 

平成241122日付で連絡を戴いた後、何度か現場確認を行いましたが、確認することは出来ませんでした。
しかし、
申出内容については、相違ないと思います。
よって、申出業者に対して、大阪府生活環境の保全等に関する条例及び大阪府生活環境の保全等に関する条例施行規則を遵守する旨の文書及び大阪府作成パンフレットを郵送にて送付いたしました。
尚、今後連絡戴く場合は、業者名等については、正式名称にてお願い致します。
 河内長野市 環境共生部 環境保全課

 

(引用終わり)

 

現場確認を行ったが、業者の違法な拡声器の使用を確認できなかったそうです。行政がこんな事で良いのでしょうか?(良いわけがない!!)また、確認できなかったのなら、その旨の回答を送るべきではないのでしょうか。こんな事だから「お役所仕事」と揶揄されるのです。

 

ついに市側が<申出内容については、相違ないと思います。>と認める所まで来ました。証明が出来れば、これらの業者の拡声器の使用は違法・犯罪だという事になります。この条例には刑事罰が規定されているので、違反者は犯罪行為を行っている事になります。犯罪者が住宅地の周辺をうろついているという事です。

 

パンフレットを渡すだけで効果があるとは思えません。しかも郵送です。せめて職員が業者の事業所に直接行って口頭で言わないと駄目でしょう。本来は、警察・検察と連携して刑事責任を追及しないと駄目です。市側は、業者に条例を守らせる気がないという事でしょう。

 

業者名が正式名称ではないとは、知りませんでした。業者が名乗っている通りに書いたのですが。

 

おわり

 

« 2013年3月31日 - 2013年4月6日 | トップページ | 2013年4月14日 - 2013年4月20日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ