2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

2013年5月26日 - 2013年6月1日の2件の記事

2013年6月 1日 (土)

「「狂犬病予防接種の放送中止の要請」及び「狂犬病予防接種放送への厳重抗議」への回答について」

「「狂犬病予防接種の放送中止の要請」及び「狂犬病予防接種放送への厳重抗議」への回答について」

 

市から回答が来たので掲載します。

 

(引用始め)

 

回答が遅くなって申し訳ございません。
 平素は、環境行政にご理解・ご協力いただき篤くお礼申し上げます。
 さて、本件については、すでに何度かご意見・ご質問をいただいており、その都度回答をさせていただいております。
今回のご意見についても、基本的には前回までのご意見と同様の内容であるため、当方の回答としては、前回までの回答と相違はございません。また、今後、同じ内容のご意見をいただいたとしても、法・条例等の制度に変更が無い限り、市としての対応が変わることはございませんので、あらかじめご承知おきください。
 なお、今回のご意見で、市に寄せられたメールの取り扱いについて、新たにご質問がありましたので、お答えいたします。
市に寄せられたメールについては、内容と担当課による回答を月ごとに取りまとめて、庁内の閲覧システムに掲載され、市長を含む職員全員が全ての内容を閲覧できるようになっております。よろしく、ご理解いただきますようお願いいたします。

河内長野市環境共生部環境保全課

 

(引用終わり)

 

法・条例等に「狂犬病の予防接種実施について拡声器を使って放送する義務」は書かれていません。行政の裁量で勝手に放送しているのです。市は、この「馬鹿放送」を法令で明確に禁止されるまで一生続けるつもりだそうです。カレンダーや手帳に印を付ける事さえしない一部の馬鹿のために全員が拡声器放送を聞かされるとは・・・

 

私のメールは市長が閲覧できる状態になっているだけで、読んでいるかどうかも分からないそうです。私は市長が私のメールを読んでいるのか否かを聞いているのですが、これでは回答になっていません。市長って、そんなに忙しいのでしょうか?私のメールを読むのには5分もかからないはずです。民主主義は選挙だけではありません。メールを送るのも民主主義の一部です。市民からの意見くらい読むべきです。

 

おわり

 

2013年5月27日 (月)

「「維新」の戦略・松井一郎氏」

「「維新」の戦略・松井一郎氏」

 

毎日新聞(2013年4月26日、大阪本社版、13面)に「「維新」の戦略」という松井一郎・大阪府知事のインタビュー記事が掲載されていたので紹介します。このインタビュー記事には松井氏のチェックが入っていると仮定した上でコメントします。

 

1)(伊丹市・宝塚市長選での維新公認候補者落選を受けて、)<選挙結果は、大阪以外でまだ基礎体力がないことの表れです。ただ、どの政党も空中戦プラス地上戦があります。空中戦は発信力のある橋下代表でいくが、地上戦をやる足腰を鍛えるためにも、同じ価値観を持つ人を増やしていくしかない。>

 

「基礎体力」云々の問題ではなく、ただ政策が受け入れられなかっただけでしょう。これが「民意」ではないのでしょうか。

 

2)<全てを国がやるのではなく、ニア・イズ・ベターで基礎自治体がしっかりやらないと、この国はもちませんよ。だから道州制なんです。>

 

ニア・イズ・ベターなら市町村の権限・財源を多くするべきで、それは都道府県のままでも出来ます。ニア・イズ・ベターと都道府県を道州制にするのとは無関係・別次元の問題です。「だから」という接続詞の使い方が変です。

 

3)<都道府県知事の圧倒的多数は道州制に反対です。国政選挙になるとどの党も「道州制やります」と言うけど、全国の知事、市長が反対すると国が一挙に決めることはできないというのが92条なんです。>

 

都道府県知事の圧倒的多数は道州制に反対しているのなら、それが民意です。「どの党も」との事ですが、赤旗・日本共産党は道州制にかなり強く反対しているようです。

 

4)<国会で新たな統治機構の枠組みを決めたら、地方はそれに沿った形に変わるように92条を改めるべきです。>

 

統治機構という部分的とはいえ、都道府県知事が「地方自治の本旨」(団体自治)という原則を否定するような発言です。

 

5)まとめ

私はそもそも統治機構を変えれば良くなるという発想自体に反対です。そして、道州制を実施するための憲法改正に反対します。憲法を改正しなくても、多くの都道府県や市町村が道州制に賛成すれば変えられます。このインタビュー記事では「大阪都構想」の話題は一切出てきません。苦労して大阪都にした直後に道州制にするって、何なのでしょうか。まあ、橋下氏の操り人形の松井氏を批判しても仕方が無いのかも知れませんが。

 

おわり

 

« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月9日 - 2013年6月15日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ