2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2013年6月23日 - 2013年6月29日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »

2013年6月30日 - 2013年7月6日の2件の記事

2013年7月 6日 (土)

「PL花火・富田林市役所への不許可請求(2013年6月)」

「PL花火・富田林市役所への不許可請求(2013年6月)」

 

以下の電子メールを送信したので掲載します。

 

(引用始め)

 

2013年6月30日

 

パーフェクトリバティー教団の花火の不許可・許可の取り消し請求

 

富田林市長様

 

例年、8月1日にパーフェクトリバティー教団が「芸術祭」と称して花火を打ち上げ、騒音公害を引き起こしています。2013年にも「芸術祭」を行うそうです。

 

花火の現場から数十キロは離れている私の自宅近辺でも床が振動し、窓ガラスがビリビリと震えています。これはもう騒音というレベルの問題ではなく地響き・人工地震です。打ち上げる場所の周辺には病院や福祉施設など静かさが必要な施設等があります。これは私を含めた近隣住民の環境権(憲法13条、25条)や人格権を侵害すると私は解しています。富田林市ではデシベル数を計測しているのでしょうか。本件について、騒音公害という観点からの富田林市の見解(法令違反など)をお聞かせ下さい。

 

そして、パーフェクトリバティー教団の花火の不許可または許可の取り消しを求めます。

 

お手数ですが、本件について、電子メールでの回答をお願い致します。

 

以上

 

(引用終わり)

 

2013年6月30日 (日)

「【河内長野市】「夕焼け小焼け」放送に関しまして頂きましたお問い合わせの回答」

「【河内長野市】「夕焼け小焼け」放送に関しまして頂きましたお問い合わせの回答」

 

2013年4月23日に「夕焼け小焼け」放送に関するメールに対する回答が送られてきたので掲載します。色変えは引用者です。

 

(引用始め)

 

【河内長野市】「夕焼け小焼け」放送に関しまして頂きましたお問い合わせの回答

 

この度は、標記の件につきましてお問い合わせを頂きありがとうございます。
 河内長野市では、平成25年4月1日より毎日17時に、市内47箇所の防災行政無線で「夕焼け小焼け」のメロディを放送しております。放送の目的としましては、無線機器の安定運用と、無線機器不具合の早期発見のためであります。
 「夕焼け小焼け」を選曲しました理由は、童謡としては最も広く親しまれている作品の一つで、多くの自治体、特に近隣市(富田林市、大阪狭山市)でも防災無線を通じて流していることから採用したものであり、放送時間を17時に選択しました理由は、こどもの帰宅の合図等となるようにと思い、決定したものであります。
 音量はスピーカーが持っている性能として
約110デシベルであります。スピーカーから聞こえる音の大きさは、測定する位置にもよりますが、防災行政無線の本来の目的である大規模災害発生時の避難勧告・避難指示などの告知として、屋内の方が会話中であっても十分聞こえるように設定したものであります。ただ、音量に関するご指摘を市民の方々から頂いておりましたので、4月19日(金)の放送より無線の音量を下げさせていただきました。
 なお、放送の事前告知に関しましては、放送を始めるにあたり、平成25年4月号の広報にて掲載させていただいております。
 なにとぞ、防災行政無線の定時放送の主旨にご理解、ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  河内長野市役所 危機管理室 

 

(引用終わり)

 

防災無線放送について、市の広報で告知があったとは・・・

戸別式の受信機については、回答がありませんでした。

反論は後日します。

 

おわり

 

« 2013年6月23日 - 2013年6月29日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ