2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2013年7月28日 - 2013年8月3日 | トップページ | 2013年8月11日 - 2013年8月17日 »

2013年8月4日 - 2013年8月10日の2件の記事

2013年8月10日 (土)

「パーフェクト・リバティー教団の教祖祭(2013年)の報告」

「パーフェクト・リバティー教団の教祖祭(2013年)の報告」

 

2013年8月1日のパフェクト・リバティー教団の騒音花火について書きます。

 

19時55分頃から断続的に振動し、21時45分頃に大きな振動があって騒音公害が終わったようです。「音」というより地響きです。地響きはしましたが、窓がビリビリと震える事はありませんでした。何の根拠もありませんが、私のメールを読んで騒音対策をしているのかもしれません。近所の盆踊りなどの花火は事前に予告されないので急に大きな音を聴かされる事を考えると、近所の盆踊りなどの花火の方がうるさいかもしれません。

 

祭や花火の騒音には法令による規制はないので、行政は動けないはずです。法令による規制が無いのに行政が取り締まると、法律による行政や罪刑法定主義に反する可能性があります。現状では静かな生活よりも祭りや花火主催者の表現の自由の方が優先されています。

 

少なくともこの日本社会では多くの人と感性が違う少数派はただ生きて行くだけで精神的に消耗してしまい大変です。騒音単体だけでも腹が立つのに、この騒音を楽しんでいる人がいるという事がさらに私をイラつかせます。花火を見物している方々へ。あなた方が楽しんでいる陰で泣いている人がいるのです。せめて少数派を踏みつぶしているという認識くらいは持って下さい。パーフェクト・リバティー(PL)教団の花火の騒音に反対します。

 

なお、花火の騒音の件についてパーフェクト・リバティー教団に何度も(今年だけで3回)メールを送っていますが、一度も回答は来ていません。

 

おわり

 

2013年8月 5日 (月)

「ネット選挙運動解禁後の参議院選挙」

「ネット選挙運動解禁後の参議院選挙」

 

2013年7月21日の参議院選挙からネットによる選挙活動が解禁されました。私が見たその様子を記します。

 

ネット選挙活動解禁と言っても、特に何もない感じです。もっとネット上での政策論争があるのかなと思っていたのですが、ツイッターでは街頭演説のスケジュール位しか流れてきません。それが私のタイムラインを占領してうっとおしいです。論争をして万が一負けてしまう恐れを考えたら、政策論争をしない方向に流れるでしょう。あと、ユーチューブの広告に政党の広告が出て5秒間見せられるのがうっとおしいです。

 

私のここ数回(1,2年)の選挙の実感から言うと、ネットで意見を書く人(有権者)自体が少数派で、その中でも政治的な発言をする人はさらに少数派です。候補者は、例えば、ツイッターでフォローされていない人にまで政策を伝えるのはかなり困難です。だから結局「どぶ板」選挙になってしまうのでしょう。

 

肝心の選挙カーについてです。今回は参院選で選挙区が広いからなのか、(私が気がついていないだけかも知れませんが)自宅近辺に選挙カーは一台も来ませんでした。候補者達は、田舎の方にまで巡回するのは効率が悪いと合理的に考えたのでしょう。選挙期間前の方がうるさかったです。

 

ネットを使った選挙活動がやっと解禁になった事を「遅すぎる、一気に拡声器の使用を禁止するべき」とみるのか、何事も急激に変えるのは良くないので、静かな選挙に向けて一歩前進と見るのか、悩む所です。

 

次の市長選や市議会選がどうなるかが問題です。今後、まずは住宅地内だけでも良いので、拡声器の使用が罰則付きで禁止される事を願っています。

 

なお、私の所では、私が気付いていないだけかも知れませんが、投票日のお知らせと投票を呼び掛ける放送はありませんでした。

 

おわり

 

« 2013年7月28日 - 2013年8月3日 | トップページ | 2013年8月11日 - 2013年8月17日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ