2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »

2013年8月18日 - 2013年8月24日の2件の記事

2013年8月24日 (土)

「エスカレーター「手すりにつかまろう」」

「エスカレーター「手すりにつかまろう」」

 

毎日新聞(2013年8月16日、大阪本社版、11面)に「エスカレーター「手すりにつかまろう」」という記事が掲載されています。

 

JRと森ビルなどが行っている「エスカレーター「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーン」についての記事です。(各社のホームページに公式サイトがあるので検索して下さい。8月末まで行っているそうです。)

 

エスカレーターで立ち止まる人が片側により、反対側を歩行するのが習慣化していますが、これにより乗客同士が接触して転倒する事故が起きているそうです。エスカレーターは立ち止まって乗るものだそうです。私はこの事を最近知ったので驚いています。つい数年前まで、どちらか一方を急いでいる人のために空けるのがマナーだと思っていました。片側を開けておかないと、後ろから怒鳴られる恐れもある位です。

 

さて、ここからが本題です。この記事によると、<JR東日本は駅のエスカレーター付近にキャンペーンの共通ポスター1900枚を掲示。構内放送でも立ち止まって乗るよう呼び掛けている。>そうです。

 

確かに、この件についてはポスターを掲示しても、ほとんどの人は見ないでしょうから、転倒事故の被害の大きさから見ても構内放送をする必要性はかなり高いと思います。

 

ただ、ここではもう少し別の方法を考えてみたいと思います。

まずはビラやティッシュを配って、口頭で説明する方法です。記事には書かれていないだけで、この方法は既に行なっているのかも知れません。

 

次に、駅員がエスカレーターを見ておいて、歩いている乗客がいたら口頭で注意して回る方法です。いちいち手間がかかるという批判がありそうですが、今までの傾向からすると、ほとんどの乗客は構内放送を聞いていません。事故の被害の大きさからすると、エスカレーターを歩いている乗客を見付け次第いちいち言って聞かさないと事故は減らないと思います。

 

私は、この件については構内放送の必要性を否定しません。ただ、本当に事故を一件でも減らしたいのなら、駅員がエスカレーターを見張っておいて歩いている乗客を見付け次第注意して回る方法も並行して行って欲しいです。

 

おわり

 

2013年8月19日 (月)

「喜ばしい ネット選挙解禁」

「喜ばしい ネット選挙解禁」

 

毎日新聞(2013年4月26日、大阪本社版)の12面の「みんなの広場」(読者投稿欄)に「喜ばしい ネット選挙解禁」という記事が掲載されていたので紹介します。41歳の会社員の方の投稿です。

 

ネット選挙(インターネットを使った選挙活動)解禁を受けて、従来の選挙が時代にそぐわない、<選挙カーを走らせ、候補者の名前を連呼したところで、政治家としての実力とは何の関係もない。>とし、候補者の政策や政治信条を知るためにはネット選挙解禁は当然だとしています。

 

今の所(2013年5月)、選挙カーの使用を禁止する、という議論はほとんど出ていません。そうすると、次の選挙期間にはネット選挙を解禁したまま、外では選挙カーが走り回り拡声器騒音をばら撒くという事になりそうです。うるさいままで何も変わらない事になりそうです。

 

候補者達は内心では「うるさくして申し訳ない」と思っているが、選挙期間内には、選挙カーでの連呼しか許されていないので現行法では仕方が無かった、という反論がありそうです。しかし、選挙期間外にはビラ配りや演説会は禁止されておらず、静かな生活環境を侵害しない他の主張を伝達する方法があります。それにもかかわらず、選挙期間外でも政党関係者は拡声器を使って演説しています。ということは、政党関係者たちは「うるさくして申し訳ない」なんて思っていないという事だと思います。結局、騒ぎたい・目立ちたいだけの自己顕示欲の強い人が政党関係者・候補者には多いという事ではないのでしょうか。

 

おわり

 

« 2013年8月11日 - 2013年8月17日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ