2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »

2013年9月29日 - 2013年10月5日の1件の記事

2013年9月29日 (日)

「立憲民主主義と多数決主義的民主主義」

「立憲民主主義と多数決主義的民主主義」

 

2013年9月29日に行われる堺市長選挙が行われます。毎日新聞(2013年9月21日)の「堺市長選:共産、現職「自主的に支持」 宿敵・自民と共闘」によると、現職の竹山修身氏について、自民党は支持、民主党は推薦、共産党は自主的に支持するそうです。

この件について橋下徹氏が次のように書いているので、この件について書きます。

 

橋下徹氏のツイッター(2013年9月16日)より

https://twitter.com/t_ishin/status/379404026594344960

 

だいたい自民党と共産党がよく引っ付けるよね。いかに議員の世界が馴れ合いかってよく分かりますよね。当選したら、議員として皆仲間。共産党も、自民党にかみついているけど、茶番、茶番。今、本気で闘っているのは、維新の会だけですね。自民党と共産党が一緒に組むってブラックジョークにもならない

 

自民党と共産党が同じ候補者を応援しているのは変な感じがします。個々の政策(大阪都構想への賛否)もあるのでしょうが、私は、そこだけではなく、立憲民主主義と多数決主義的民主主義という民主主義の捉え方の違いによる対立だと見ています。

 

立憲民主主義とは、選挙により多数派の代表を選び、その後の審議討論の過程で少数派の人権にも配慮しながら政策を決めるものです(自民党、民主党、共産党)。なお、中央の自民党と大阪の自民党は違う感じです。

一方で、多数決主義的民主主義とは、多数派の代表である議員が少数派の人権に配慮せずに多数決で決めてしまうものです(維新の会)。

 

かなり大雑把な対比ですが、自民党・民主党・共産党と維新の会の対立をこの様に考えれば特に変な感じはしないと思います。

 

ちなみに、日本は憲法81条で違憲立法審査権(多数決で決めた法律でも(少数派・弱者の)人権を侵害するものは違憲・無効となる)を定めているので、立憲民主主義を採用しています。

 

最後に、橋下氏が共産党を批判するのは、いつも反対されるから嫌っているだけではなく、共産党(と朝日新聞)を批判するだけで「保守層」からの一定の支持が得られるという事もあると思います。

 

おわり

 

« 2013年9月22日 - 2013年9月28日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ