2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« メロディー道路、騒音苦情で撤去へ 北軽井沢、設置1年 | トップページ | 鈴木寛氏殴った大トラ女を送検 »

2014年1月 1日 (水)

エコキュート低周波音訴訟:隣家らと撤去で和解

毎日新聞HP(20131119日)より

http://mainichi.jp/area/gunma/news/20131119ddlk10040186000c.html

 

(引用始め)

 

エコキュート低周波音訴訟:隣家らと撤去で和解 原告に費用負担求めず /群馬

毎日新聞 20131119日 地方版

 

 隣家の「エコキュート」(ヒートポンプ式家庭用電気給湯器)の発する低周波音で健康被害を受けたとして、高崎市の男性(52)が、隣家住人、製造会社(伊勢崎市)、施工した住宅メーカー(大阪市)を相手取り起こした訴訟は18日、前橋地裁高崎支部(川口代志子裁判長)で和解が成立した。

 原告代理人のI弁護士によると、和解内容は(1)設置されたエコキュートを撤去する(2)同方式でない電気給湯器を設置する(3)原告に費用負担を求めない−−など。I弁護士は「エコキュートの撤去が認められたとことは、画期的な和解内容」と評価した。

 訴訟は、男性が2011年7月、製造会社と住宅メーカーを相手取り隣家に設置されたエコキュートの発する低周波音で不眠などの健康被害を受けたとして377万円の損害賠償を請求。さらに今年3月、隣家住人を相手取りエコキュート稼働の差し止めを求めた。

 エコキュートに関しては男性らの申し出により、消費者安全調査委員会(消費者事故調)が、低周波音を含んだ運転音・振動と症状発生の関連性などの調査を進めている。

 男性は「ほっとした。夜になると眠るのがつらい、怖いという状況だったが、それが取り払われることは大きい」と話した。被告の2社は「コメントを差し控える」としている。【増田勝彦】

 

(引用終わり)

 

エコキュートの低周波音による健康被害に基づくエコキュートの差し止めを求める民事訴訟で和解が成立したそうです。和解と言っても、ほとんど原告勝訴のようなものでしょう。Youtubeでエコキュートの低周波音の動画を観たのですが、「ブー」という音が鳴っているだけで低周波音というものがどのようなものかは分かりませんでした。隣家なので24時間音が鳴っているという事でしょう。想像するだけで「ゾッ」とします。訴訟が終わっても隣人なので、顔を合わさずに生活出来るものではないでしょう。住宅地に設置するもので騒音が出るようなものを売らないでほしいです。

 

« メロディー道路、騒音苦情で撤去へ 北軽井沢、設置1年 | トップページ | 鈴木寛氏殴った大トラ女を送検 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

近隣騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/54065673

この記事へのトラックバック一覧です: エコキュート低周波音訴訟:隣家らと撤去で和解:

« メロディー道路、騒音苦情で撤去へ 北軽井沢、設置1年 | トップページ | 鈴木寛氏殴った大トラ女を送検 »

ウェブページ

無料ブログはココログ