2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「トラックの警告音」 | トップページ | 「読売テレビten・大阪駅での拡声器を使った演奏」 »

2014年5月17日 (土)

「キルラキル第8話・決戦闘兵の放送」

「キルラキル第8話・決戦闘兵の放送」

 

テレビアニメ「キルラキル」(第8話、俺の涙は俺が拭く)において、屋外式の防災無線らしきものが描かれていたので、記録として書きます。

 

「壊惨総戦挙」(かいさんそうせんきょ)後の蟇郡苛(がまごうりいら)と纏流子(まといりゅうこ)が闘う「決選闘兵」(けっせんとうひょう)のお知らせを街中に設置した屋外式の防災無線らしきものを使って放送していました。

 

このアニメの設定は、東西冷戦の東側の様な感じですが、「選挙」があって、闘いに勝てば上のランクに行けるようになっています。政治や経済の制度と拡声器騒音・文化騒音は、どのような関係があるのでしょうか。表現の自由が保障されている国だと私人が拡声器を使うし、表現の自由が制限されているような国では国家が放送を強制的に国民に聴かせる傾向にありそうです。現在の日本は、私人が自由に拡声器を使って演説し、国家も防災無線で無意味な試験放送をするという、悪い所取りをしている感じです。

 

« 「トラックの警告音」 | トップページ | 「読売テレビten・大阪駅での拡声器を使った演奏」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/54194558

この記事へのトラックバック一覧です: 「キルラキル第8話・決戦闘兵の放送」:

« 「トラックの警告音」 | トップページ | 「読売テレビten・大阪駅での拡声器を使った演奏」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ