2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2014年2月2日 - 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月16日 - 2014年2月22日 »

2014年2月9日 - 2014年2月15日の2件の記事

2014年2月15日 (土)

「市民の声についての回答です(2014年2月)」

「市民の声についての回答です(2014年2月)」

 

灯油販売業者の拡声器騒音について、2014年2月12日に市から回答が来たので掲載します。

 

(引用始め)

 

市民の声にご意見をいただきありがとうございます。
いただきましたご意見につきまして、以下のとおり回答いたします。

件名「拡声器を使った灯油販売業者への行政処分請求」
(ご意見1)
拡声器を使った灯油販売業者への音量の計測および行政処分を求めます。
(回答:環境保全課)
平素は環境行政にご理解・ご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
これまで、拡声器にかかる問い合わせを、定期的に何度もいただいており、その都度、回答をさせていただいております。
今回のご意見についても、基本的には前回までのご意見と同じ内容であるため、当方の回答としては、前回までの回答と相違はございません。
また、今後、同じ内容のご意見をいただいたとしても、法・条例等の制度に変更が無い限り、市としての対応が変わることはございませんので、よろしくご理解いただきますようお願いいたします。

(ご意見2)
巡回する販売員は危険物取扱者の免許を持っているのでしょうか。全ての業者について検査を求めます。
(回答:消防本部予防課)
許可行政庁に免状の取得について照会しましたが、違反の事実はありません。また、本市においても確認検査を随時実施しております。

河内長野市 市長公室 広報広聴課 

 

(引用終わり)

 

何だかんだと理由を付けて結局市は音量を計測しないそうです。ちなみに市が言う「前回までの回答」を要約すると以下の通りです。行政処分の要件は「①音量の条例の基準値違反」かつ「②職員が生活環境を損なっていると判断する事」の2点(両方充足する事が必要)。市の職員が騒音発生の現場を見て生活環境を損なっていないと判断したから(②不充足)行政処分できないので、音量を計測しないという事です。この要件だと、いくら条例で定めた基準値を超える騒音を出していても、職員が生活環境を損なっていないと判断したら処分しない事になります。アホらしいと思いませんか?行政裁量で音量の計測をしようと思えば出来るのに、あえてしないという事です。条例(立法)もおかしいしいですが、それだけではなく条例の運用(行政)もおかし過ぎます。環境課の職員は何のために雇われているのでしょうか。

 

2014年2月12日 (水)

「探偵ファイル・隣人から苦情を言われました」

「探偵ファイル・隣人から苦情を言われました」

 

探偵ファイルの「隣人から苦情を言われました」シリーズへのリンクを貼ります。

 

①「隣人から騒音の苦情を言われました」

http://www.tanteifile1.com/diary/2012/06/21_01/

 

マンションでの近隣騒音の当事者(加害者・被害者両方)がヤフーの知恵袋を利用しているそうです。(孫引きですが)この記事によると、加害者は、<朝方まで大勢で騒いでいることは「学生だったら普通」、>と言い訳し、<隣人のことを「気持ち悪い」>と書いていたそうです。また、<騒音トラブルが警察沙汰になった時は、警察官が帰った後で隣の部屋の壁を蹴ったり隣人宅の玄関ドアの前で大声で怒鳴ったりしたことを得意気に書いている(その結果、隣人はマンションを出る羽目になったという)。>そうです。

 

②「隣人から騒音の苦情を言われました 2」

http://www.tanteifile1.com/diary/2012/06/26_02/

 

管理会社は、この件は当事者同士の問題で管理会社は関係がないと言い張ったそうです。

 

③「騒音の苦情問題 その結末とは」

http://www.tanteifile1.com/diary/2012/08/06_01/

 

その後、加害者はそのマンションから退去したらしく、加害者への取材は出来なかったそうです。

探偵ファイルによる近隣騒音への対処法は、①被害を受けた住民同士で協力、②全てを記録に取る事(会話を録音し、やり取りは書面)だそうです。

私の実体験によると、①の協力は建物の構造上出来ませんでしたが、②の記録がある事を知らせると管理人の態度が少しだけ変わったのを覚えています。例え解決しても近隣騒音は地獄です。

(なお、私は探偵ファイルの全ての記事に賛成している訳ではありません。)

« 2014年2月2日 - 2014年2月8日 | トップページ | 2014年2月16日 - 2014年2月22日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ