2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「雨宮処凛の闘争ダイアリー」 | トップページ | 日田市:防災・水防計画、見直し案を報告 /大分 »

2015年12月30日 (水)

「近隣騒音被害者の死刑執行(川崎3人刺殺)」

「近隣騒音被害者の死刑執行(川崎3人刺殺)」

 

毎日新聞の記事「裁判員裁判 死刑執行 川崎・3人刺殺 導入後初」(2015年12月18日、大阪本社版、夕刊、3版、1面)によると、12月18日に津田寿美年死刑囚(63)が死刑を執行されたそうです。この記事によると、津田死刑囚は<部屋のドアの開け閉めの音がうるさいなどと恨みを募らせ>同じアパートの住人(男性)とその妻と男性の兄(アパートの大家)を刺殺したそうです。一審横浜地裁(裁判員裁判)で死刑判決、その後弁護人は控訴したが、本人が取り下げで死刑が確定したそうです。

 

この記事だけでは全ての事は分かりませんが、近隣騒音の被害者が死刑を執行されたという事です。近隣騒音は誰もが被害者になり得ます。裁判員の人たちは、ドアの開け閉めの音に悩まされたことがないのでしょうか。この方がもっとお金を持っていて、防音設備の整ったマンションや大きな家に住んでいたら、このような事にはならなかったと思います。この事例の場合は、アパートの大家(管理人)が騒音加害者の側です。近隣騒音に悩まされたら、行政や弁護士会等に相談するくらいしかありません。明日は我が身です。

 

« 「雨宮処凛の闘争ダイアリー」 | トップページ | 日田市:防災・水防計画、見直し案を報告 /大分 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

死刑」カテゴリの記事

近隣騒音」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/63089810

この記事へのトラックバック一覧です: 「近隣騒音被害者の死刑執行(川崎3人刺殺)」:

« 「雨宮処凛の闘争ダイアリー」 | トップページ | 日田市:防災・水防計画、見直し案を報告 /大分 »

ウェブページ

無料ブログはココログ