2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 2015年9月6日 - 2015年9月12日 | トップページ | 2015年10月18日 - 2015年10月24日 »

2015年10月11日 - 2015年10月17日の1件の記事

2015年10月13日 (火)

発言:ネット選挙が地方に問うもの

毎日新聞HP(20130704日)より

http://mainichi.jp/opinion/news/20130704ddm004070013000c.html

 

(引用始め)

 

発言:ネット選挙が地方に問うもの=大西一史・熊本県議

毎日新聞 20130704日 東京朝刊

 

(略)選挙運動といえば選挙カーが街中を走り回り、子供たちがお昼寝でようやく寝静まった頃「子供たちの未来のために○○をよろしく」という絶叫で泣き出したとか、とかく迷惑だという意識が有権者にあるのかもしれない。「選挙カーの連呼とポスターでは誰に投票すればいいのかわからないから棄権する」という声も聞く。有権者の都合を考えない極めて一方通行的な運動が政治離れにもつながっているのではないか。(略)

 

 

(引用終わり)

 

「選挙カーでの大音量の連呼→無党派層の無関心・棄権→特定の支持母体がある候補者が当選→めでたし、めでたし」

候補者達は、こういう事を意図して大音量で連呼しているのでしょうか。

 

選挙カーの大音量の連呼に対して「迷惑」などという生易しい言葉を使うべきではありません。あれは生活を「妨害」しているのです。また、名前の連呼ではなく政策なら良い訳ではありません。何であろうと、うるさいものはうるさいのです。

 

この文章を書いた方も県議だそうなので、自分の選挙の時には恐らく拡声器を使っていたと思います。もしそうなら、自分さえ良ければそれで良いと言う事になります。

 

「誰に投票したら良いのか分からない」と言われても、新聞等に候補者の公約等が掲載されているので、そちらを読めば良いだけだと思います。

 

2013年7月の参議院選からネットによる選挙活動が解禁されましたが、どの政党も拡声器での連呼を止める気配は全くありません。アメリカ合衆国や西洋の国々では(街頭や住宅地での)選挙カーでの連呼なしに選挙を行っています。日本でも出来ない訳はありません。

 

« 2015年9月6日 - 2015年9月12日 | トップページ | 2015年10月18日 - 2015年10月24日 »

ウェブページ

無料ブログはココログ