2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

« 「失われた言葉をさがして 辺見庸 ある死刑囚との対話」 | トップページ | 「もんくもん5・みんなだんじり好きって思わんといて欲しい」 »

2016年2月11日 (木)

大分 防災無線一部で聞こえず

NHK(2012年7月6日)より

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120706/k10013400681000.html

 

(引用始め)

 

大分 防災無線一部で聞こえず

76 194

 

大雨で川があふれ、大きな被害が出た大分県日田市で、避難指示や避難勧告を伝える防災行政無線が、一部の地域では住民に聞こえていなかったことが、住民や日田市への取材で分かりました。

今月3日の大雨で、川からあふれた水に住宅1棟が流されるなどの被害が出た大分県日田市清水町の一部の地区について、日田市はこの日の朝から、屋外に設置した防災行政無線のスピーカーを通じて、住民に避難指示や避難勧告を出していました。
ところが、
この地区の複数の住民が「無線が聞こえなかった」と証言していることが、住民や日田市への取材で分かりました。
市によりますと、この地域の中には、防災行政無線のスピーカーがなく、最も近いものでも1キロほど離れていて、雨や増水した川の音で無線の内容が聞こえづらかった可能性があるということです。
住民の1人は
「『こちら日田市役所です』と話しているのは聞こえたが、それ以外は聞きづらかった」と証言し、この地域の自治会のS副会長は「無線の呼びかけが聞こえるよう、以前から市に改善を要望していた」と話しています。
市は防災行政無線の運用を見直すため、無線の内容が聞こえたかどうか住民から聞き取り調査を始めていて、当面、避難指示などを出す場合、地元の消防団が地域を回って住民に伝えることにしています。

 

(引用終わり)

 

2012年7月の大雨で、大分県日田市では屋外式の防災無線が役に立たなかったそうです。いつもの事です。特に田舎の方だと家と家の距離が離れている場合が多いので、屋外式の防災無線は役に立たない場合が多いでしょう。数億円もする屋外式の防災無線よりも、戸別式の防災無線を全家庭に配布した方が費用も安いでしょうし、情報伝達の効果もあるでしょう。なお、戸別式の防災無線は3千円台位からあり、手回しで充電できる物やラジオが付いているものもあります。

 

記事によると、自治会が市に改善するように要請していたのに、市は改善しなかったそうです。これは東日本大震災が起きた後にも改善しなかったという事です。市の職員は何をしていたのでしょうか。消防団が地域を回って避難指示を伝えるそうですが、時間がかかると思います。大分県日田市が住民の命を守る気があるのか疑問です。これはここの自治体だけの問題ではなく、日本中のどこの自治体でも大体この様な感じでしょう。

 

« 「失われた言葉をさがして 辺見庸 ある死刑囚との対話」 | トップページ | 「もんくもん5・みんなだんじり好きって思わんといて欲しい」 »

拡声器騒音・文化騒音」カテゴリの記事

防災行政無線放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1401223/50865361

この記事へのトラックバック一覧です: 大分 防災無線一部で聞こえず:

« 「失われた言葉をさがして 辺見庸 ある死刑囚との対話」 | トップページ | 「もんくもん5・みんなだんじり好きって思わんといて欲しい」 »

ウェブページ

無料ブログはココログ