2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

カテゴリー「芸能・アイドル」の3件の記事

2013年10月27日 (日)

SKE48松井珠理奈、体調不良は深刻…「大きな音を聴いたり、大きな話し声を聞くと気持ち悪くなってしまいます」

シネマ・トゥデイ(2012年4月2日)より

http://www.cinematoday.jp/page/N0040865

 

(引用始め)

 

SKE48松井珠理奈、体調不良は深刻「大きな音を聴いたり、大きな話し声を聞くと気持ち悪くなってしまいます」

 

2012年4月2日

[シネマトゥデイ映画ニュース] 先日AKB48との兼任が発表されたSKE48の松井珠理奈が331日ならびに41日の握手会を体調不良のため欠席したことが話題になっている。SKE48劇場の支配人・Yがツイッターで、「珠理奈の状態ですが、ゆっくり寝かせて頂いています。大きな音を聴いたり、大きな話し声を聞くと気持ち悪くなってしまいます」と報告したことも事態の深刻さをうかがわせている。(以下略)

 

(引用終わり)

 

AKB48の松井珠理奈さんは現在体調不良だそうです。劇場の支配人によると「大きな音を聴いたり、大きな話し声を聞くと気持ち悪くなってしまいます」との事です。この方に限らずこの社会には体調不良で休養を取っている人も当然います。それなのに住宅地に古紙回収や家電回収やバイク回収の業者が拡声器で条例の基準値を超えた音を出して巡回しているのです。(まあ、体調が悪くなくても、これらの音を強制的に聴かされたくありませんが。)それにもかかわらず、行政にいくら言っても取り締まる気配はありません。影響力の大きい松井珠理奈さんが拡声器騒音がうるさいと言うと社会は変わると思うのですが。あと、この方がAKB48の「アドトラック」の音を聴いたら気分が悪くなるはずです。

私はAKB48やこの方の事を全く知りません。調べてみると松井珠理奈(「じゅりな」と読むそうです。)さんは現在15歳だそうです。未成年者を体調不良になるまで働かせるとは・・・搾取しているという事です。

 

おわり

 

2011年11月22日 (火)

「 堀江由衣さんの夏の一問一答(2011年)」

 堀江由衣さんの夏の一問一答(2011年)」

 

堀江由衣さんのツイッター(2011年8月30日)より

http://twitter.com/#!/kuronekounion/status/108543839257624577

 

kuronekounion 黒ネコ同盟(堀江由衣&スタッフ)

ゆい:ばったりお祭りに遭遇ばったり憧れのあの人に遭遇ばったりバッタに遭遇(>_<)怖かった!RT @otyatwi @kuronekounion もうすぐ夏が終わりますが、ほっちゃんの今年の夏のプライベートでの一番印象に残っている思い出を教えて下さい。#夏の一問一答

 

2011年の夏(7月20日頃から8月31日まで)にツイッター上で行われていた「夏の一問一答」のものです。

「夏の一問一答」とは、夏休みの間だけ堀江由衣さんがツイッターでみんなの質問に答える企画です。

 

おわり

2011年5月 8日 (日)

岡村隆史(ナインティナイン)氏のピアノ騒音事件

「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)hp

http://www.allnightnippon.com/nainai/

 

1)ラジオ番組の「ナインティナインのオールナイトニッポン」(2010年12月23日および2011年5月5日放送分)において、ピアノの騒音について話されていました。

岡村隆史氏は最近引っ越しをしたらしいのですが、旧居にて、下の階(マンションのオーナーの娘が住んでいたそうです。)からのピアノの音に悩まされていたという話をしていました。

なお、そのマンションは、ピアノ禁止だそうですが、オーナーの娘という事で、なぜか特別に許されていたそうです。

そこは、オーナーまたは管理会社にピアノを止めさせるように言って良いと思うのですが。

岡村氏が入居時に下の階の人(オーナーの娘)に引越しの挨拶をしたときに、下の階の人に小さい子供がいるので、「騒音はお互いさまなので」という趣旨の事を言われたそうですが、岡村氏には子供がいないので、意味が分かりません。

岡村氏によると、芸能人は騒ぐものと思われているようです。

朝の8時くらいから練習が始まり、間違えるたびにダンダンと鍵盤をたたくので、そのたびに起こされたそうです。

岡村氏は、テレビ・ラジオ等の収録が深夜に及ぶ場合もあり、朝の8時に起こされるのは、かなりつらかったそうです。

岡村氏は過労により倒れ半年ほど休んでいましたが、ピアノ騒音によるストレスも関係があるのかもしれません。

岡村氏は他にもそのマンションの管理の酷さについて話していましたが、ここでは省略します。

 

2)また、「引越しラップ」と言う、“引越しおばさん”のリズムに合わせて座布団をたたきながら葉書を読むコーナーもあります。

この点については、下記の関連記事をご覧ください。

 

3)六本木ヒルズに住んでいるらしい矢部浩之氏の下の階の人は自宅にカラオケの部屋があるそうです。

矢部氏は、下の階の人に、「うるさかったら、すぐに言って下さい」と言われているそうです。

私は、六本木ヒルズとやらに行った事はありませんが、高級なマンションなのでしょう。

当然、防音対策もしっかりされているはずです。

そのような所でも近隣騒音問題は、起きているのでしょうか?

防音対策がしっかりされていると思われている所だからこそ大きな音を出しても良いと思い、近隣騒音問題は起こるのかも知れません。

 

おわり

 

関連記事

「騒音おばさんの真実」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-2212.html

 

ピアノ殺人事件

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-c59a.html

 

「ピアノ騒音・無言電話」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-894d.html 

ウェブページ

無料ブログはココログ