2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

カテゴリー「精神科医療・福祉・自殺」の34件の記事

2015年11月14日 (土)

「近代精神医学の成立 「鎖開放」からナチズムへ」

「近代精神医学の成立 「鎖開放」からナチズムへ」

 

「近代精神医学の成立 「鎖開放」からナチズムへ」(小俣和一郎、人文書院、2002年、2300円)を読んだので感想を書きます。

 

1)フランス革命後に行われた有名なピネルの精神病者の「鎖からの解放」について、ピネルが初めて解放した訳ではなく、鎖からの解放はあの時代には良く行われていた事だそうです。それなのにピネルだけが有名になった理由について、著者はフランスの高揚した先進国意識がピネル再評価の動きとなり突出して行ったと見ています(P48)。フランスが自国の先進性を他の国に示すためにピネルの解放を事後的に利用したという事です。

また、フランス革命後の自由・平等・博愛という精神から患者全員を解放したのかと思っていたのですが、違うようです。患者全員を解放したのではなく、解放しても良い患者(安全な狂気)と解放しない患者(危険な狂気)を識別し、解放しても良いと判断された少数の患者だけを解放しただけであり、残りの大多数の患者は繋がれたままだったそうです。

 

2)第6章において「日本の近代と精神医学」(P156からP174まで)について書かれています。明治維新における精神医学の近代化から優生学・731部隊までかなりコンパクトに圧縮されていて物足りない感じですが、本書のメインのテーマではないので仕方がありません。

 

3)精神医学が直線的に発展してきたのではなく、神経学や細菌学との関係、精神病院と大学精神科の対立、学会での派閥の優劣、戦争や政治など様々な事柄の影響を受けて複線的に発展してきたという事が良く分かります。世界史に詳しくない私からすると初めて見る人名等が出て来るので全体的にかなり読むのがつらかったです。向精神薬の副作用や患者の身体拘束など現在の精神医学の問題点については書かれていますが、それに対する解決法などは特に書かれていません。題名通り「近代精神医学の成立」について一通り知ることが出来る本です。

 

2014年12月11日 (木)

「オプティミストはなぜ成功するか」

「オプティミストはなぜ成功するか」

 

「オプティミストはなぜ成功するか」(マーティン・セリグマン、講談社文庫、1994年、629円)を読んだので感想を書きます。

 

1)例えば学校の生徒やスポーツ選手は、「悪い成績を取る→自分は駄目だと悲観的になる→さらに悪い成績になる」という悪循環になりがちです。不幸な出来事に遭遇した時の説明スタイルが「永続的、普遍的、個人的」な人は悲観主義であり、学校や仕事の成績が振るわなかったり、免疫が下がり病気になる確率が上がったり、選挙の結果にまで影響するそうです。本書の原題は「Learned Optimism」、つまり「学習された楽観主義」という意味です。これは悲観主義の人も学習(訓練)すれば楽観主義になれる事を意味します。本書では、具体例を用いて「困った状況」「思い込み」「結果」「反論」「元気づけ」を行う方法も示されています。ただし、この具体例がいかにもアメリカ的なものが多いので、日本社会に合う様に自分でアレンジしなければなりません。

 

2)楽観主義だから良い成績になるのではなく、良い成績だから楽観主義になるのではないか、という批判があり得ます。

この批判に対しては、著者は楽観主義が勝利を招くのであり逆ではないと答えています。その理由として野球チームのある年の楽観主義が翌年の勝利につながる、プレッシャーのかかった場面で威力を発揮する事を挙げています(P226)。

なお、著者は悲観主義が悪いと言っているのではなく、悲観主義者の長所も書いています(P358)。そして著者は無責任な楽観主義ではなく、もともと悲観主義の人が(訓練による)楽観主義を取り入れることによって、選択の幅が広がるという「柔軟な楽観主義」を提唱しています(P397)。

 

3)楽観主義の人が上手く行くのは、アメリカの文化圏の中だからなのかも知れません。著者は、アメリカの発想をそのまま日本に持ち込んでもうまくいくとは限らないと問題提起していますが(P280)、本書ではそれに対する明確な答えは書かれていません。

自分の失敗を他人のせいにしたりすると、日本ではかなり自己中心的な人物だと思われる可能性が高いでしょう。しかし、それも程度の問題だと思います。この本を読む人はどちらかというと悲観的で内罰的(エヴァンゲリオンの碇シンジを思い浮かべました。)過ぎる人でしょうから、内心で少しくらい他人(環境や相手)に責任を転嫁してもそれほどの害はないと思います。

 

4)仕方がないのかもしれませんが、翻訳なので英語独特の表現があり読みにくかったです。あと活字が小さいので読みにくかったです。

2014年9月 8日 (月)

「NHK・Eテレのバリバラ」

「NHK・Eテレのバリバラ」

 

NHK・Eテレの「バリバラ」という番組について思う所を書きます。

 

この番組は障害者のための情報を発信するものです。まずは、スタジオのセットが赤と白が基調で落ち着きません。また、出演者のテンションが高すぎて、観ていて「しんどい」です。

 

時々、障害者がお笑いのネタをする事があります。好みの差もあるのかもしれませんが、私から観たら半分位は面白くありません。障害のない芸人ならこのレベルならテレビに出演できないでしょう。特に面白くなくても障害者というだけの理由でテレビに出られるのだなあと思ってしまいます。また、面白くなくても演者が障害者なので「面白くない」と言いにくい雰囲気です。これこそが差別なのでしょう。

 

身体障害と精神障害と知的障害を同じ障害者でくくるのは無理があります。

 

障害者でも芸ができてテレビに出演できる人とできない人の差が出るという事です。世の中残酷です。

 

しんみりしがちな「障害者もの」の壁を破ろうと頑張っているのは分かりますが、何というか無理があって観ていて疲れます。

 

2012年4月 7日 (土)

精神医療センターの患者重傷:院長と看護部長、県が戒告処分 /新潟

毎日新聞HP(2012331日)より、新聞記事を保存します。

http://mainichi.jp/area/niigata/news/20120331ddlk15040013000c.html

 

(引用始め)

 

精神医療センターの患者重傷:院長と看護部長、県が戒告処分 /新潟

 

 県は30日、県立精神医療センター(長岡市)で入院患者が肋骨(ろっこつ)骨折などの重傷を負った問題で、職場の管理運営に問題があったとして和知学院長と女性看護部長を戒告処分にした。

 昨年7月、30代の男性入院患者が左右の肋骨など計10カ所の骨折や腹部の打撲などの重傷を負っていることが発覚。今月27日に第三者調査委員会が「看護師が関与した疑いがある」とした報告書を県病院局に提出した。

 県は処分理由を「入院患者の負傷につながるような組織風土を看過してきたことは、指導監督不適正であった」としている。

 調査委の調査では、患者を負傷させたのが誰かは不明。県は全容解明のためセンターを刑事告発することも検討している。【小林多美子】

毎日新聞 2012331日 地方版

 

(引用終わり)

 

また精神科の病院で患者に対する暴力事件が起きたようです。続報を待ちます。

このような事が起きないように「精神医療オンブズ制度」があったのですが、大阪府では橋下徹氏が知事の時に廃止しました。大阪府でもこのような事件が起きる(起きている)かもしれません。

 

おわり

 

2012年3月11日 (日)

精神障害理由の入店拒否で提訴 「憲法違反」と都内の男性

産経新聞社HP(2012年3月9日)より、新聞記事を保存します。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120309/trl12030914290007-n1.htm

 

(引用始め)

 

精神障害理由の入店拒否で提訴 「憲法違反」と都内の男性

2012.3.9 14:28

 

 精神障害を理由に入店を拒否したのは違憲、違法として、東京都国分寺市に住む統合失調症の男性(42)が9日、同市内でインターネットカフェを運営する会社と代表者に計200万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。男性の弁護士は、精神障害が理由の入店拒否で提訴するのは初めてのケースと説明している。

 訴状によると、男性は2010年1月に近所の店で会員登録。15回程度利用していたが、同年3月23日に店を出て帰宅後、精神 障害者保健福祉手帳がないことに気付き、店に電話で問い合わせた。手帳はその後、自分のかばんから見つかったが、翌日以降、入店を拒まれた。店側は「過去に別の障害者による無銭飲食があり、それ以来、障害者の利用は断っている」と説明したという。

 

(引用終わり)

 

この記事が事実なら、本人の努力ではどうする事も出来ない精神障害という属性によって入店を拒否した事になります。

憲法違反との事ですが、何条違反でしょうか。

私人間ですが、無銭飲食を防ぐという目的のために障害者全員の入店を拒否という手段は妥当ではなく、憲法14条1項(法の下の平等)に違反するということでしょうか。

この訴訟の続報を待ちます。

 

おわり

 

2011年12月18日 (日)

「月刊「創」(2011年11月号)の感想」

「月刊「創」(2011年11月号)の感想」

 

「月刊「創」(2011年11月号)」を読んだので簡単に感想を書きます。

 

1)P28より、原発報道について上杉隆氏が大本営発表と共通していると指摘。P30より、森達也氏は大本営発表の時は、記者は現地へ行けなかったが、今は行こうと思えば行けるのに行かない、という違いがあると指摘。

P31より、森達也氏「政府とメディアと東電が一体化して」と言われるが、メディアにそれほどの「意図や目的」がある訳ではない、だからこそ「危険」と指摘。

P32より、高田昌幸氏によるとメディアは原発の危険性を伝えなかったと言われているが、<1970~80年代、各地で原発反対運動がたくさん起きていたころはたくさん報道されています。>との事。ここは知りませんでした。

しかし原発が完成し稼働し反対運動が消えていくと、ニュースにならないのでマスコミは書かなくなったそうです。そうすると原発反対運動を担当する記者もいなくなり、反原発運動があっても担当記者がいないから書かない、という悪循環。

 

2)P55より、科学ジャーナリストの小出五郎氏によると、1950年代後半には、<原爆の被害がひどく、悲惨だったがゆえに、それを裏返しにすれば平和をもたらすパワーになるだろうというイメージが出て来ていた>そうです。

今では信じられませんが、経済的な復興という意味もあったのでしょうか?

そして、もっと信じられませんが、<一時期は広島の原爆資料館に「原子力平和利用」というコーナーがあった>そうです。

 

3)P68より、溝口敦氏によると、2011年7月にアメリカのオバマ大統領が「犯罪組織に対する金融制裁を科す大統領令」に署名し、日本のヤクザ(暴力団)等を制裁対象とし、これら取引きしてはならない、としたそうです。

これに海外進出を狙う吉本興業が反応し、島田紳助氏の事件につながったというのが溝口氏の見解だそうです。

 

4)P76より、佐高信氏が原子力ムラの学者達を「カネをもらって中立とはどういうことだろうか。」、「中立かどうかを自分で決めている」、「学問を利用してカネもうけをする学商」とバッサリと筆刀両断。

 

5)P90から、2011年2月25日の山陽自動車道で高速バスが横転した事件です。浅野健一氏によると、この事件は男子学生が急性の精神疾患で不安感から<運転手に「バスを降ろしてほしい」と何度も頼んだが聞き入れてもらえず、ハンドルを握ったところバスが横転した。>との事です。

これが事実なら、殺人未遂事件という報道とは全く違いますね。

鑑定のためという理由で、治療が必要なこの<学生は5カ月以上も放置された>そうです。

検察官は「心神喪失者等医療観察法」による入院治療の必要性の理由の一つとして<事件のことが大きく報道されており島民の多くが、被疑者の対象行為を知っていること>を挙げたそうです。

つまり、この学生を実家での通院治療を受けさせた場合、周囲から事件の噂が学生の耳に入るのが良くない、という意味のようです。

マスコミの不当な報道が強制入院の理由の一つとして使われているという事です。

審判では検察官がこの学生に「にやにやして笑うな」「反省が足りない」などと注意(叱責ですよね。)をしたそうです。検察官にこのような権限はあるのでしょうか?

逮捕時には(実名や顔写真等のプライバシーを含めた)記事を散々書き立てたのに、不起訴決定後には続報を書かない新聞。特に毎日新聞が酷いようです。

 

6)P98から、森達也氏の担当編集者が森達也氏について語っています。途中から森さんも参加です。単行本や雑誌の連載を読んでいると分かり難いのですが、いくつかの作品を並行して作っているのですね。

「A3」が「講談社ノンフィクション賞」を受賞した日に森さんのお父さんが亡くなられたそうです。お祝いの電話をした人も何と言ったら良いのか困ったでしょうね。

 

7)P110から、見沢知廉氏についての映画「天皇ごっこ」についての座談会です。

大浦信行監督「天皇に“ごっこ”をつけるなんて、・・・ある意味で天皇に対する侮辱ですよね。」

そう言えばそうですね。気付きませんでした。

P115より、鈴木邦男氏によると、見沢氏は三島賞について「今ここで勝負できなかったらダメだ。」「そうしないと僕は、ただの人殺しだ」とかなり焦っていた様子です。

そして、「精神安定剤がないといられない状態」(鈴木氏)になったそうです。

体調が良くなってから賞を目指せば良いと思うのですが、この辺りは凡人には理解できないのでしょうね。

 

8)P139より、雨宮処凛氏によると、反・脱原発デモにおいて、「(警察は)参加者がトイレや休憩のためにデモ隊から出ることを一切許さな」いそうです。動画等で見て私も気になっていました。デモへの参加や離脱は本来自由であり、このような権限は警察には無いはずです。

 

9)P146より、阿曽山大噴火氏の「バカ裁判傍聴記」です。今回は61歳で前科14犯の男性が缶コーヒーを盗んだという内容です。前科14犯ともなると被告人も慣れてくるのか、<適当な弁護人、激情的な検察官、そして慌てる裁判官。被告人が一番冷静>との事です。

 

読了。今月号は森達也さんが体調不良で連載お休みだそうですが、集会と討論会の記事があるので、森達也特集のようでした。

山陽自動車道の高速バス横転事件が一番印象に残りました。下記の関連記事もご覧ください。

月刊「創」発売中です。

 

おわり

 

(関連記事)

拙ブログ「保安病棟からの生還 ~人生を返せ~ 心神喪失等医療観察法病棟収容者は語る」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-1d57.html

 

拙ブログ「月刊「創」(2011年12月号)の感想」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-db2e.html

 

2011年11月29日 (火)

「刈り込む作業も必要」 阿久根市長が講演で持論

47news(2009年12月21日)より、記録として保存するために、全文を引用します。

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122101000895.html

 

(引用始め)

 

「刈り込む作業も必要」 阿久根市長が講演で持論

 

 障害者差別ともとれるブログの記載が反発を招いている鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が21日、福岡市内で講演し「活力ある社会をつくるため、生命の部分に踏み込まなきゃ駄目。表現として厳しいかもしれないが、刈り込む作業もしないと全体が失われる」と持論を展開した。

 市長は自身のブログに「高度医療が障害者を生き残らせている」などと書き込み、障害者団体などの抗議を受けて18日夕に削除した。

 講演会で市長は「障害者への差別だの何だのという視点は、実は分からない」と述べた上で「植物で考えると分かりやすい。わたしたちは葉っぱや枝のようなもの」と解説。「社会づくりは木を育てるようにしなきゃならない。枝の先が腐ってきたら切り落とさないかん」と強調した。

 市長はウクレレを弾き、自作の歌詞で替え歌も披露。市議会の反市長派議員に向けて「市長下ろしを考える 反対討論考える 次の選挙は忘れてる」と皮肉ったり、自分の立場を「裁判対策考える ああやんなっちゃった」と歌ってみせた。

2009/12/21 21:19 【共同通信】

 

(引用終わり)

 

Wikipediaより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E8%87%AA%E7%94%B1%E4%B8%BB%E7%BE%A9

 

新自由主義(ネオ・リベラリズム)とは、<市場原理主義経済思想に基づく、低福祉、低負担、自己責任を基本に小さな政府推進し、均衡財政・福祉・公共サービスなどの縮小、公営事業の民営化、経済の対外開放、規制緩和による競争促進、労働者保護廃止などの経済政策の体系。競争志向の合理的経済人の人間像、これらを正統化するための市場原理主義からなる、資本主義経済体制をいう。

 

簡単に言うと、新自由主義とは、お金儲けの競争に勝ち抜く人しか生きていてはいけないということです。

新自由主義の行きつく先は、病者や障害者の切り捨ての優生学・優生思想であり、ナチスドイツと同じなのです。

枝の先が腐ってきたら切り落とさないかん>とのことですが、これは、新自由主義の実践者・竹原信一氏の本音でしょう。

このような人物を落選させた阿久根市民の皆さんの民意の高さに敬意を表します。

それに対して、東京都民・大阪府(市)民は・・・

 

おわり

 

2011年11月28日 (月)

閉鎖病棟:入院中の31歳男逮捕、患者を絞殺容疑 横須賀

毎日新聞hp2011114日)より、保存用に新聞記事を引用します。

被疑者について、匿住所にします。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111104k0000e040048000c.html

 

(引用始め)

 

閉鎖病棟:入院中の31歳男逮捕、患者を絞殺容疑 横須賀

 

 心神喪失者医療観察法に基づき入院していた施設内で他の患者を絞殺したとして、神奈川県警浦賀署は4日、東京都墨田区○○○の無職の男(31)を殺人容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は3日午後1時20分ごろ、同県横須賀市野比5の国立病院機構「久里浜アルコール症センター」の閉鎖病棟で、東京都大田区○○○○の男性患者(56)の首を絞め殺害したとしている。

 同署によると、2人の間にトラブルは確認されていないという。この病棟は、重大事件の精神鑑定で責任能力を問えず不起訴処分になった場合、入院する専門病棟。患者のほとんどは個室の鍵をかけず、男性患者も施錠していなかった。

 男は千葉県内の病院の精神科に入院していた今年4月、別の入院患者を殺したとして、殺人容疑で逮捕、起訴された。しかし精神鑑定で統合失調症とされて不起訴処分となり、同法に基づく千葉地裁の決定で今月1日、久里浜アルコール症センターに移っていた。

 同センターは取材に対し「現段階で話すことはない」としている。【倉岡一樹】

毎日新聞 2011114日 1201分(最終更新 114日 1246分)

 

(引用終わり)

 

例えば、夜間は個室を施錠すれば予防出来るものなのでしょうか。

私には、どうしたら良いのか分かりません。

 

おわり

 

2011年7月10日 (日)

「精神障がい者は出ていってほしい」避難所の障がい者の現状

障がい者の働く場ニュース(2011527日)より

色を変えたのは引用者です。

http://www.hatarakuba-info.com/news_6XFLO4TCG.html

 

(引用始め)

 

「精神障がい者は出ていってほしい」避難所の障がい者の現状

2011527 15:00 

 

「精神障がい者は差別されている」

 

523日、内閣府の第32回障がい者制度改革推進会議で、東日本大震災の避難所での障がい者の現状について報告された。
障がい者の中でも、精神障がい者にとってはプライバシーのない過酷な避難所生活は耐えられないことであり、これが更に症状を悪化させ、
大声を上げたりして「避難所から精神障がい者は出ていってほしい」と差別されていることが報告された。
何百人といる避難所では、重度の知的障害のある男性が夜中に走り回ったり所構わず排泄をしたりするなどの行為が続き、「安心して寝られない」との不満が相次いだという。
見えない障害のため、周りから障害を持っていると気付かれにくいという点も状況を悪化させている。避難所で小さくなって孤立していく障がい者とその家族たちの苦悩が浮き彫りとなった。

 

「多くの避難所「障害者はいない」「特別な支援はいらない」」

 

実際、避難所には多数の障がい者がいるにもかかわらず、多くの避難所では、「障害者はいない」「特別な支援はいらない」と言うそうだ。
障害者といっても、避難所側が考える障がい者は、車椅子などを利用している重度の障がい者であることから、内部障害や難病、精神障害などを想定していない。このギャップが支援の遅れを招いている。
見えない障害という点では聴覚障がい者も苦労している。一部の報告では、
ある難聴者が補聴器のハウリング音がうるさいと言われ、終日避難所の外で時間を過ごし、寝るときだけ避難所に戻るという生活を送っているという。
また、避難所では食事時間や入浴時間などの重要な連絡がマイクを通して知らされるため聴覚に障害がある人には伝わらないという現状も報告されている。
日にちが経つほど各地の避難所では、一般の避難者はもとより障がい者の疲労の色が濃くなっている。

 

(引用終わり)

 
「第32回障がい者制度改革推進会議議事次第」

平成23523日(月)13:0017:00
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/k_32/index.html

 

障害者差別と文化騒音・拡声器騒音・近隣騒音が合わさった記事です。

避難所は、まさに日本社会の縮図です。

(一般的に)弱者と思われている被災者の中でも差別や排除があるのですね。

 

重度の知的障害のある男性が夜中に走り回ったり所構わず排泄をしたりするなどの行為が続>いた事に対して、他の避難者から<「安心して寝られない」との不満が相次いだ>そうですが、<不満>は出るでしょうね。

口先だけで差別や排除は良くないといくら言った所で、何の意味も無いのでしょう。

私には、どうしたら良いのか分かりません。

 

補聴器のハウリング音>は、生存のために最低限必要なものであり、もうどう仕様も無いと思うのですが、<うるさいと言われ>てしまうのですね。

強制的に排除されるのではなく、自主的(表向きの自由意思)により<終日避難所の外で時間を過ご>す(過ごさざるを得ない)所も注目を引きます。

 

避難所では食事時間や入浴時間などの重要な連絡がマイクを通して知らされる>そうですが、この辺りについては、各自治体の防災行政無線の濫用(時報のお知らせなど)が当てはまりそうですね。

聴覚に障害がある人>にも伝わるように、掲示板や回覧板などの文字情報で連絡すれば良いと思いのですが。

 

おわり
     

2011年6月18日 (土)

大阪知事部局職員、昨年4月以降6人自殺

読売online201139日)より

色変えは引用者です。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110309-OYT1T00494.htm?from=tw

 

(引用始め)

 

大阪知事部局職員、昨年4月以降6人自殺

 

 大阪府は8日の府議会総務委員会で、昨年4月からの1年間に知事部局職員6人が自殺していたことを明らかにした。

府企画厚生課は「自殺の理由を特定するのは難しいが、職員の健康管理対策に努めたい」としている。

 同課によると、知事部局職員(約8400人)の2005~09年度の自殺者は年1~2人で推移していたが、今年度になって6人に急増した。現段階で公務災害認定の請求は1件も出ていないという。

 同課では、職員向けの相談窓口や産業医、保健師らによる相談の充実を図るほか、ストレス解消法を解説した冊子を職員に配るなど、精神衛生対策にあたっているという。

2011391145 読売新聞)

 

(引用終わり)

 

大阪知事部局職員>の<自殺者は年1~2人で推移していたが、今年度になって6人に急増>したそうです。

単純に計算して3倍から6倍という事です。

府企画厚生課は「自殺の理由を特定するのは難しい・・・」としている。>そうですが、橋下徹大阪府知事の強権的な政策が関わっていると見て良いでしょう。

これは、組織のマネジメントが出来ていないという事であり、組織のトップとして能力が無いということです。

 

保健師らによる相談の充実を図るほか、ストレス解消法を解説した冊子を職員に配るなど>の対症療法では、ほとんど解決できないでしょう。

一番の<ストレス解消>は、根本の原因である橋下徹氏に大阪府知事を辞めてもらう事です。

 

ワン大阪とは、橋下徹氏のワンマン大阪という意味ですね。

自分とは考えの違う人の存在を認めない独裁者の発想です。

 

おわり

 

関連サイト

「大阪維新の会」hp

http://oneosaka.jp/

 

より以前の記事一覧

ウェブページ

無料ブログはココログ