2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

カテゴリー「警察の犯罪」の21件の記事

2011年10月15日 (土)

女性失禁後も聴取継続 四日市北署員、交通違反の検問で

中日新聞hp2011917日)より

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011091790102222.html

 

(引用始め)

 

女性失禁後も聴取継続 四日市北署員、交通違反の検問で

2011917 1039

 

 パトカー内で交通違反の事情聴取を受けていた三重県四日市市の女性(50)が「トイレに行きたい」と再三訴えたにもかかわらず、四日市北署員がトイレに行かせず、失禁後も聴取を続けていたことが分かった。

 女性や現場にいた友人によると、15日夕、四日市市山分町の交差点で、女性が一時停止をしなかったとして検問中だった署員2人が女性の車を止めてパトカーに同乗させ、聴取を始めた。

  数十分後から女性は「トイレに行きたい」と数回訴えたが、署員は「聴取が終わるまで待つように」などと取り合わず、聴取を継続。30分後に女性は失禁してしまったが、署員は「取りあえず調書を確認してください」「苦情は徹底的に受けるから」などと話し、50分近く断続的に聴取を続けたという。

 女性は、途中から事情聴取の様子をICレコーダーで録音していた。近くにはコンビニエンスストアもあり、女性は「どうして行かせてくれなかったのか理解できない」と話し「一生消えない心の傷を負った。謝ってほしい」と訴えている。

 同署の深田久司副署長は「細かいところまで知らないし、何とも言えない」と話している。

(中日新聞)

 

(引用終わり)

 

毎日新聞hp2011917日)より

http://mainichi.jp/select/today/news/20110917k0000e040063000c.html?inb=tw

 

三重県警:トイレの訴え拒み、聴取の女性がパト内で失禁

2011917 1253分 更新:917 1357

 

 三重県警四日市北署員がパトカー内で四日市市の女性(50)に事情聴取した際、トイレに行きたいと女性が訴えたのに行かせず、パトカー内で失禁していたことが同署への取材で17日分かった。失禁後も聴取を続けたといい、女性は謝罪を求めているという。

 同署によると、取り締まり中の署員が15日夕、同市山分町の交差点で一時停止を怠ったとして、女性の車を止めてパトカー内で聴取を始めた。女性は 一時停止の疑いを否認しつつ、数回「トイレに行きたい」と訴えたが、署員は「もうすぐ終わるので協力してほしい」と行かせなかった。パトカー内の聴取は約 1時間に及び、その間に女性は失禁したという。

 深田久司副署長は「配慮に欠けていた。署員から聞き取りをきちっとして対処したい」と話している。【加藤新市】

 

(引用終わり)

 

47news2011/09/17)より

http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091701000316.html

 

(引用始め)

 

トイレ行かせず交通違反聴取 三重県警、女性が失禁

 

 三重県警四日市北署のパトカー内で交通違反で事情聴取された四日市市の女性(50)が「トイレに行きたい」と訴えたにもかかわらず、署員が取り合わず、女性が車内で失禁していたことが17日、分かった。

 四日市北署の深田久司副署長は「聴取にかかった時間や経緯など、詳細は調査中」とコメントした。

 同署によると、15日午後4時ごろ、女性が同市山分町で乗用車を運転中、交差点で一時停止をしなかったとして、パトカーの車内で署員2人から事情聴取された。

 女性はその後「トイレに行きたい」と署員に数回訴えたが、聴取の書類を作成しているとして、行かせなかった。

2011/09/17 12:14   【共同通信】

 

(引用終わり)

 

余りに酷い事件なので、掲載します。

新聞記事を総合すると、50代の女性が交差点で一時停止をしなかったという疑いで50分近く調書を作成したそうです。

(調書作成に50分もかかるのでしょうか?)

コンビニが近くにあったそうです。

免許証を預かっておけば、逃げられる訳はないですよね。

また、警察署の副署長の発言が、新聞社によって違う所も気になります。

 

おわり

 

2011年10月14日 (金)

窃盗:高齢者の19万円、警ら中の巡査盗む 福岡

毎日新聞hp(20111012日)より

警察官といえども一応推定無罪の原則が及ぶので匿名とします。

http://mainichi.jp/select/today/news/20111012k0000e040008000c.html?inb=tw

 

(引用始め)

 

窃盗:高齢者の19万円、警ら中の巡査盗む 福岡

20111012 1017

 

 福岡県警は11日、警ら中に高齢女性から現金約19万円を盗んだとして、福岡・南署地域2課花畑交番の巡査、N容疑者(22)=福岡市○○○=を窃盗容疑で逮捕した。県警によると、N容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 容疑は8月31日午後5時15~45分ごろ、同市南区の無職女性(76)から現金約19万円を盗んだとしている。

 県警によると、N容疑者は同日、生活相談などでたびたび訪ねていた女性が銀行ATM(現金自動受払機)で現金を下ろすのに付き添い、「バイクで持って帰ってあげる」と、約59万円の入った買い物袋を預かった。

 女性が帰宅後確認すると、現金が減っていたため、民生委員を通じて同署に通報。N容疑者は当初否認していたが、今月11日に認め「盗んだ金はパチンコなど遊興費に使った」と供述したという。

 N容疑者は1月27日、「預金通帳を紛失した」との110番で女性宅に行ってから頻繁に訪ねていた。県警は余罪がないか慎重に調べている。

 県警の荒巻優二・首席監察官は「県民の信頼を裏切る行為であり、極めて重く受け止めている。事実関係を明らかにし、厳正に処分するとともに、再発防止に万全を尽くしたい」とコメントした。【木下武】

 

(引用終わり)

 

警察発表ですが、これが事実なら余りに酷すぎます。

110番通報の時から狙っていた可能性があります。

誰も信用できませんね。

 

おわり

 

2011年4月13日 (水)

沖縄県警:警察学校卒業試験、解答盗み全員で回覧 48人処分

毎日jp2011331日)より

http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20110331ddp041040023000c.html

 

(引用始め)

 

沖縄県警:警察学校卒業試験、解答盗み全員で回覧 48人処分

 沖縄県警は30日、警察学校の卒業試験の問題や模範解答を盗んだなどとして、学生だった23~29歳の巡査6人を停職や減給処分にしたと発表し た。当時の教官で試験問題を管理していた警部(41)も戒告処分。解答のコピーは当時の学生全員で回覧しており、6人を除く学生計41人も所属長注意処分 となった。

 県警によると、6人のうち3人が2月11日、教官室の警部の机の中にあった刑法や刑事訴訟法などの試験問題や模範解答を盗み見た。その後、別の3人が模範解答などを盗み校内でコピーしたとしている。6人は事実関係を認め「悪い点を取りたくなかった」と話しているという。

 処分の内訳は、模範解答を盗んでコピーした3人は停職3~1カ月で、窃盗容疑で沖縄区検へ書類送検。3人とも依願退職した。盗み見た3人は減給10分の1、6カ月。いずれも警察署に勤務しており、学校に再び入校させるか検討している。

 試験は2月17日にあり、6人とは別の学生1人の答案がほぼ模範解答通りだったため発覚。警察学校は6人を除いて再試験を実施したという。【井本義親】

毎日新聞 2011331日 西部朝刊

 

(引用終わり)

 

震災のどさくさに紛れて、あまり大きく報道されていませんが、このような事件がありました。

京都大学の不正入試の方は、偽計業務妨害罪で逮捕され、保護観察処分となりました。

また、大衆媒体等で非難され、十分すぎるくらいの社会的制裁を受けました。

(だからといって、不正入試の違法性が軽微だと言っている訳ではありません。)

警察学校の卒業試験>の方が京都大学の不正入試より悪質だと思うのですが、警察官の方は逮捕すらされていません。

バランスが悪すぎます。

警察は身内に甘いのです。

 

おわり

2011年1月24日 (月)

犯人隠微:スピード違反隠す 警官らを略式起訴--区検 /宮崎

毎日jp2011120日)より

http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20110120ddlk45040620000c.html

 

(引用始め)

 

犯人隠微:スピード違反隠す 警官らを略式起訴--区検 /宮崎

 宮崎区検は19日、高鍋署交通課の男性警部補(31)を犯人隠微罪で、元延岡署の男性警部補(56)を道交法違反罪でそれぞれ略式起訴した。

 起訴状によると、高鍋署の警部補は昨年4月25日午前10時ごろ、川南町平田の県道で、制限速度40キロを34キロオーバーで走行した元延岡署の 警部補を取り締まった際、警察官だと分かると「今回は指導警告にします」などと言って見逃したとしている。2人は懲戒処分を受け、延岡署の男性警部補は昨 年12月に依願退職している。

毎日新聞 2011120日 地方版

 

(引用終わり)

 

この事件は、この2人が黙っていたら発覚しないと思うのですが、なぜ表に出たのでしょうか。

また、<延岡署の男性警部補は昨 年12月に依願退職している。>とのことですが、警察の関連団体に再就職するのでしょうか。

 

おわり

日本の警察・犯罪捜査のオモテとウラ (ナガオカ文庫)

2011年1月20日 (木)

道警警部補が虚偽調書…聴取せず作成

読売jp2011119日)より

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20110119-OYT8T00653.htm

 

(引用始め)

 

道警警部補が虚偽調書聴取せず作成

 元北海道職員の男が障害の程度を偽装し、札幌市から介護給付費をだまし取ったとして逮捕された事件で、捜査を担当していた北海道警捜査2課の40 歳代の男性警部補が、事情聴取をしていない参考人の供述調書を作成していたことが19日、分かった。道警は警部補を虚偽公文書作成・同行使の疑いで札幌地 検に書類送検するとともに、懲戒処分にする。

 道警監察官室によると、警部補は障害偽装事件を担当し、介護給付費を支給するまでの審査の流れを捜査していた昨年10月下旬、実際には事情聴取を していないのに、介護給付費の申請受理業務を担当する市職員の供述調書を作成した疑い。男性警部補は、供述調書に職員の名前を書き入れて正規の調書である ように偽装していたという。

 昨年12月下旬、市職員が「聴取は受けていない」などと話し、虚偽調書作成が発覚した。別の捜査員が改めて参考人調書を作成したが、虚偽調書の内容に誤りはなく、同地検に証拠提出もされていなかったため、捜査に影響はないという。

 調べに対し、男性警部補は「市職員と会えず、時間に追われていた」などと供述し、容疑を認めているという。

2011119 読売新聞)

 

(引用終わり)

神戸大学院生リンチ殺人事件―警察はなぜ凶行を止めなかったのか

2011年1月19日 (水)

捜査費74万円で不倫デート、警視庁巡査部長

Yahooニュース(2010年12月17日)より

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101217-00001018-yom-soci

 

(引用始め)

 

捜査費74万円で不倫デート、警視庁巡査部長

読売新聞 1217()2245分配信

 捜査費74万円を不倫相手との飲食代に流用したなどとして、警視庁は17日、同庁公安2課巡査部長・M容疑者(48)を詐欺容疑などで東京地検に書類送検し、同日付で懲戒免職にした。

 当時の上司ら8人も同日付で減給処分などにした。

 発表によると、M容疑者は同課で過激派に関する情報収集などを担当していた2007年9月~09年11月、捜査協力者との飲食代などと偽り、21回にわたって計74万円の捜査費をだまし取るなどした疑い。

 M容疑者は「捜査協力者と頻繁に接触しているように見せかけたかった」などと容疑を認めているという。

 同庁は「警察への信頼を根底から覆す言語道断の行為」として、全部署に捜査費の使途のチェックを徹底するよう通達した。

最終更新:1217()2245

 

(引用終わり)

 

警視庁は、<「警察への信頼を根底から覆す言語道断の行為」>と述べていますが、誰も<警察への信頼>なんて持っていません。

そもそも、国家権力は信頼の対象ではありません。

権力を疑い、監視することが、立憲民主主義の基本なのです。

そして、そのために(立憲的意味での)憲法が在るのです。

 

おわり


2011年1月18日 (火)

住居侵入:警視庁の警部補逮捕 のぞき目的 千葉・船橋

毎日jp201116日)より

ただし、推定無罪の原則により、被疑者について匿名・匿住所とします。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110106k0000e040034000c.html

 

(引用始め)

 

住居侵入:警視庁の警部補逮捕 のぞき目的 千葉・船橋

 民家の敷地内に無断で立ち入ったとして、千葉県警船橋東署は6日、警視庁警備部警護課の警部補、A容疑者(47)=同県習志野市●●●=を住居侵入容疑で逮捕した。「風呂場をのぞこうと思った」と容疑を認めているという。

 関係者によると、A容疑者は自民党の石原伸晃幹事長のSP(要人警護官)を務めている。

 逮捕容疑は5日午後11時10分ごろ、船橋市の男性契約社員(63)方の敷地に無断侵入したとしている。

 同署によると、男性の家族が風呂場付近に立っていたA容疑者を発見。「何してるんだ」と声を出すと逃走した。近くにはA容疑者の自転車があり、数分後「何かありましたか」などと無関係を装って戻ったため取り押さえた。当時女性が入浴中だったという。【斎川瞳】

   

 警視庁の桜沢健一警務部参事官は「職員が逮捕されたことは誠に遺憾。千葉県警の捜査結果を待って、厳正に対処したい」とコメントした。

毎日新聞 201116日 1057

 

(引用終わり)

ポチの告白 [DVD]

2011年1月16日 (日)

警察官2人が不正精算=JICAから比派遣中

時事ドット・コム2011/01/07より

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011010700398

 

(引用始め)

 

警察官2人が不正精算=JICAから比派遣中

http://web-jp.ad-v.jp/adam/noscript?cat=jiji-press.soc&format=LRec

 国際協力機構(JICA)からフィリピン国家警察に派遣されていた警察庁の警視長と京都府警の警部が、活動経費2万8000円相当を不正に精算していたことが7日、警察庁などへの取材で分かった。
 同庁によると、昨年7~9月ごろ、同僚らとの私的な飲食費について、警視長は8000円相当、警部は2万円相当分を、フィリピン国家警察関係者との交際費として請求したという。
 警察庁は警視長を帰国させ、訓戒処分とした。京都府警も警部を本部長注意処分とし、近く帰国させる。(2011/01/07-12:44

 

(引用終わり)

 

「神奈川県警不正経理:531人を処分」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-ecf2.html

 

この記事では、警察官による公金の<私的流用>について、<もしあったら大問題です>と書きましたが、ほとんど<私的流用>と言えるような事件が起きてしまいました。

<私的な飲食費>を<フィリピン国家警察関係者との交際費として請求>しており、「欺いて財物を交付させた」と言えるので、詐欺罪(刑法246条1項)が成立するのではないでしょうか?

 

おわり

裏金―警察の犯罪

2011年1月15日 (土)

神奈川県警不正経理:531人を処分

毎日jp20101228日)より

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101228ddm041040127000c.html

 

(引用始め)

 

神奈川県警不正経理:531人を処分

 神奈川県警で総額約11億円以上の不正経理が発覚した問題で、県警は27日、幹部や当時の会計担当者だった513人を訓戒や注意とする処分を発表 した。また公安調査庁が前県警本部長の田端智明調査第1部長を減給5分の1(1カ月)の懲戒処分に、警察庁も当時の県警幹部ら12人を訓戒や注意とした。 県警は今後、県庁への出向者5人も帰任後に訓戒などとする方針。処分対象者は最終的に計531人に上る。警察の不正経理を巡っては、過去最大規模となっ た。

 県の調査では、03~08年度に会計担当者が取引業者に公金をプールする「預け」などの方法で経理操作を繰り返し、不正経理の総額は約11億 4000万円。私的流用はなかったとして、当時の担当者らについては懲戒処分ではない訓戒や注意にとどめた。一方で、田端前本部長は監督責任があるとして 懲戒の対象とされた。【吉住遊】

毎日新聞 20101228日 東京朝刊

 

(引用終わり)

 

1)<処分対象者>が<最終的に計531人>という<過去最大規模>の<警察の不正経理>が発覚したにもかかわらず、大衆媒体は余り追求しません。

年末年始の“どさくさ”に紛れてしまったのでしょうか?

<私的流用はなかった>としても(もしあったら大問題です)、<不正経理の総額は約11億 4000万円。>ですよ。

神奈川県の納税者の皆さん、皆さんの納めた(強制徴収された)税金が不正に使われているのですよ。

なぜ、怒らないのでしょう?

(怒っているのかもしれませんが、伝わってきません。)

そして、大衆媒体は、なぜ、もっと大きく扱わないのでしょう?

 

2)恐らくですが、虚偽公文書作成罪(刑法156条)等の犯罪が成立するような気がするのですが、どうなのでしょう。

 

おわり

検察調書があかす警察の犯罪

2011年1月14日 (金)

佐賀県警:人身交通事故1033件隠蔽 歴代部長が指示

毎日jp2011113日)より

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110114k0000m040093000c.html

 

(引用始め)

 

佐賀県警:人身交通事故1033件隠蔽 歴代部長が指示

 

 佐賀県警は13日、09年2月~10年6月の間に、県内で発生した人身交通事故件数を意図的に少なくしていたと発表した。09年に当時の交通部長 2人が相次いで各警察署に通達を出し、組織ぐるみで事故発生件数を隠蔽(いんぺい)。統計上1033件少なくしていた。県警は「当時、人身事故抑止策の効 果が上がっていなかったことから指示した」と説明している。

 県警によると、通達は09年2月14日~4月1日付で計3回出されており、現在から2代前の交通部長(09年3月退職)が2回、前部長(10年3月退職)が1回出していた。

 通達内容は「駐車場など道路外で起きた軽微な人身事故と、物損事故として取り扱った後に人身被害の届け出があった軽微な交通事故については、交通 事故の統計に人身事故として計上しない」とされ、文書の形で県内全10署に出されたという。この結果、人身事故件数は、09年は実際には8548件あった が7762件とされ、10年は1~6月に4147件発生したが3900件とされた。

 県警監察課と交通企画課の説明によると、「通達内容はおかしい」という声が交通部内ではくすぶっていたが、「交通部長が最終的には責任を持つこと だから」と是正の動きは起きなかったという。10年3月に前交通部長が定年退職したため、これを契機にやっと内部調査など是正への動きが始まった。

 実態については、6月8日に交通部から鈴木三男・県警本部長に報告された。発表がずれ込んだ理由を県警は「精査していた」としている。

 人身事故件数を少なく計上していた理由について、加茂賢治監察課長は「当時、県警では人身事故抑止に重点を置いていたが、効果が上がらず、人身事故件数を減らす方法として誤った判断をした」と断定。

 鈴木本部長は「交通統計に対する信頼を損ねたのは遺憾であり、おわび申し上げる。今後、再発防止に万全を期したい」とコメントを出した。

 今回の問題で、当時の県警本部長が警察庁長官注意、当時の県警交通企画課長が県警本部長注意を受けるなど、計6人が処分された。【田中韻】

毎日新聞 2011113日 2102分(最終更新 113日 2341分)

 

(引用終わり)

ポチの告白 [DVD]

ウェブページ

無料ブログはココログ