2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

カテゴリー「(PL教団)花火・騒音公害行為」の37件の記事

2016年7月 4日 (月)

「PL花火の中止要求(2016年)」

「PL花火の中止要求(2016年)」

 

以下の電子メールを送信したので掲載します。

 

(以下引用)

 

2016年7月3日

 

「教祖祭の花火の中止要求」

 

パーフェクトリバティ教団様

 

パーフェクトリバティ教団様は、今年も8月1日に教祖祭と称して花火を行い、近隣住民に騒音を浴びせかけるそうですね。それによって毎年私は生活を妨害され迷惑を被っています。私はここ何年も花火の中止を求める抗議のメールを送信しているのですが、一度もご返事を頂いておりません。今年こそは、ご返事を頂きたいと思っています。教祖祭の花火の中止を求めます。

 

以上

 

2015年7月16日 (木)

「PL花火中止の申し入れ(2015年、1回目)」

「PL花火中止の申し入れ(2015年、1回目)」

 

PL教団に以下の電子メールを送信しました。

 

(以下引用)

 

2015年7月5日

 

「PL花火中止の申し入れ(2015年、1回目)」

 

パーフェクト・リバティ教団様は2015年8月1日に「教祖祭」と称して花火を打ち上げ、周辺に騒音を撒き散らすそうですね。

 

ここ数年、私は花火の中止を求めて電子メールを送信していますが、一度もご返事を頂いたことがありません。貴ホームページに<ご意見・ご要望・ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。>と書かれていますが、これは問い合わせるだけでご回答は頂けないということでしょうか。

 

教祖祭の花火の中止を求めます。本件について、回答をお願いいたします。

 

以上

 

2014年7月 8日 (火)

「PL花火の騒音に反対(2014年7月、1回目)」

「PL花火の騒音に反対(2014年7月、1回目)」

 

2014年7月7日に、以下の電子メールを送信したので引用します。

 

(以下引用)

 

2014年7月7日

 

パーフェクト・リバティ教団様

 

「PL花火の騒音に反対(2014年7月、1回目)」

 

パーフェクト・リバティ教団様の公式サイトによると、PL教団様は、今年(2014年)も8月1日に教祖祭と称して花火を打ち上げるそうですね。

打ち上げ花火をすれば、当然騒音も出ます。

PL教団様は、当然騒音を計測されている事と思います。

昨年度の計測結果の公表を求めます。

 

私は数年前から何度もPL教団様に花火についてメールを送信していますが、一度もご返事を頂いておりません。

主催者として余りに不誠実です。

教祖祭の花火の騒音に抗議し、教祖祭の花火の中止を求めます。

本件について、2014年7月20日までにお答え下さい。

 

以上

 

2013年8月10日 (土)

「パーフェクト・リバティー教団の教祖祭(2013年)の報告」

「パーフェクト・リバティー教団の教祖祭(2013年)の報告」

 

2013年8月1日のパフェクト・リバティー教団の騒音花火について書きます。

 

19時55分頃から断続的に振動し、21時45分頃に大きな振動があって騒音公害が終わったようです。「音」というより地響きです。地響きはしましたが、窓がビリビリと震える事はありませんでした。何の根拠もありませんが、私のメールを読んで騒音対策をしているのかもしれません。近所の盆踊りなどの花火は事前に予告されないので急に大きな音を聴かされる事を考えると、近所の盆踊りなどの花火の方がうるさいかもしれません。

 

祭や花火の騒音には法令による規制はないので、行政は動けないはずです。法令による規制が無いのに行政が取り締まると、法律による行政や罪刑法定主義に反する可能性があります。現状では静かな生活よりも祭りや花火主催者の表現の自由の方が優先されています。

 

少なくともこの日本社会では多くの人と感性が違う少数派はただ生きて行くだけで精神的に消耗してしまい大変です。騒音単体だけでも腹が立つのに、この騒音を楽しんでいる人がいるという事がさらに私をイラつかせます。花火を見物している方々へ。あなた方が楽しんでいる陰で泣いている人がいるのです。せめて少数派を踏みつぶしているという認識くらいは持って下さい。パーフェクト・リバティー(PL)教団の花火の騒音に反対します。

 

なお、花火の騒音の件についてパーフェクト・リバティー教団に何度も(今年だけで3回)メールを送っていますが、一度も回答は来ていません。

 

おわり

 

2013年7月31日 (水)

「PL花火の中止の要請(2013年7月、3回目)」

「PL花火の中止の要請(2013年7月、3回目)」

 

以下の電子メールを送信したので掲載します。

 

(引用始め)

 

2013年7月26日

 

「PL花火の中止の要請(2013年7月、3回目)」

 

パーフェクト・リバティー教団様

 

パーフェクト・リバティー教団様が2013年8月1日に行われる「教組祭」は、近隣住民にとっては単なる騒音公害でしかありません。自分たちだけが良ければそれで良いのでしょうか。

 

貴教団ホームページに問い合わせの窓口(メールアドレス)があるので、私は本件について数年前から何度も何度もメールにより問い合わせていますが、未だに一度もご返事を頂いたことがありません。問い合わせに対して応える気が無いのでしょうか。それとも答えられない事情があるのでしょうか。宗教団体として、人としての誠実性を余りにも欠いています。

 

最後にもう一度、近隣住民の生活を妨害する騒音公害である「教組祭」に強く抗議し、中止を求めます。本件について、電子メールでの回答をお願いします。

 

以上

 

(引用終わり)

 

2013年7月15日 (月)

「PL花火の中止の要請(2013年7月、2回目)」

「PL花火の中止の要請(2013年7月、2回目)」

 

以下の電子メールを送信したので掲載します。

 

(引用始め)

 

2013年7月7日

 

「PL花火の中止の要請(2013年7月、2回目)」

 

パーフェクト・リバティー教団様

 

パーフェクト・リバティー教団様は、また今年(2013年8月1日)も「教組祭」と称し、大音量の花火を打ち上げるそうですね。打ち上げ地点から半径数十キロの範囲内は地響きで、騒音公害になっています。近隣住民の静かな生活環境について、いかがお考えでしょうか。

また、PL病院の入院患者は静かな生活環境を求めているはずです。病院の経営者のグループは、静かな生活環境の維持に努めるべきだと思いますが、いかがお考えでしょうか。

 

パーフェクト・リバティー教団様の公式サイトによると<平和への願いを込めたPL花火>との事ですが、物凄い騒音と光から「原爆花火」と呼ばれているのをご存知でしょうか。大音量の花火を打ち上げなくても「平和への願い」は込められます。この矛盾をいかがお考えでしょうか。

 

以上より、「芸術祭」の花火の中止を求めます。

 

本件について、数年前から何度も何度も電子メールを送信しているのに、一度も回答が無いのは不誠実過ぎます。お手数ですが、本件について、電子メールでの回答をお願い致します。

 

以上

 

(引用終わり)

 

2013年7月11日 (木)

「パーフェクト・リバティー教団の花火について(回答)」

「パーフェクト・リバティー教団の花火について(回答)」

 

2013年7月2日に富田林市から回答が来たので掲載します。

 

(引用始め)

 

標記の件につきまして、別紙のとおり回答致します。

 

(以下は、ファイルの内容)

 

日頃より、本市の環境行政にご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 さて、本市の騒音規制につきましては、「騒音規制法」、「大阪府生活環境の保全等に関する条例」に基づき実施しているところでございます。

規制の内容は、工場及び事業場における事業活動、その他、建設工事に伴い発生する騒音について定められているもので、花火による発生音に関するものではございません。

独自の騒音に関する規制条例、規制基準もなく、従いまして計測も実施しておりません。

以上、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

富田林市 産業環境部 みどり環境課

 

(引用終わり)

 

パーフェクト・リバティー教団の花火には法令による規制はないそうです。回答には書かれていませんが、あれだけ大掛かりなことをするのに、許可も必要ないという事でしょうか。なお、今の所、パーフェクト・リバティー教団からは一度も回答は来ていません。

 

おわり

 

2013年7月 6日 (土)

「PL花火・富田林市役所への不許可請求(2013年6月)」

「PL花火・富田林市役所への不許可請求(2013年6月)」

 

以下の電子メールを送信したので掲載します。

 

(引用始め)

 

2013年6月30日

 

パーフェクトリバティー教団の花火の不許可・許可の取り消し請求

 

富田林市長様

 

例年、8月1日にパーフェクトリバティー教団が「芸術祭」と称して花火を打ち上げ、騒音公害を引き起こしています。2013年にも「芸術祭」を行うそうです。

 

花火の現場から数十キロは離れている私の自宅近辺でも床が振動し、窓ガラスがビリビリと震えています。これはもう騒音というレベルの問題ではなく地響き・人工地震です。打ち上げる場所の周辺には病院や福祉施設など静かさが必要な施設等があります。これは私を含めた近隣住民の環境権(憲法13条、25条)や人格権を侵害すると私は解しています。富田林市ではデシベル数を計測しているのでしょうか。本件について、騒音公害という観点からの富田林市の見解(法令違反など)をお聞かせ下さい。

 

そして、パーフェクトリバティー教団の花火の不許可または許可の取り消しを求めます。

 

お手数ですが、本件について、電子メールでの回答をお願い致します。

 

以上

 

(引用終わり)

 

2013年6月 9日 (日)

「PL花火中止の申し入れ(2013年6月、1回目)」

「PL花火中止の申し入れ(2013年6月、1回目)」

 

以下のメールを送信したので掲載します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2013年6月7日

 

「PL花火中止の申し入れ」

 

パーフェクト・リバティー教団様

 

PL教団様は毎年8月1日に花火を行われます。今年も行われるのでしょう。例年、花火の打ち上げ地点から数十キロは離れている私の自宅近辺にまで床が振動し、窓がビリビリト震える位の騒音が響いて来て、生活が妨害されています。

 

地域には静かな環境を必要とする病院や福祉施設もあります。また、病気や障害や乳幼児等で静かな環境を必要とする人もいます。花火をしても結構ですが、どこか人のいない広い場所で行って下さい。その場所が用意できないのなら花火自体を中止して下さい。音量を規制する法令が無いからと言って、どれだけ大音量を出しても良いとはなりません。法的責任だけではなく社会的責任・倫理的責任があります。

 

昨年も同様のメールを送信しましたが、ご返事を頂いておりません。今年こそはご返事を頂きたいと思っています。PL花火の中止を求めます。中止しない場合には、その理由をご教示ください。ご返事は電子メールにてお願いします。

 

以上

 

2012年8月 7日 (火)

「PL花火(2012年8月1日)の報告」

「PL花火(2012年8月1日)の報告」

 

これだけ中止の要請をしているにもかかわらず、2012年8月1日にパーフェクト・リバティー教団が騒音公害の花火を強行しました。(今年だけで4回も中止要請のメールを送ったのですが、一度も回答はありませんでした。)

例年は床が振動し、窓ガラスが震えるのですが、今年はそれほど大きな音はしませんでした。窓を閉めていたので花火に気が付かなかったくらいです。最後の20時50分頃に雷のような大きな音を鳴らして終わりにしたようです。ツイッター等を見ていると、花火の音は大阪市内にまで響き渡っていたそうです。私の中止要請のメールによって、花火を発射する向きを変えたのかもしれません。理由はともかく、花火がそれほどうるさくなくて良かったです。

私のメールに回答をしないパーフェクト・リバティー教団は不誠実な団体です。そして、PL教団の花火を観覧していた人だけではなく、PL花火に反対しない人は全て私の敵です。

 

おわり

より以前の記事一覧

ウェブページ

無料ブログはココログ