2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

カテゴリー「近隣騒音」の86件の記事

2015年12月30日 (水)

「近隣騒音被害者の死刑執行(川崎3人刺殺)」

「近隣騒音被害者の死刑執行(川崎3人刺殺)」

 

毎日新聞の記事「裁判員裁判 死刑執行 川崎・3人刺殺 導入後初」(2015年12月18日、大阪本社版、夕刊、3版、1面)によると、12月18日に津田寿美年死刑囚(63)が死刑を執行されたそうです。この記事によると、津田死刑囚は<部屋のドアの開け閉めの音がうるさいなどと恨みを募らせ>同じアパートの住人(男性)とその妻と男性の兄(アパートの大家)を刺殺したそうです。一審横浜地裁(裁判員裁判)で死刑判決、その後弁護人は控訴したが、本人が取り下げで死刑が確定したそうです。

 

この記事だけでは全ての事は分かりませんが、近隣騒音の被害者が死刑を執行されたという事です。近隣騒音は誰もが被害者になり得ます。裁判員の人たちは、ドアの開け閉めの音に悩まされたことがないのでしょうか。この方がもっとお金を持っていて、防音設備の整ったマンションや大きな家に住んでいたら、このような事にはならなかったと思います。この事例の場合は、アパートの大家(管理人)が騒音加害者の側です。近隣騒音に悩まされたら、行政や弁護士会等に相談するくらいしかありません。明日は我が身です。

 

2014年11月19日 (水)

道の駅「幸せの鐘」鳴らせず

中国新聞HP(2012年4月18日)より

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201204180064.html

 

(引用始め)

 

道の駅「幸せの鐘」鳴らせず

 

三原市糸崎の道の駅「みはら神明の里」の「幸せの鐘」が、オープン翌日の3月25日から鳴らせなくなっている。地元住民から騒音の苦情が寄せられたため。指定管理者の道の駅みはらは「迷惑にならない範囲が難しい」と使用再開に向け、頭を悩ましている。

 鐘は市街地や瀬戸内海を見渡せる2階の展望デッキにあり、縦横約40センチの金属製。家族連れやカップルを呼び込む名所となるよう、施設を所有する市が設置した。

 ところがオープン初日、多くの来訪者が鐘を鳴らしたところ、住民や近くの病院の患者から「うるさい」との電話が道の駅に5件ほど寄せられたという。

 道の駅は、翌日から音が出ないように鐘の内部にビニールを巻き付け、25日夕から使用を見合わせた。道の駅みはらのA社長は「苦情が出たことについては結果的に配慮が足りなかった」と話す。

 現在、使用する時間帯と人数を制限する方向で検討中。A社長は「音量の感じ方は人それぞれ違うと思うので判断が難しい。来場者の増加が見込まれる大型連休前までに再開したい」としている。

 

(引用終わり)

 

「幸せの鐘」を近隣住民からの苦情で中止しているそうです。

拡声器を使っていませんが、生の音でもうるさい物はうるさいものです。病院の患者からの苦情は聞かない訳にも行かないでしょう。

この「幸せの鐘」は特に歴史や伝統がある訳ではなさそうです。名所にしたいのなら音の出ない他の方法もあるでしょう。管理して医者は再開を望んでいるようですが、近隣住民との共生のために「幸せの鐘」を廃止にした方が良いと思います。


 

2014年10月13日 (月)

隣家に騒音嫌がらせで男を逮捕 新宿

NHK(2012年11月30日)より

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121130/k10013872301000.html

 

(引用始め)

 

隣家に騒音嫌がらせで男を逮捕 新宿

1130 1649

 

ほうきで柵をたたいて騒音を出し、隣の住民に嫌がらせを続けたとして、東京・新宿区の自称アルバイトの男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、東京・新宿区○○○の自称アルバイト、A容疑者(40)です。
警視庁によりますと、A容疑者は、今月3日から8日にかけて、隣家との境にあるプラスチックの柵をほうきで激しくたたいて騒音を出し、隣の住民に嫌がらせを続けたとして、東京都の
迷惑防止条例違反の疑いが持たれています。
これまでの調べによりますと、監視カメラを設置して、住民が出入りするたびに騒音を出していて、警視庁が音を測定したところ、電車が高架を通過する際のレベルだったということです。
A容疑者は、隣の家が引っ越してきた10年ほど前から、車庫のシャッターを開け閉めする音に文句をつけて、住民の家に水や塩をまく嫌がらせを始め、その後、騒音を出し始めたということです。調べに対して、「騒音は起こしていない。玄関ドアの音だ」と述べて、容疑を否認しているということです。

 

(引用終わり)

 

近隣騒音が原因でもめごとが起こり、迷惑防止条例違反で逮捕された人がいるそうです。東京都の迷惑防止条例(全9条)の条文を見ても、この件が何条に該当するのかが分かりませんでした。なお、この条例の正式名称は「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」だそうです。本当はこの後どうなったのかが知りたいのですが、どうせ報道は無いのでしょう。

 

2014年8月 5日 (火)

「サッカー・ワールドカップの騒音」

「サッカー・ワールドカップの騒音」

 

2014年6月に行われたサッカー・ワールドカップの試合での近隣騒音被害について書きます。

 

お昼頃に近所の人達が集団で「ウォー」という奇声を発していたので何事かと思っていたら、その日は日本のチームの試合があったらしく、パブリック・ビューイングのようにして家族連れで観ているようでした。同程度の音量でも、子供達が「キャッ、キャ」と遊ぶ声は我慢できますが、中年男性のDQN風の野太い声は我慢が出来ません。

 

以前に住んでいた所でも、連日20時頃に近所の住人が「やった、やった」と叫んでいました。時期からいってプロ野球か何かの試合で点が入りそうになると叫んでいたのだと思います。しかし、ある日急に静かになりました。恐らく他の住人のどなたかが静かにするように言って下さったのでしょう。

 

選手とは何の関係もないのですが、スポーツファンと騒音の関係について。オリンピックやワールドカップなどのスポーツに全く興味の無い私から見たら、スポーツって、馬鹿が騒ぐだけのものという認識しかありません。スルーしようと思っても、近隣騒音という実害があるので、抗議せざるを得ません。今では濃い青色のTシャツを着た人を観ただけで嫌な思いがするようになっています。

 

どこか街中のスポーツバーでなら騒いでも文句を言いませんが、住宅地で私はこれを許容しません。一番大事なのは、どの段階で直接抗議しに行くかの問題です。ただ静かな生活を手に入れるだけでも大変です。精神的に疲弊します。

 

2014年7月 4日 (金)

「車うるさい」隣家に排せつ物投げ…女逮捕

日本テレビNEWS24(2014年7月1日)より

http://www.news24.jp/articles/2014/07/01/07254146.html

 

(引用始め)

 

「車うるさい」隣家に排せつ物投げ女逮捕

< 201471 12:09 >

 

東京・多摩市で、車の音がうるさいなどの理由から隣家の車などに排せつ物を投げつけたとして、53歳の女が逮捕された。

 東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、多摩市の無職・A容疑者(53)。警視庁によるとA容疑者は、去年12月から今年5月にかけて隣家の車などに自分の排せつ物を投げつけた疑いがもたれている。

  被害にあった住人からの相談で、警視庁が排せつ物をDNA鑑定したところ、A容疑者のものと一致したという。A容疑者はコップに排せつ物を入れ、塀越しに投げつけていたということで、警視庁の調べに、「車のドアの開け閉めの音などがストレスだった。10回くらい投げていると思う」などと話し、容疑を認めているという。

 

(引用終わり)

 

自動車のドアの開け閉めの音が原因で事件が起きたそうです。実際に自動車のドアの音で悩んでいる人は、どこに相談したら良いのでしょうか。近隣騒音として最寄りの役所で良いのでしょうか。

 

2014年5月 3日 (土)

騒音トラブルか、父娘切られ重軽傷 東京・多摩市

TBSニュース(2014年4月16日)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2176803.html

 

(引用始め)

 

騒音トラブルか、父娘切られ重軽傷 東京・多摩市

 

16日未明、東京・多摩市の団地で、52歳の父親と27歳の娘が隣の部屋に住む男から刃物で切りつけられ、重軽傷を負いました。警視庁は、騒音トラブルが原因とみて、捜査しています。

 16日午前4時半過ぎ、多摩市豊ヶ丘の団地で、近所に住む女性から『3人がトラブルになっていて、男の人が凶器を持っている』と110番通報がありまし た。警察官が駆け付けたところ、この団地の一室に住む52歳の父親と27歳の娘がけがをしているのを見つけました。いずれも病院に運ばれましたが、父親は刃物で顔を切られて重傷で、娘は手に軽いけがをしました。警視庁によりますと、親子は玄関を出たところで隣の部屋に住む男からいきなりカッターナイフのような刃物で切りつけられたということです。

 「女の人のすごい悲鳴で、ものすごい悲鳴がずっと続いた。血の海で階段の踊り場が真っ赤で人が倒れている」(近所の人)

 警視庁は、その場にいた67歳の男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。取り調べに対し、『うるさかったからやった』と供述しているということで、警視庁は、男の刑事責任能力について慎重に調べています。(1611:28

 

(引用終わり)

 

東京都多摩市の団地で、近隣騒音が原因の可能性のある事件が起きたそうです。

 

2014年3月21日 (金)

騒音トラブルで「復讐のため」“接着剤注入”女逮捕

テレビ朝日HP(2013年12月25日)より

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000018549.html

 

(引用始め)

 

騒音トラブルで「復讐のため」接着剤注入女逮捕(12/25 11:54)

 

東京・杉並区のマンションで火事があり、複数の部屋の鍵穴などに接着剤が塗られていた事件で、火元の部屋に住んでいた40歳の女が逮捕されました。
 A容疑者は18日深夜から19日未明の間、杉並区のマンション10階に住む男性オーナー(77)の部屋の鍵穴に接着剤を塗った疑いが持たれています。A容疑者はその後、自分の部屋に火をつけて重傷を負いましたが、警視庁によりますと、ほかにも合わせて8部屋で玄関のドアの隙間や鍵穴に接着剤が塗られていました。A容疑者は、騒音を巡るトラブルで、裁判所から19日までに立ち退くよう命令が出ていて、取り調べに対し、「復讐(ふくしゅう)のためにやった」と容疑を認めています。警視庁は、自宅に放火した目的など詳しい動機を調べています。

 

(引用終わり)

 

この記事によると、近隣騒音が原因の事件が起きたそうです。裁判所からの立ち退き命令が出たそうなので、騒音被害についてマンションの所有者が対処してくれたという事でしょう。

 

近隣騒音は、苦情を出しても無視されたり、神経質と言われたり、人間関係がややこしくなります。休息するべき自宅で休息出来ないのです。外出している時でも、今日も家に帰ったら音を聴かされるかもしれない、と思いながら生活しなければなりません。被害を受けた人にしか分からないかもしれませんが、近隣騒音は地獄です。

 

2014年2月22日 (土)

騒音に我慢できず…隣室に放火 無職男逮捕

日テレNEWS24(2014年2月11日)より

http://www.news24.jp/articles/2014/02/11/07245563.html

 

(引用始め)

 

騒音に我慢できず隣室に放火 無職男逮捕

< 2014211 16:10 >

 

 11日未明、福岡市博多区でアパートの一室を全焼する火事があり、警察は隣の部屋に住む男を放火の疑いで逮捕した。

 11日午前1時頃、博多区諸岡でアパートの2階の一室を全焼する火事があった。警察は目撃情報をもとに隣の部屋に住む男に話を聞いたところ、「自分が火をつけた」と認めたため、無職・A容疑者(48)を放火の疑いで逮捕した。

 警察の調べに対しA容疑者は、「日ごろの騒音に我慢できなかった。住人の男性が困るだろうと考えライターで火をつけた」と話しているという。

 

(引用終わり)

 

騒音が原因の事件が起きたそうです。近隣騒音でしょうか。

引用先の動画によると火元の下の階に住む人は「怒鳴り声がしたりとかは何回かあった。火事のあるお昼位にも一回ケンカがあって・・・」と証言しています。

当ブログのカテゴリー「近隣騒音」も御覧ください。

 

2014年2月12日 (水)

「探偵ファイル・隣人から苦情を言われました」

「探偵ファイル・隣人から苦情を言われました」

 

探偵ファイルの「隣人から苦情を言われました」シリーズへのリンクを貼ります。

 

①「隣人から騒音の苦情を言われました」

http://www.tanteifile1.com/diary/2012/06/21_01/

 

マンションでの近隣騒音の当事者(加害者・被害者両方)がヤフーの知恵袋を利用しているそうです。(孫引きですが)この記事によると、加害者は、<朝方まで大勢で騒いでいることは「学生だったら普通」、>と言い訳し、<隣人のことを「気持ち悪い」>と書いていたそうです。また、<騒音トラブルが警察沙汰になった時は、警察官が帰った後で隣の部屋の壁を蹴ったり隣人宅の玄関ドアの前で大声で怒鳴ったりしたことを得意気に書いている(その結果、隣人はマンションを出る羽目になったという)。>そうです。

 

②「隣人から騒音の苦情を言われました 2」

http://www.tanteifile1.com/diary/2012/06/26_02/

 

管理会社は、この件は当事者同士の問題で管理会社は関係がないと言い張ったそうです。

 

③「騒音の苦情問題 その結末とは」

http://www.tanteifile1.com/diary/2012/08/06_01/

 

その後、加害者はそのマンションから退去したらしく、加害者への取材は出来なかったそうです。

探偵ファイルによる近隣騒音への対処法は、①被害を受けた住民同士で協力、②全てを記録に取る事(会話を録音し、やり取りは書面)だそうです。

私の実体験によると、①の協力は建物の構造上出来ませんでしたが、②の記録がある事を知らせると管理人の態度が少しだけ変わったのを覚えています。例え解決しても近隣騒音は地獄です。

(なお、私は探偵ファイルの全ての記事に賛成している訳ではありません。)

2014年1月27日 (月)

殺人:足音に立腹、男性刺殺…階下の男を容疑で逮捕 広島

毎日新聞HP(20120609日)より

http://mainichi.jp/select/news/20120609k0000e040227000c.html

 

(引用始め)

 

殺人:足音に立腹、男性刺殺階下の男を容疑で逮捕 広島

毎日新聞 20120609日 1349

 

 広島県警広島南署は9日、同じアパートに住む男性を包丁で刺したとして、広島市○○○○、無職、A容疑者(69)を殺人未遂容疑で逮捕した。男性は搬送先の病院でまもなく死亡した。同署は容疑を殺人に切り替えて調べている。

 逮捕容疑は同日午前6時15分ごろ、アパート近くの路上で無職のBさん(70)の胸や背中など数カ所を刺したとしている。

 捜査関係者によると、A容疑者はBさんの部屋の下の階に住んでおり、「足音がうるさかった」などと供述しているという。【黄在龍】

 

(引用終わり)

 

この記事によると、どうやらまた近隣騒音が原因の殺人事件が起きたようです。

「足音」がうるさいという位では、アパートの管理会社や行政(警察も含む)は動かないでしょう。

東日本大震災や原発事故とは関係なく人は死んでいきます。

拙ブログの「近隣騒音」(カテゴリー)の記事もご覧下さい。

 

おわり

 

より以前の記事一覧

ウェブページ

無料ブログはココログ