2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

カテゴリー「大阪府・八尾空港」の9件の記事

2012年7月19日 (木)

「オスプレイ 本土も飛行」

「オスプレイ 本土も飛行」

 

毎日新聞(2012年6月19日、夕刊)の「オスプレイ 本土も飛行」という記事によると、アメリカ海兵隊は8月に配備予定の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイでの低空飛行訓練を計画しているそうです。

この記事によると、約150メートルの低高度になる可能性があるそうです。

いくつかのルートがあるのですが、その中の「オレンジルート」は四国から和歌山・大阪南部へのルートだそうです。

オスプレイが私の自宅近辺上空を低空飛行する可能性もあるという事です。

ここで思ったのですが、八尾空港のヘリコプター(恐らく自衛隊)が私の自宅近辺上空を定期的に低空飛行しているのはこれの下見ではないのかという事です。

何の証拠もありませんが、こう考えると上手く説明できるような気がします。

オスプレイは墜落事故が相次いでいるそうです。

ここには画像を掲載しませんが、オスプレイは見た感じからして墜落しそうです。

(自衛隊・民間機を含めて)八尾空港のヘリコプターも何度も墜落していますが、責任追及されたという報道を見たことがありません。「権力」に守られているとしか思えません。

 

おわり

2011年5月29日 (日)

朝日航空(大阪の八尾空港)が飛行機を不正改造!

まずは、産経jp2011.5.20より

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110520/crm11052018480025-n1.htm

 

(引用始め)

 

軽飛行機2機で不適切改造 朝日航空を厳重注意 大阪航空局

2011.5.20 18:46

 

 国土交通省大阪航空局は20日、軽飛行機2機で不適切な改造が確認されたとして、朝日航空(大阪府八尾市)を厳重注意し、再発防止策の報告を指示した。

 大阪航空局によると、1機は空中から地上に放送する際のテープレコーダーをMDプレーヤーに交換。もう1機は航空測量管理装置と位置姿勢計測装置の部品を性能の高いものに交換したのに、航空局の修理改造検査を受けていなかった。4月20日の立ち入り検査で発覚した。

 航空法の規定では、航空機を改造するなどした際は検査を受け、合格しなければならない。

 

(引用終わり)

 

次に、毎日jp2011521日)より

http://mainichi.jp/area/osaka/news/20110521ddlk27020437000c.html

 

(引用始め)

 

朝日航空:小型飛行機2機、検査受けず改造 国交省、厳重注意 /大阪

 

 国土交通省大阪航空局は20日、小型飛行機2機で付属機器を改造したのに航空法に基づく検査を受けなかったとして、朝日航空(八尾市)に厳重注意したと発表した。

 航空局によると、同社はセスナ社製の小型飛行機に配備している宣伝用拡声器や測量装置の部品を改造し、検査を受けないまま飛行させていた。朝日航空は「改造に当たるという認識がなかったので検査を受けなかった」と説明したという。【熊谷豪】

毎日新聞 2011521日 地方版

 

(引用終わり)

 

朝日航空hp

http://www.asahiair.com/

 

2011/5/20大阪航空局からの「厳重注意」について」

http://www.asahiair.com/topics/2011/05/post-15.html

 

1)まず、同じ行政処分についての記事でしょうが、産経新聞と毎日新聞では、かなり違います。

また、朝日新聞と読売新聞のhpで検索しましたが、出てきませんでした。

 

2)大阪府にある八尾空港の<朝日航空>は、<同社はセスナ社製の小型飛行機に配備している宣伝用拡声器や測量装置の部品を改造し、検査を受けないまま飛行させていた。>そうです。

この点について、<空中から地上に放送する際のテープレコーダーをMDプレーヤーに交換>したり、<航空測量管理装置と位置姿勢計測装置の部品を性能の高いものに交換した>くらいでいちいち検査を受けなければならないのは厳しすぎる、という反論がありそうです。

しかし、航空機は墜落した場合の被害が大きいので、厳しくしているのではないのでしょうか。

 

3)<国土交通省大阪航空局は・・・朝日航空(八尾市)に厳重注意した>との事ですが、甘すぎます。

世論の“厳罰化”の要請に応えて、営業停止や免許取り消しにすべきです。

これに対して、<朝日航空は「改造に当たるという認識がなかったので検査を受けなかった」>と言い訳しているそうですが、これは遵法意識が無いという事です。

実際に部品を付け替えている(事実の認識がある)ので検査が必要な<改造に当たる>かもしれないと思う事は出来たはずです。

少しでも違法の疑いがあれば、国土交通省に問い合わせれば良いのです。

 

4)ここ数年、八尾空港の飛行機の墜落事故が多いと思いませんか。

拙ブログのカテゴリーの「八尾空港」を御覧下さい。

墜落や事故で、死者が出なかったのは偶然にすぎません。

また、墜落事故を起こしても、余り責任追及がなされません。

(八尾空港には、自衛隊や警察の飛行機・ヘリコプターがあるので、大衆媒体に情報を出さないようにしているのかな、と疑ってしまいます。)

 

5)基準を満たした(であろう)飛行機でも墜落が多いのに、違法な飛行機が大阪府近辺の上空を飛んでいたという事です。

明日には、皆さんの自宅に飛行機・ヘリコプターが墜落するかもしれません。

 

おわり

 

関連記事

「八尾空港・セスナやヘリコプターの低空飛行による騒音」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-c781.html

 

「ゴルフの石川遼選手」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-c6a2.html


2011年3月 8日 (火)

ゴルフの石川遼選手

Wikipediaより

ゴルフの石川遼選手について

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E9%81%BC

 

2007年関東アマチュアゴルフ選手権にて、TBSが石川に取材を試みようとし、同伴競技者に小型マイクを装着する依頼を行った。しかし、依頼は通らず、選手は大会主催者に報告をした。また、同日にTBSのヘリコプターを大会中に飛ばし、プレイを妨げる事件が起きた。この迷惑行為により、TBS関東ゴルフ連盟に謝罪を行い、同日午前放送の番組で陳謝した[10]

 

石川目当てのギャラリーによる迷惑行為は数多く起きており、シャッター音などでプレーの妨げになるなど、ギャラリーのマナーを問う声がある。

 

1)私は、石川遼氏についてほとんど知りません。

多分、ゴルフが上手な方なのでしょう。

 

2)私も<ヘリコプター>によって日常生活が妨げられていますが、<この迷惑行為>に対する<陳謝>など一切ありません。

それどころか、勝手に私の自宅の電話番号を調べて電話をかけてきた八尾空港の人間は、名前も名乗らず、「法律に違反してないのに何が駄目なんですか!」と開き直っています。


 

3)当選・商売<目当ての>立候補予定者・家電回収業者<による迷惑行為は数多く起きており、>拡声器騒<音などで>日常生活<の妨げになるなど、>立候補予定者・家電回収業者<のマナーを問う声がある。

 

おわり

2011年2月12日 (土)

<静寂を破る>拡声器騒音

毎日jp201125日)より、一部引用します。

http://mainichi.jp/select/world/news/20110205k0000m030155000c.html

 

(引用始め)

 

エジプト:「追放の金曜」デモ各地に拡大 首都は軍厳戒

 

 「人々は自由のために、ここに集まった。政府は国民の声を聞くべきだ」。礼拝が始まり、イスラム教の宗教指導者が説教を始めると、広場は巨大なモ スク(礼拝所)と化した。人々は聖地メッカ(サウジアラビア)の方角を向き整然と並んで、ただ祈る。感極まり、おえつする男性も。静寂を破るのは、スピー カーから流れる聖典コーランの引用と、上空を旋回する軍ヘリコプターの爆音だけだ。

毎日新聞 201125日 117分(最終更新 25日 215分)

 

(引用終わり)

 

エジプトのデモについては、ここでは触れません。

私が言いたいのは、<静寂を破るのは、スピー カーから流れる聖典コーラン の引用と、上空を旋回する軍ヘリコプターの爆音だけだ。>という表現についてです。

私の自宅はかなりの田舎にあるので、<静寂を破るのは、スピー カーから流れる>廃品回収・家電回収業者の拡声器騒音と、<上空を旋回する>(恐らく八尾空港の)<ヘリコプターの爆音だけだ。>となるのですが、この<だけ>でも十分うるさいのです。

エジプトの場合は、その<広場>には、デモの参加者しか居ないでしょうし、恐らく、その<広場>の近くに民家も無いのでしょう。

一方、日本では、住宅地の中を拡声器を使った業者が巡回しているのです。

 

おわり

2011年1月13日 (木)

ヘリコプターの騒音(2011年1月13日)

毎日新聞・仲畑流万能川柳(2010年11月16日)より

 

<上向きに 音出せんかね ヘリコプター> 水戸 TE

 

Youtubeより、「自衛隊ヘリコプター」

http://www.youtube.com/watch?v=4sAgiVVgh9c&NR=1

 

Youtubeより、「集団ストーカー 超低空ヘリコプター 何をしたいの?」

http://www.youtube.com/watch?v=xtDFFGu90ew&NR=1

 

本日(2011年1月13日)、朝から「パラパラ」というヘリコプターの轟音が鳴り響いています。

恐らく、八尾空港から飛んできているのでしょう。

なぜかは分かりませんが、私の自宅の上空が、ヘリコプターの通り道になっている様なのです。

真っ黒なヘリコプターなので自衛隊のヘリコプターだと聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか。

月に一度ほど訓練の日があるようで、見ていると、私の自宅の上空何百メートル四方を何往復もしているのです。

何かの訓練でしょうか?

それなら、民家の無い所で行えば良いでしょう。

なぜ、わざわざ私の自宅の上空で行うのでしょう?

墜落したらどうするのでしょう。

あのような鉄の塊が墜落しない方がおかしいのです。

航空法等の法令による制限は無いのでしょうか?

 

おわり

2011年1月11日 (火)

八尾空港・セスナやヘリコプターの低空飛行による騒音

「八尾空港・セスナやヘリコプターの低空飛行による騒音」

1)あまり電車に乗らないというのもあるのかもしれませんが、私は、駅・電車・エスカレータの注意放送について、それほど、気になりなせん。

エスカレータの注意放送については、無意味だとは思いますが、聴かされる時間が限られているので、抗議しようとも思いません。
電車の放送では、過剰な放送は止めるべきだと思いますが、次に止まる駅名ぐらいは言ってほしいと思っています。
このあたりは、私も平均的な日本人なのでしょうか。
ただし、大阪のJr環状線の発車時のベルは、必要無いと思います。

2)セスナやヘリコプターの低空飛行による騒音については、非常に腹が立ちます。
大阪府八尾市には、なぜか街のど真ん中に八尾空港という民間の飛行場があり、ここから大阪府全域にセスナやヘリコプターが飛んでいくようです。
特に八尾市内、東大阪市内では、ほとんど一日中、セスナやヘリコプターが、
低空飛行により騒音をまき散らしています。
もう少し高いところを飛べば、音が小さくなると思うのですが、なぜ低空飛行するのでしょうか。

それだけでもうるさいのに、さらに、セスナ機から、肉屋や家具屋などの商業用の放送、国民年金の払い込み等の公的な放送をしているのです。

既に国民年金を支払っている人には、この放送は、無意味です。
支払っていない人は、こんな放送を聴いたぐらいでは、支払わないでしょう。
よって、この放送は、無意味です。

2002年から2003年にかけて、大阪府、八尾市、に抗議しても、全く相手にされませんでした。
八尾警察署では、「アホか、お前キチガイやろ」と暴言をはかれてしまいました。
この件について、法務省、弁護士会の人権救済申し立て、大阪府警の監察室に抗議しましたが、すべて棄却されました。

肉屋と家具屋に抗議し、書面による回答を求めたのですが、肉屋と家具屋が、八尾空港の航空会社に文句を言ったらしく、顧客から苦情が来た八尾空港の航空会社は、どこからか勝手に私の自宅の電話番号を調べ、電話で、条例に基いて放送してるのに何でアンタに文句言われなアカンのだ、文句があるなら、大阪府に言え、などとボロクソに言われました。

私は、そもそも条例の内容自体や、その運用に問題があると思うのですが、
仮に、条例に違反しないとしても、企業には社会的責任があるのです。
これらの公害企業は、社会的責任いついて、どのように考えているのでしょうか。

また、はっきり関係あるとは言い切れませんが、自宅の前に黒塗りの外車
が止まっていて、ガラの悪い、どう見ても暴力団にしか見えない人に、じろじろと見られたこともありました。

他の人はどのように思っているのかと思って、インターネットで検索しても、八尾空港の騒音に反対しているサイトは、見つからないのです。
それどころか、八尾空港の騒音は、ほとんど無いと書かれています。
知人に聞いてみても、なんとも思わないそうです。
この騒音になんとも思わない人っていったい何なのでしょう。

3)当時、私は、中島義道さんの「うるさい日本の私」などの本の存在を全く知らなかったので、独りで泣き叫び、怒り狂っていました。
おそらく、日本中どこに行っても同じような感じなのでしょう。
もうすぐ参議院選があるそうです。
もう既に毎朝のように、岡部まり、岡部まり、と連呼する選挙カーがきています。
ただ静かに暮らしたい。
何か得別なことを求めているのではないのです。
何もしなかったら良いだけのことなのです。
なぜ、これくらいの願いが、叶えられないのでしょうか。
私は、もうこの日本では生きていくことができません。
どうすれば良いのか、途方に暮れています。

おわり

2010年11月27日 (土)

八尾空港・陸自ヘリ、駐屯地内で墜落

朝日com(2010年10月3日)より

http://www.asahi.com/national/update/1003/TKY201010030053.html

 

(引用始め)


 

試験飛行中の陸自ヘリ、駐屯地内で墜落 4人負傷 大阪

 

2010103125

 

3日午前8時45分ごろ、大阪府八尾市の陸上自衛隊八尾駐屯地で、陸自中部方面航空隊のヘリコプターが離陸直後に墜落した。同市消防本部などによると、乗っていた男性隊員4人が重軽傷を負った。ローター(回転翼)の部品の一部(長さ約40センチ、幅約4センチ、重さ約3.2キロ)が約500メートル離れた公園に飛散した。けが人はなかった。陸自は事故調査委員会を設け、原因を調べている。


 同駐屯地の発表などによると、けがをしたのは機長の2等陸尉(30)と副操縦士の3等陸尉(28)、31歳と25歳で整備員の3等陸曹。3等陸尉が頭に重傷を負い、残り3人は打撲などの軽傷という。


 墜落したのは、人員・物資の輸送や山林火災での消火活動などで使われるUH―1H型機(13人乗り)。50時間飛行した際の定期整備を終え、試験飛行中だった。9月29日から整備に入っていた。


 この日は午前8時半ごろにエンジンを始動し、同40分ごろに格納庫前で試験飛行を始めた。低空状態で西に約200メートル飛行し、高さ数メートルでホバリング(空中静止)しているときに墜落したという。


 同駐屯地の説明では、飛行前の整備の際に、異常は見つからなかった。


 同駐屯地は八尾空港に隣接し、周囲に住宅地などが広がる。ローターの部品が飛んだのは、子ども向けの遊具がある西弓削公園(同市西弓削1丁目)。昼前、住民から「部品のようなものがある」と連絡があったという。当時、公園に人がいたかどうかは不明という。小さな金具2本も50メートル西の畑で見つかった。


 現場の約100メートル西の田んぼにいたAさん(74)は、「機体がバランスを失って何度か回転したように見えた。その直後、前方の部分から地面に落ちていった。ドーンという音と同時に、黒っぽい部品のようなものがこちらのほうに飛んできて怖かった」と話した。

(引用終わり)

八尾空港・小型ヘリ、線路に墜落

http://www.47news.jp/CN/200710/CN2007102701000417.html

 

 

小型ヘリ、線路に墜落 1人死亡、1人意識不明


 

 27日午後3時10分ごろ、堺市堺区の南海高野線浅香山駅北約500メートルの南海電鉄の線路に、大阪航空(大阪府八尾市)の小型ヘリコプターが墜落した。大阪府警によると、1人の死亡を確認。1人が意識不明のもようで府内の病院に搬送中。


 大阪航空によると、ヘリは神戸市在住の客を乗せ、奈良県在住の社員が操縦していたといい、確認を急いでいる。


 ヘリコプターは八尾空港を出発し、戻る途中で連絡が途絶えた。デモフライト中だったという。

 南海高野線は上下線で運転を見合わせている。

2007/10/27 16:57 【共同通信】

 

八尾空港・国道170号に軽飛行機が墜落

47news(2008年8月20日)より、八尾空港の墜落事故を記録のために引用します。

http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008082001000733.html

 

(引用始め)

国道の不時着選択は「最悪」 大阪の軽飛行機墜落事故で

 大阪府八尾市の国道170号に軽飛行機が墜落10した事故で、不時着を目指した操縦士の対応について、専門家からは「本来なら国道は最悪の選択」と疑問視する見方が出ている。都市部にみられる市街地に隣接する空港の危うさを示した形だ。

 事故は19日午前10時10分ごろ発生。軽飛行機は電線や会社の看板に次々と接触し、主翼や尾部を大破した。府警幹部は、搭乗の2人が軽傷で済んだのは奇跡で「操縦士の腕が良かったからではないか」としている。

 一方、元全日空機長で航空評論家の前根明さんは「不時着の際、民家の密集地や交通量の多い場所を避けるのは常識。道路は最悪の選択で、死者が出なかったのはたまたま」と強調する。

 墜落現場は八尾空港の東約700メートル。空港の周囲は敷地ぎりぎりまで民家や学校、工場などが迫り、道路の通行量も多い。前根さんは「八尾空港は航空環境として追い詰められている。航空各社が集まって緊急時の対応を見直すべきだ」と話す。

(引用終わり)

ウェブページ

無料ブログはココログ