2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

拡声器騒音・文化騒音の本(お茶)

楽天(お茶)

  • 楽天(お茶)

カテゴリー「社会・事件」の3件の記事

2012年7月28日 (土)

「池田小事件と秋葉原事件について」

「池田小事件と秋葉原事件について」

 

6月8日は池田小事件と秋葉原事件があった日です。

池田小事件は2001年で、秋葉原事件は2008年です。

池田小事件は死者8人、秋葉原事件は死者7人で、死者の数はほとんど同じです。

社会的な関心(大手マスコミでの取り上げられ方)もどちらも大きいでしょう。

それにもかかわらず、毎日新聞夕刊(2012年6月8日)では、池田小事件の方が遥かに扱いは大きいです(紙面で言うとおよそ20倍から30倍です。)。

この違いは何なのでしょうか?

毎日新聞の中では子どもの命は大人の命よりも価値がある(商売になる)という事でしょうか。

また、小学校という安全な(?)場所で殺人事件が起きたので大きく紙面を割くという事でしょうか。

それにしても扱いに差があり過ぎです。

(池田小事件の扱いが普通で、秋葉原事件の扱いが小さいだけという見方も出来ますが。)

まあ、毎日新聞社という民間企業が勝手に言っているだけの事です。

何となく気になったので書いてみました。

なお、これらの事件により日本社会で犯罪が増えているように思えそうですが、「犯罪白書」等の統計によると、日本の殺人事件は減っていて、子供が犠牲になる犯罪も減っているそうです。

 

おわり

2011年7月29日 (金)

「暗い日曜日」(2011年7月21日)

「暗い日曜日」(2011年7月21日)

 

「暗い日曜日」ブログ

http://ameblo.jp/kurai-nitiyoubi/

 

以前に紹介(下記の関連記事参照)した静かな反原発デモ「暗い日曜日」が、2011年7月21日に実施されたようです。

 

「*無事終了しました*」より

http://ameblo.jp/kurai-nitiyoubi/entry-10964585569.html

 

平均約八十名の参加でした。小学生のお子さんから六十代まで、幅広い年代が集まりました!>とのことです。

(当日はユーストリームで放送されたそうですが、私は観ていませんでした。)

以下に動画があります。

 

7.24脱原発無音デモ『暗い日曜日』 」

http://www.youtube.com/watch?v=2L6s-70l3vI&feature=feedwll

 

所々で音が聴こえてきます。

静かなデモなのに音を鳴らしているのかな、または他のデモの音が入ったのかな、と思ったのですが、これは街の音ですね。

この動画の1分15秒くらいの所の大型画面からの音が気になります。

また、横断歩道の「ピヨピヨ」という音もしっかりと入っています。

デモが静かなだけに、街の音が目(耳)立ちますね。

私は、1分08秒位の「福島 なす」の段ボールを被った方に最優秀賞を差し上げたいと思います。

なお、「暗い日曜日」という名前は同名の歌から採ったそうです。

 

「暗い日曜日  淡谷のり子」

http://www.youtube.com/watch?v=YZUlk4Pgu0o&feature=related

 

おわり

 

関連記事

「「暗い日曜日」(静かな反原発デモ)hp

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/hp-3068.html

 

「プレカリアート運動」

http://kumaokun.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-a230.html

2011年1月10日 (月)

「毎日ジャーナリズム」について

毎日新聞社hpより

http://www.mainichi.co.jp/corporate/vision.html

 

(引用始め)

 

 
 

毎日新聞の理念

 

 「報道に近道はない」を合言葉に、ねばり強い取材活動を展開し、政治・経済・外交の深層にある事実を明るみ に出すスクープ、困った人たちに寄り添い救済につなげるキャンペーン、社会問題を掘り起こす独自の調査報道、分かりやすくかみくだいた解説、そして読んで 役に立つ情報、コラムなどを読者に届ける。これを私たちは「毎日ジャーナリズム」と呼んでいます。 (後略)

 

(引用終わり)

 

毎日新聞(2010年12月2日・関西版・夕刊)の一面のトップ記事は、「駄目だ よっ!! 成田屋 波紋広がる海老蔵さん事件 公演中止なら損害2億円」です。

新聞の一面のトップ記事というのは、その新聞社が今の(日本)社会にとって一番重要だと考えている事を書くものでしょう。

このことは、たとえ夕刊でも同じなはずです。

歌舞伎役者が怪我をしたとかいう事件が、今の日本社会にとって重要でしょうか?

(少なくとも、私の生活とは何の関係もありません。

また、この歌舞伎役者がどうなろうが、私は何とも思いません。)

今の日本社会には、もっと重要な書くべき事が他にあるでしょう。

「毎日ジャーナリズム」って、一体なのでしょう?

 

おわり

ウェブページ

無料ブログはココログ